サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報スズキ情報

スズキ画像

スズキ情報 - SUZUKI

1909(M42)年に設立された「鈴木式織機製作所」がスズキの前身。54(S29)年には「鈴木自動車工業」と改称して輸送機器の生産を本格化させた。4輪車への進出は55(S30)年デビューのスズライトが最初。その後もアルトなどの画期的な軽自動車を生み出していく。81(S56)年には資本強化のためにGMとの提携を選択。83(S58)年にはカルタスを発表し、約18年ぶりに小型乗用車市場に進出した。現在は卓越した"低コスト"のクルマ作り、インドをはじめとするアジア諸国や東欧などでの強固な基盤などが注目されている。

スズキの人気車種ランキング スズキの中古車情報

スズキ アルト

軽量化シャシーが採用され、高い燃費性能を実現

新開発のプラットフォームが採用され、先代アルトエコ比で−60kmも軽量化。パワートレインも高効率化され、ガソリン車ではNo.1のJC08モード燃費37.0km/Lを実現している。エクステリアは、シンプルでありながら、美しく品格のあるプロポーションとなっている。2460mmのロングホイールベースにより、居住性能も高められている。エンジンは660ccのNAで、上級グレードには可変バルブタイミング機構のVVTや、減速時のエネルギーで発電・充電を行うエネチャージなども採用される。トランスミッションは5速MTと、MTをベースにクラッチ操作を自動化した5速AGS、CVTの3種類をラインナップ。全グレードで2WDと4WDの駆動方式が選択できる(2014.12)

スズキ アルト

スズキ アルトのフルモデルチェンジ一覧

スズキ エブリイ

広さと使いやすさ、低燃費を追求した軽ワンボックス

軽キャブバンクラストップの荷室サイズ、豊富な収納スペースと高い積載性、優れた燃費性能を特徴とする軽商用車。荷室スペースは、荷室長1910mm(2名乗車時)×荷室幅1385mm(4名乗車時)×荷室高1240mm(GAグレードを除く)となっている。バックドアの開口部も広く、開口部高1165mm(GAを除く)×開口部幅1340mmとクラストップとなっている。搭載するエンジンは660ccのNAとターボ。ミッションは、NAエンジン車には5MTとシングルクラッチ式の2ペダルMTである5AGS、ターボ車には5速MTと4速ATが用意される。全グレードに2WDと4WDが設定されている(2015.2)

スズキ エブリイ

スズキ エブリイのフルモデルチェンジ一覧

スズキ エスクード

時代のニーズに応えるべく誕生したコンパクトSUV

スズキが培ってきた本格4WD車やSUVのノウハウを受け継ぎつつ、あらゆる面を進化させたコンパクトSUV。取り回しが良いボディサイズに抑えながら、SUVらしい力強さを強調したエクステリアデザインとなっている。インテリアでは長時間の運転でも疲れにくいゆとりある前席としつつも、荷室容量は5人乗車時でも375Lを確保している。パワートレインは最高出力117ps/最大トルク151N・mを発生する1.6Lと新開発の6速ATとの組み合わせ。駆動方式はスズキ独自の4WDシステム「ALLGRIP」が組み合わされる。ミリ波レーダー方式による衝突被害軽減システムなど、先進の安全装備も採用されている。なお、従来モデルの直4 2.4Lエンジン搭載車は「エスクード 2.4」と車名を変更し継続販売される(2015.10)

スズキ エスクード

スズキ エスクードのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ