サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報スズキ情報

スズキ画像

スズキ情報 - SUZUKI

1909(M42)年に設立された「鈴木式織機製作所」がスズキの前身。54(S29)年には「鈴木自動車工業」と改称して輸送機器の生産を本格化させた。4輪車への進出は55(S30)年デビューのスズライトが最初。その後もアルトなどの画期的な軽自動車を生み出していく。81(S56)年には資本強化のためにGMとの提携を選択。83(S58)年にはカルタスを発表し、約18年ぶりに小型乗用車市場に進出した。現在は卓越した"低コスト"のクルマ作り、インドをはじめとするアジア諸国や東欧などでの強固な基盤などが注目されている。

スズキの人気車種ランキング スズキの中古車情報

スズキ ワゴンR

ハイト系軽ワゴンのパイオニアがクラスNo.1の低燃費を実現

軽ワゴンのパイオニアとして市場をけん引してきたワゴンRの5代目。従来型比最大で−70kgの軽量化を達成した。新世代のパワートレイン、軽自動車で初となるエネルギー回生システムENE-CHARGE(エネチャージ)、新世代アイドリングストップ機構、蓄冷剤を使用することでエンジン停止中でも室温を快適に保ちアイドリングストップ時間を延長するエコクールなどの最新の低燃費技術により、JC08モード燃費は同セグメントNo.1の28.8km/L(NAエンジン・FF車)を実現した。従来モデル同様に、ノーマルのワゴンRとスタイリッシュなスティングレーの2タイプが用意される(2012.9)

スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンRのフルモデルチェンジ一覧

スズキ ジムニー

走行性能は変わらずスタイルはモダンに

ジムニー伝統の類い希な悪路走破性能をさらに高める新設計のラダーフレームを採用しながら、フルフローティングボディの採用などで居住性を格段に向上させたモデル。ドライビングポジションこそ相当高めだが、インパネデザインは乗用車テイスト。サイドサポートのしっかりしたフロントシートは不整地でのドライブにも有効なものだが、それまではオマケ程度だった後席も立派なものへ変更されている。パワーユニットは64psの直3インタークーラー付きターボのみで、5MTと4ATを用意。ラインナップはベースグレードのXAと、上級グレードのXLの2種類を設定。(1998.10)

スズキ ジムニー

スズキ ジムニーのフルモデルチェンジ一覧

スズキ スイフト

新型シャーシの採用など、見た目以上の進化を遂げた

激戦の欧州Bセグメント市場ほか、オセアニアやアジア市場で成功したスズキの世界戦略車、スイフトの3代目モデル。エクステリアは、ひと目でスイフトとわかるキープコンセプトのデザインが採用されたが、U字モチーフのフロント部や大型ヘッドランプなどで、従来モデルよりも存在感が強調された。室内では、スピードメーターとタコメーターの間にマルチインフォメーションディスプレイが設置されるなど、ユーザーインターフェイスに配慮された。パワートレインは、吸排気にVVTを採用した1.2Lエンジン1種類で、5速MTもしくは副変速機構付きの新CVTが組み合わされる。環境性能も向上し、2WDのCVT車の10・15モード燃費は23.0km/Lを実現している。(2010.8)

スズキ スイフト

スズキ スイフトのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ