サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報TVR情報

TVR画像

TVR情報 - TVR

TVRの創業は1946(S21)年。当初は創始者のトレバー・ウィルキンソンの名をとってトレバー・エンジニアリングを名乗ったが、従業員を雇った翌年にはTVR(Trevorの略)エンジニアリングに改称する。70年代まではバックヤードビルダーにすぎなかったが、81(S56)年にピーター・ウィラーが経営権を掌握すると会社の規模は拡大。生産車もより近代化され、キミーラなどが世界中で大人気を博した。2004(H16)年にはニコライ・スモレンスキーがTVRを買収。製造と販売の部門を分割するなど、自動車メーカーとしての体制を築き始めている。

TVRの人気車種ランキング TVRの中古車情報

TVR タスカンコンバーチブル

TVR タスカンコンバーチブルのコメント準備中

TVR タスカンコンバーチブル

TVR タスカンコンバーチブルのフルモデルチェンジ一覧

TVR タスカン

ハイパワーブリティッシュオープン

一台一台のクルマをハンドメイドで仕上げているTVRでは、スチールパイプを溶接してベースとなるシャーシを作り、これにオリジナルのハイパワーエンジンを搭載。さらに炭素繊維強化樹脂製の軽量カウルを被せるという手法でクルマを作っている。2000(H12)年に導入されたタスカンは、タルガトップ2シーターとフルオープンのコンバーチブルの2種類のボディをもっていたが、2006(H18)年2月にインポーターがオートトレーディングルフト・ジャパンに変わってタスカン2になった後は、ボディはコンバーチブルだけになった。エンジンも4Lの直6DOHCのみで、本国基準の動力性能は最高出力が365bhp、最大トルクは290ft.lbsを発生する。(2006.2)

TVR タスカン

TVR タスカンのフルモデルチェンジ一覧

TVR サガリス

そのままレースも参戦できるフラッグシップモデル

サガリスは2005(H17)年秋から輸入が始まったTVRのフラッグシップモデルで、市販車の状態でも耐久レースに出場できるように作られている。ボディの基本骨格はスチール製のパイプを溶接するTVRの手法が採用され、極めて軽いコンポジットのパネルを採用することで車両重量をわずか1t強に抑えている。空気抵抗を抑えたボディは前後のダウンフォースも十分だ。フロントミッドシップに搭載されるエンジンは、4Lの直6DOHCで、380bhpの圧倒的なパワーを発生する。レッドゾーンが8000回転からという超高回転型のエンジンで、5速MTが組み合わされる。(2006.1)

TVR サガリス

TVR サガリスのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ