スカイラインGT-R 1989年8月~1994年12月生産モデルのカタログ

生産終了モデル

日産 スカイラインGT-R

1989年8月~1994年12月生産モデル

総合評価

4.2

  • デザイン:4.4
  • 走行性:4.6
  • 居住性:3.4
  • 運転しやすさ:2.1
  • 積載性:2.9
  • 維持費:3.7

最新モデルの総合評価4.2

クチコミ件数 66件 | クーペランキング7

新車時価格430.5〜529万円

中古車平均価格304.3万円

ハイテクを満載した新世代のGT-R

1989(H1年)にR32スカイラインが誕生すると同時に、16年ぶりの復活を遂げたGT-R。当時のグループAレースを勝つために開発され、ベース車より60mm幅広となるブリスターフェンダーに加え、専用のフロントスポイラー&リアスポイラーを採用。エンジンは2.6Lの直6に、インタークーラー付きツインターボチャージャーを装着し日本車最強の280psというパワーを獲得した。さらに専用チューンのハードサスペンション、メカニカルLSD、225/50R16タイヤ、電子制御トルクスプリット4WD“アテーサE-TS”などの採用により、世界トップクラスの運動性能を実現させた。(1989.8)

基本スペック

全長
4.55m

全高
1.34m~1.36m

全幅
1.76m

最高出力 280ps
燃費(10.15モード) 7.0~8.2km/L
駆動方式 4WD
排気量 2568cc
乗車定員 4名

マイナーチェンジ一覧

クチコミ評価

総合評価

4.2

クチコミ件数66

デザイン

4.4

走行性

4.6

居住性

3.4

運転のしやすさ

2.1

積載性

2.9

維持費

3.7

スカイラインGT-Rの評価平均
現行のクーペの評価平均

スカイライン史上最高傑作

総合評価

5

今考えると車にとって良い時代に生まれたのだと思います。スカイラインGT RはグループAのレースでも大活躍をし連勝記録を伸ばしました。わたし自身もただこの車に乗りたいだけで…

投稿日:2017/09/15

投稿者:松田優作さん

32Rは最高

総合評価

5

21の時に新車で購入して乗ったけど、乗っていて楽しい車だった。 普段はFRで、後輪が滑ったときにはアテーサで、4WDになるっていうシステムも、山道を走るのには、良かった。…

投稿日:2017/09/11

投稿者:火野村さん

公道のレーシングカー

総合評価

2

サーキットで走るにはすごく良い車でしたがイニDみたいに山を走るにはあまり適さない車 でした

投稿日:2015/12/24

投稿者:拓海はタマノフ~しおりんは天使~さん

このモデルの中古車

モデル一覧

1999年1月~2002年8月生産モデル

第2世代GT-Rの完成形

中古平均価格625.8万円

1995年1月~1998年12月生産モデル

最新の電子デバイスで低評価を覆す

中古平均価格313.1万円

1989年8月~1994年12月生産モデル
初代

1989年8月~1994年12月生産モデル

ハイテクを満載した新世代のGT-R

中古平均価格304.3万円

よく比較される車種

日産

GT-R

777〜1870万円

総合評価

4.2

日産

スカイラインクーペ

346.5〜516.2万円

総合評価

4.0

日産

フェアレディZ

315〜682.5万円

総合評価

4.0

スバル

インプレッサSTI

293〜593.3万円

総合評価

4.1

三菱

ランサーエボリューション

285.6〜540.5万円

総合評価

4.2

◆メーカーからカタログを探す

◆車種からカタログを探す

◆グレードからカタログを探す

◆車クチコミを見る

◆メーカーから中古車を探す

◆車種から中古車を探す

◆地域から中古車を探す

◆掲載物件の車種から中古車販売店を探す

新車時価格はメーカー発表当時の価格です。また基本情報など、その他の項目についてもメーカー発表時の情報に基いています。