800シリーズクーペ(ローバー)の車カタログ(新車・新車情報)

ローバー 800シリーズクーペ

1993年3月~1999年12月生産モデル

最新モデルのクチコミの総合評価

4.0

  • デザイン:4.0
  • 走行性:4.0
  • 居住性:4.0
  • 運転しやすさ:-
  • 積載性:4.0
  • 維持費:4.0

クチコミ件数 1件 | クーペランキング203

新車時価格399〜469万円

中古車平均価格-万円

シリーズ頂点に位置する高級クーペ

シリーズトップとなる800のなかでも、頂点に位置付けられていたのが827クーペ。1973(S48)年にP5クーペを生産中止して以来20年振りに誕生したクーペモデルである。スタイリングはローバー伝統の大きなグリルが与えられ、開発コンセプトである「エレガントさの中に秘める躍動的な力強さ」を表現した。シャーシやエンジン、ミッションといった基本的なメカニズムは初代ホンダレジェンドのものを使用している。全タイプにレザーシートを標準装備し、ウォールナットをインパネやセンターコンソールに採用するなど、上質かつ重厚なインテリアも自慢だ。これに加えてクーペはドアトリム、センターコンソールボックスなどにもレザーがあしらわれており、セダンよりも高貴なイメージが高められていた。搭載されるエンジンは2.7LV6SOHC。組み合わされるのは4ATだ。電動サンルーフが装備されるほか、運転席エアバッグ、ABS、サイドインパクト・ドアビームなど安全装備も備えている。(1993.3)

基本スペック

全長
4.88m

全高
1.4m

全幅
1.73m

最高出力 165~175ps
燃費(10.15モード) -km/L
駆動方式 FF
排気量 2497~2675cc
乗車定員 5名

クチコミ評価

総合評価

4.0

クチコミ件数1

デザイン

4.0

走行性

4.0

居住性

4.0

運転のしやすさ

-

積載性

4.0

維持費

4.0

800シリーズクーペの評価平均
現行のクーペの評価平均

シンプル

総合評価

4

90年代に発売されていた車で、とてもシンプルなつくりになっているのが特徴

投稿日:2013/02/17

投稿者:タケルンさん

モデル一覧

1993年3月~1999年12月生産モデル

シリーズ頂点に位置する高級クーペ

中古平均価格-万円

よく比較される車種

日産

エクストレイル

199.5〜366.6万円

総合評価

4.0

日産

ノート

125〜246.5万円

総合評価

3.9

スバル

インプレッサスポーツ

155.4〜263.5万円

総合評価

4.2

フィアット

500C

237.6〜299万円

総合評価

4.0

ヒュンダイ

エラントラセダン

153.8万円

総合評価

3.3

新車時価格はメーカー発表当時の価格です。また基本情報など、その他の項目についてもメーカー発表時の情報に基いています。