サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報ホンダ情報

ホンダ画像

ホンダ情報 - HONDA

1946(S21)年に本田宗一郎が設立した「本田技術研究所」が母体。48(S23)年には「本田技研工業」を発足させ、規模を拡大しながら現在に至る。当初は2輪車専門メーカーであったが、60年代に入ると4輪車の開発も本格的に手掛け始め、62(S37)年の東京モーターショーでホンダスポーツ360を発表して4輪車メーカーの仲間入りを果たす。64(S39)年にはF1にも進出。83(S58)年以降の第2期F1では数々の勝利を獲得して黄金期を築いた。現在は環境対応車や通信ナビの開発などで独自性をアピールする。

ホンダの人気車種ランキング ホンダの中古車情報

ホンダ フィット

アースドリームテクノロジーでパワートレインが刷新

高い人気を誇るホンダのコンパクトハッチバックの3代目。エクステリアは、歴代モデルの特長であるワンモーションフォルムを継承しながら、ハイテク感、美しさ、質感を追求したデザインとなっている。内装では、ナビやエアコンなどに静電式タッチパネルを採用。歴代モデルの魅力である多彩なシートアレンジや収納スペースは健在で、従来型より利便性が高められている。また、シートは上級車種のフレームをベースに設計され、快適性も向上している。エンジンは従来型同様の1.3Lと1.5Lだが、アースドリームテクノロジーにより刷新。前者は熱効率に優れるアトキンソンサイクルとなり、DOHCやVTEC、VTCを採用。後者はそれらに加え、直噴技術も用いられている(2013.9)

ホンダ フィット

ホンダ フィットのフルモデルチェンジ一覧

ホンダ ステップワゴン

1.5LのVTECターボを搭載し、リアゲートに独自の機構が採用

5ナンバーサイズの背高ミニバンの5代目。車内はリビングを思わせる機能的な空間となっており、よりファミリーユースが考慮されている。最大の特徴は画期的なリアゲート「わくわくゲート」の採用。大開口のテールゲートに横開き式のサブドアを備えた独自の機構で、荷物の出し入れ、3列目シートへの乗降を容易にする。なお、3列目シートは床下収納となっている。エンジンはホンダ初となるダウンサイジングユニットとなる1.5LのVTECターボを採用。このエンジンは、常用域で2.4L並みのトルクを発生しながら、クラストップレベルとなるJC08モード燃費17.0km/L(G、BグレードのFF車)を実現している(2015.4)

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴンのフルモデルチェンジ一覧

ホンダ オデッセイ

リアにスライドドアを採用した5代目

時代に先駆け「多人数乗用車の新しい価値」を創造してきたミニバンの5代目。独自の超低床化プラットフォームによって広い室内空間を実現。さらに、リアスライドドアや、2列目プレミアムクレードルシート(7人乗り仕様)の採用など、使いやすさと快適性が向上している。ノーマルモデルと上質で迫力あるスタイリングを実現したアブソルートがラインナップ。いずれのモデルもパワートレインは2.4Lのi-VTECユニット+CVT。アブソルートは、ダイナミックな加速と優れた燃費性能を両立する直噴技術を用いたエンジンと、7スピードモード+パドルシフト付のCVTになる(2013.11)

ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ