prouduced by recruit


トップ >> 特集企画インデックス >> 2006年中古車“値落ち”オブザイヤー >>2006年中古車“値落ち”オブザイヤー07.01.04 UP DATE

2006年中古車“値落ち”オブザイヤー
SUV セダン ミニバン ステーションワゴン クーペ&オープン 軽自動車 コンパクト ファーストイヤー グランプリ 2006年中古車“値落ち”オブザイヤー

2006年の1月と12月に掲載された人気車種から、
修復歴車や多走行車などワケあり物件を含む平均価格を比較。
最大の値落ち額を記録した値落ちオブザイヤーはどのクルマに?!

グランプリ ●ボディタイプを問わず、2006年の一年間で最大の値落ち額を記録したクルマに贈る賞。
エントリー車種の頂点。
ファーストイヤー ●昨年の10月から今年の10月までに発売されたニューモデル。
値落ち額は該当グレードの新車価格から計算する。
部門賞 ●エントリー車を7つのカテゴリーに分けて、ベスト10を紹介する。
カテゴリーによる値落ち額の差が浮き彫りに。

ライトウェイトで走ろう! 快適ライトウェイト 武闘派ライトウェイト 生粋ライトウェイト
■平均値落ち額分布 ■カテゴリー別平均値落ち額
平均値落ち額分布 カテゴリー別平均値落ち額
20万円以下の車種が全体の50%以上となり、50万円以上の大幅な値落ち額を記録した車種はわずか1%。その他に含まれるのは値落ちが0円や絶版車のNSXなど値上がりした車種となっている 高価格車が多いうえに、このところやや人気に陰りのあるセダンがトップかと思っていたら、何とミニバンが16.9万円でトップ。ミニバンブームの終わりを告げる前兆か
 
| 2006年中古車“値落ち”オブザイヤー | グランプリ | ファーストイヤー |
| 軽自動車 | コンパクト | セダン | クーペ&オープン | ステーションワゴン | ミニバン | SUV |

クルマの達人が語る「夢のクルマ生活への道」 クルマの達人が語る「夢のクルマ生活への道」

 |2006年中古車“値落ち”オブザイヤー │ 次へ

※カーセンサー関東版1号(2006年12月21日発売)より転載
Report/萩原文博
Illustration/大山哲


2006年中古車“値落ち”オブザイヤー
1/6