prouduced by recruit

お問合わせ

カーセンサーnetはユーザーに「安心できる中古車選び」を提供するために、進化を続けています!

1984年10月:初の中古車情報誌としてカーセンサー本誌創刊

情報ページをフォーマット化&インデックスを備えた、初の中古車情報誌として創刊!

カーセンサー本誌創刊それまではチラシの集合体のような小冊子的なものしか存在していなかった中古車情報誌ですが、読者の読みやすさを考え、情報ページを統一フォーマットに変更しました。加えて、検索性に優れるインデックスを同時に導入。以降、中古車情報誌のスタンダードになりました。

▲ページのTOPへ

1996年4月:カーセンサーnetの前身、CARSENSOR on the NETスタート

カーセンサーnetの前身、CARSENSOR on the NETスタート

カーセンサーnetの前身、CARSENSOR on the NETスタートパソコン通信による情報の提供は1993年年11月より行っていました。インターネットに移行した1996年4月、CARSENSOR on the NETとしてスタート。その後ISIZE CARLIFE、ISIZE CarSensorとリニューアル後、現在のカーセンサーnetとなっています。

▲ページのTOPへ

1997年5月:中古車情報誌&サイト初! 走行距離を全車に表示

中古車情報誌&サイト初! 走行距離表示を全車にて開始

中古車情報誌&サイト初! 走行距離を全車に表示一概に走行距離だけで中古車の状態を判断できるものではありませんが、それでも中古車の程度と走行距離は比例することが多いものです。そんな“安心できる中古車選び”に欠かすことのできない、全車走行距離表示も本誌が初めて導入をしました。

▲ページのTOPへ

2000年2月:中古車情報誌&サイト初! 修復歴の有無を全車に表示

中古車情報誌&サイト初! 修復歴表示を全車にて開始

中古車情報誌&サイト初! 修復歴の有無を全車に表示1997年から全車に表示を開始した走行距離と並んで、“安心できる中古車選び”に欠かせないのが修復歴の有無です。カーセンサーでは、自動車公正取引協議会の規約に基づいて、その有無を中古車情報誌&サイトで始めて表示しました。

▲ページのTOPへ

2004年4月:中古車情報誌&サイト初! 車台番号を全車に表示

中古車情報誌&サイト初! 車台番号表示を全車にて開始

中古車情報誌&サイト初! 車台番号を全車に表示車台番号とは、国産車輸入車を問わず、車一台一台を特定できるようシャーシに打刻されている番号です。オトリ広告撲滅のため、この番号の下3桁を全掲載車に表示しています。車台番号により、所有者の特定や走行距離、修復歴についても把握することができるのです。

▲ページのTOPへ

2008年3月:買取サービススタート

複数の買取店から一括査定できる、買取サービススタート

買取サービススタート愛車を手放すなら、少しでも高く売却したいのがオーナーの心理です。複数の買取店から一括で簡単に、一番高く買い取ってくれる買取店が検索できます。また、五十音順や都道府県からの店舗検索、郵便番号から住んでいる地域の店舗を探すことも可能です。

▲ページのTOPへ

2008年8月:廃車/車検など、新領域サービススタート

車検や廃車などの店舗検索が可能に

廃車/車検など、新領域サービススタート自動車を購入したら、維持していくのには車検を行わなければなりません。また、車を手放す場合、買取してもらうか廃車にしなければなりません。買取サービスに続いて、カーセンサーでは、車検や廃車などの検索も可能になりました。買取と同じように、五十音順や都道府県からの店舗検索などにも対応しています。

▲ページのTOPへ

2010年3月:安心の中古車選びを提供する、カーセンサー認定スタート

品質評価で安心して中古車が選べる、認定車サービスを開始

安心の中古車選びを提供する、カーセンサー認定スタート中古車を探しているユーザーの多くは、中古車品質に対する不安を抱き、また中古車販売店に対して「品質表示がきちんとされていない」と感じています。そんな不安点を解消するため、カーセンサー認定では中古車業界No.1の検査台数実績をもつ、第三者の検査専門機関であるAISの車両検査を活用した品質評価掲載サービスを導入しました。これにより安心・信頼できる中古車選びの実現を目指します。

▲ページのTOPへ

2010年9月:「お得・納得!中古車探し」のカーセンサーnetへリニューアル

「お得・納得!中古車探し」のカーセンサーnetへリニューアル

「お得・納得!中古車探し」のカーセンサーnetへリニューアル最大3つの条件から選べる「プラン」、販売店と直接価格相談ができる「ホンネ予算相談」、目当ての中古車の価格が変わったときに受け取れる「価格見直し情報メール」など、新しい機能で今までよりも便利に、誰もが納得して、お得な中古車の検索ができるサービスへと進化しました。

▲ページのTOPへ