サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報シボレー情報

シボレー画像

シボレー情報 - Chevrolet

GMグループの屋台骨を支える中心車であり、コルベットやカマロといったスポーツカーの冠でもあるシボレーは、GMの創始者ウィリアム・クラーポ・デュラントと技術者のルイ・シボレーの出会いによって生まれたブランドである。デュラントはシボレーにプロトタイプの設計を依頼。シボレーはそれに応え、クラシック・シックスと呼ぶシボレー車を開発する。これが市販化されてヒットし、GMは企業規模を大幅に拡大した。これ以後、シボレー車はGMブランドのイメージリーダーに成長していった。

シボレーの人気車種ランキング シボレーの中古車情報

シボレー カマロコンバーチブル

現代のアメリカンスポーツにコンバーチブルが追加

現代のグローバル・アメリカン・ブランドを代表するスポーツモデルであるシボレーカマロ。2ドアクーペのみだったラインナップに新たに加わったモデルが、カマロコンバーチブルだ。ルーフには複合材のフレームにより、流れるようなルーフラインを実現したソフトトップを採用。オープン化に際して、ストラットタワーバーやトランスミッションサポート、ドライブシャフトトンネルブレースなどに補強を追加することで、クーペと変わらない剛性を確保。振動や騒音の発生も抑えられている。その結果、サスペンションの仕様もクーペと同じチューンを実現。駆動系には、クーペのLT RSと同じ3.6LのV6DOHCと6速ATとの組み合わせが与えられた。(2011.7)

シボレー カマロコンバーチブル

シボレー カマロコンバーチブルのフルモデルチェンジ一覧

シボレー タホ

最もアメリカンなフルサイズSUV

全長が5m超のフルサイズアメリカンSUV。2007(H19)年にモデルチェンジし、1995(H7)年にブレイザーから改名された初代より数えて3代目となる。外観はシボレーブランドの“ボウタイ”を配したフロントに、アメリカンな印象の丸みをもったフルサイズボディ。ソファのようにゆったりとシートが配置される広い室内。ベーシックなLSが前席ベンチシートの9人乗り、上級モデルのLTは独立シートで8人乗りとなる。走行状態に応じて8気筒から4気筒に切り替え燃費を向上させる機能をもつ5.3LのV8エンジンを搭載。4ATと組み合わせられる。また、カーテンエアバッグ、不安定な走行を回復させるスタビリティトラックシステムなど安全装備も充実する。(2008.2)

シボレー タホ

シボレー タホのフルモデルチェンジ一覧

シボレー コルベット

レースの経験を基に開発されたハイパフォーマンスモデル

GMを代表するスポーツモデルの7代目。エクステリアは、レース活動からフィードバックされた空気力学に基づいたデザインとなっている。伝統の6.2LのV8 OHVエンジンは、直噴システムとバルブタイミング機構を搭載。ノーマルモデルは最高出力460ps/最大トルク624 N・mを、スポーツ仕様のZ51は同466ps/630N・mを発生する。さらに、クルージング時には4気筒を停止させ、V4エンジンとして作動するなど燃費性能も高められている。V4での走行を積極的に選択するエコモードをはじめ、スポーツモードなど5つのドライブモードが設定されている。ミッションは7速MTと6速ATが選択できる(2014.4)

シボレー コルベット

シボレー コルベットのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ