サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報アストンマーティン情報

アストンマーティン画像

アストンマーティン情報 - Astonmartin

アストンマーティンの起源は1910年代にまで遡る。1913(T2)年に開催されたアストン・クリントンのヒルクライムレースでライオネル・マーチン大尉が優勝。これを記念して、マーチンとリチャード・バムフォード(英国シンガー社のロンドン代理人)が創設した自動車会社をアストンマーティンと名づけた。その後のアストンマーティンは次々と経営者が変わるが、47(S22)年にはデイビッド・ブラウン卿が経営権を掌握。自らの名を冠したDBシリーズをリリースする。90(H2)年にはフォードの傘下に収まった。

アストンマーティンの人気車種ランキング アストンマーティンの中古車情報

アストンマーティン DB9

007がこよなく愛したDBシリーズ

アストンマーチンは映画007のボンドカーとして有名だが、そのボンドカーとして使われたDB7に代わって2004(H16)年から販売されるようになったのがDB9。流麗かつ迫力ある外観スタイルをもつ上級の2ドアクーペだ。搭載される5.9LのV12DOHCエンジンは、335kW/570N・mの動力性能を発生する。タッチトロニックと呼ぶパドルシフト付きの6速ATと6速MTが設定される。トランスミッションがリアに搭載されカーボンファイバーのドライブシャフトでエンジンと結合される、これによって前後50:50の理想的な重量配分を実現している。(2003.10)

アストンマーティン DB9

アストンマーティン DB9のフルモデルチェンジ一覧

アストンマーティン DB11

代表的モデルに新型V12ターボエンジンを搭載

アストンマーティンを代表する2+2クーペで、戦後同社を経営していたデービッド・ブラウンの名を冠したスポーティモデル、DBシリーズがフルモデルチェンジ。DB9の後継にあたる。歴代DBシリーズのイメージを受け継ぎながら、新たなデザイン哲学が導入されたことで、エクステリアが刷新された。内装は伝統のクラフトマンシップに最新のインフォテイメントテクノロジーが加わり、快適さと利便性との両立が図られている。駆動方式はFR、エンジンは最高出力608ps/最大トルク700N・mを発生する新型5.2L V12ツインターボ。ZF製8速ATとの組み合わせで0−100km/h加速は3.9秒を実現しており、最高速度はシリーズ最速の322km/hに達する(2016.9)

アストンマーティン DB11

アストンマーティン DB11のフルモデルチェンジ一覧

アストンマーティン ヴァンキッシュヴォランテ

アストンマーティンのフラッグシップオープン

アストンマーティンのフラッグシップモデルであるヴァンキッシュがベースのオープンモデル。アルミのボディ構造とボディパネルすべてをカーボンファイバーとする点はクーペ同様で、搭載されるエンジンも最高出力573ps/最大トルク620N・mとクーペと変わらないスペックとなっている。ルーフは3層構造のファブリック。オープンに必要な時間は14秒となっている(2013.6)

アストンマーティン ヴァンキッシュヴォランテ

アストンマーティン ヴァンキッシュヴォランテのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ