サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報ボルボ情報

ボルボ画像

ボルボ情報 - VOLVO

ボルボの母体は鉄鋼メーカーで、当時のスウェーデン最大企業だったベアリングメーカーのSKF社の協力を得て1927(S2)年に自動車生産を開始する。丈夫なスウェーデン鋼を使ったクルマ作りは、衝突時の安全性の面で他社を圧倒していた。その安全思想は戦後も引き継がれ、56(S31)年にはコラプシブル・ステアリング、58〜59(S33〜S34)年にかけてはフロントとリアのシートベルトを標準装備する。現在は乗用車部門がフォードの傘下に収まり、「ボルボ・カーズ」を名乗るが、安全なクルマを作るという姿勢には揺るぎがない。

ボルボの人気車種ランキング ボルボの中古車情報

ボルボ V70

プレミアムワゴンの代表モデル

ボルボの中心モデルとなるステーションワゴン。高級感を増した、一回り大きくなったボディにはV70初となる直6エンジンを搭載、ツインスクロールターボも用意される。外観はワイドショルダーやボンネットのVシェイプは継承しつつ、これまでの箱形よりラインと傾斜を用いたデザインでダイナミックさを表現。六角形をモチーフとしたリアエンドも特徴的な仕上がりとなった。室内は人間工学に基づいた、丸みを帯びた長方形で構成されたデザイン。独自のフリーフローティングセンタースタックも採用される。ラゲージはさらに広くなり、電動式パワーテールゲートも装備される。側面衝撃吸収システムをはじめとする、安全装備ももちろん万全だ。(2007.10)

ボルボ V70

ボルボ V70のフルモデルチェンジ一覧

ボルボ V60

クーペのようなスタイリッシュなワゴン

クーペを思わせる流麗なデザインとや安全性能にも磨きがかけられた、ボルボのミドルクラスワゴンがV60。エクステリアはテールゲートへと流れるルーフラインや、シャープなデザインのリアウインドウなどにより、クーペのような流線形スタイルが与えられた。インテリアはボルボの特徴でもあるセンタースタックをドライバー側に傾斜させるなど、スポーティな印象に。ボルボ独自の衝突安全機構「HUMAN SAFETY(ヒューマン・セーフティ)」など安全性能も標準装備されている。エンジンは新世代の1.6L直4直噴ターボと3L直6ターボの2種類。1.6L車は10・15モード燃費12.6km/Lを達成し、エコカー減税の対象モデルとなった。(2011.5)

ボルボ V60

ボルボ V60のフルモデルチェンジ一覧

ボルボ XC70

高級感と走破性を併せ持つ“クロスカントリー”

ステーションワゴンにSUVの要素を取り入れたのがXC70。ベースのV70同様に一回り大きくなり、直6エンジンを搭載。ワイドショルダーやボンネットのVシェイプは継承しつつ、箱形からラインを生かし丸みを帯びた外観とされた。フロントはエアインテークをもつ樹脂製プロテクターを左右分割配置したデザイン。クロームパーツも効果的に配され、Aピラーと一体化したルーフレールは専用となる。剛性の向上したボディには、最新型電子制御式4WDやボルボ初の急勾配を自動制御で下れるHDC、ドライビングモードを選択できる電子制御サスFOUR-Cなどの先進技術も多数採用、走行性能も進化した。新フロント構造をはじめ、トップクラスの安全性を誇る。(2007.10)

ボルボ XC70

ボルボ XC70のフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ