Car sensor IN MY LIFE 送りたい毎日から考える、クルマ選び。

100万円台から始めるポルシェ選び、どうでしょう?

ポルシェが欲しい。そうふんわり思ったとしても検討まではしたことがなかったり……。しかし、思い立ったが吉日。あのポルシェがかつてないほど身近な存在になっている。

実は中古車選び的には大正解なポルシェ。その理由について説明しよう!

世界最高峰のクルマは中古車でも輝く

手が届く
存在になったポルシェ

ポルシェと淡い夢を隔てているのは価格だ。車両価格だけで1200万円オーバーなのだから妄想にさえブレーキがかかる。しかし、その価格は911であり、しかも新車だ。あれよあれよとラインナップが拡大したポルシェは、今やエンスージアスト(熱狂的なファン)だけの乗り物ではない。中古車なら流通量も小躍りしてしまうくらい多い。視野さえ広げれば、その中から手の届くモデルも見つかる。

RRが看板の911だけが
ポルシェではない

グランツーリスモの911、ロードスターのボクスター、ピュアスポーツのケイマン、SUVのカイエンとマカン、そして4ドアのパナメーラ……。もはや911だけがポルシェではない。911といえばリアエンジンリア駆動(RR)だったが、911ベースの最新レーシングカーの「RSR」はケイマンと同様、リアミドシップを採用。つまり、ポルシェ自らも従来の殻を脱ぎ捨てようとしている。我々も固定概念から脱皮しなければ!

意外にも乗り心地が
良いことに感動

高い走行性能ゆえ、マッチョでハードな乗り心地をイメージするかもしれない。実際、そういった仕様もあるにはある。しかし、ポルシェの走りはパワーや瞬発力、持久力を備えながら、まるでトップアスリートの筋肉のようにしなやかさだ。つまり、買っても日常使いで嫌気がさすことがない。憧れを抱いたまま、毎日心地よく乗れるのがポルシェだ。

信頼性の高さは
世界中で証明済み!

ドイツのニュルブルクリンンクをはじめ、世界のサーキットでプライベーターがポルシェを駆ってレースにエントリーしている。とりわけ耐久レースで信望を集めている。その理由は信頼性と耐久性。ざっくり言えば壊れにくい設計なのだ。その上、ポルシェも保証も充実。中古車専用の保証制度である「カーセンサーアフター保証」の対象車も存在する。

Choice

あなたの生活にあったポルシェを探そう

「クルマ、なに乗ってるの?」と聞かれて「ポルシェ」と答える。その反応を楽しむためにポルシェに乗るわけではないが、男女を問わず「今度乗せて!」と言われるのは悪い気がしないだろう。さて、アナタならどんなポルシェで迎えにいきたい?

ポルシェ ボクスター

2代目:2004年12月~2012年5月
車両価格帯:112万~499万円
ボリュームゾーン:210万~290万円

ポルシェ ボクスター

マイファーストポルシェとしての王道

ポルシェのエントリーモデルを担うオープンカー。その筋書きに乗ってボクスターからポルシェライフに入るのは常套手段と言える。が、侮ってはいけない! 設計や製造の効率から、部品の多くを同世代の911と共有していることもあって「エントリーモデルだから仕方ない」感が希薄。どのクルマも、ポルシェはポルシェなのだ。

ポルシェ ケイマン

2代目:2012年12月~2016年4月
車両価格帯:478万~1630万円
ボリュームゾーン:570万~700万円

ポルシェ ケイマン

自然吸気のフラット6エンジンを搭載

現行モデルの718では、911もケイマンもダウンサイジング&ターボの波が押し寄せた。しかしポルシェファンの中には「やはり自然吸気の水平対向エンジンに乗りたい」というマインドがくすぶっている方もいるはず。旧型ケイマンは自然吸気にして、911と同じく6気筒(現行ケイマンは4気筒ターボ)。プレミアム化する可能性もある1台だ。

ポルシェ カイエン

初代:2002年9月~2010年2月
車両価格帯:90万~578万円
ボリュームゾーン:230万~290万円

ポルシェ カイエン

人気者×人気者=超絶人気モノの法則

ポルシェの不動の人気、そして世界的なSUV人気。これを背景に、ポルシェのSUVであるカイエンの人気が爆発したのは必然だ。新車販売が絶好調だったため中古車の流通も潤沢。国産コンパクトSUVの新車を購入する予算で、カイエンに手が届くという事実に動揺する人は少なくない。

ポルシェ 911

6代目:2004年8月~2011年10月
車両価格帯:370万~4350万円
ボリュームゾーン:640万~1000万円

ポルシェ 911

911最後の自然吸気エンジン

911の水平対向エンジンは993型まで空冷(油冷)だった。旧々型となる996型から水冷となったため、今や993型の価格が高値維持……。さらに時を経て、現行の991型では全車ターボ化された。もともと911ターボという御本尊があったのだから歓迎されると思いきや、自然吸気の旧型911(997型)をしのぶ声も多い。狙うなら今だ!

魅力あふれる狙い目ポルシェはまだまだある

もはやポルシェはクルマというより「ポルシェ」という乗り物。そんな特別な存在が、中古車ならぐっと身近になる。「いつかは」でなく「今こそ」ポルシェを本気で検討してみてほしい。

ポルシェ パナメーラ

ポルシェ パナメーラ

初代:2009年7月~2016年6月
車両価格帯:458万~1849万円
ボリュームゾーン:850万~1400万円

ポルシェ マカン

ポルシェ マカン

現行型:2014年4月~
車両価格帯:628万~1298万円
ボリュームゾーン:890万~1180万円

ポルシェ 911

ポルシェ 911

4代目:1994年1月~1998年3月
車両価格帯:399万~1998万円
ボリュームゾーン:680万~1090万円

  • 【検索条件】ポルシェ ボクスター(2代目)&ポルシェ ケイマン(2代目)&ポルシェ カイエン(初代)&ポルシェ 911(6代目)&ポルシェ パナメーラ(初代)&ポルシェ マカン&ポルシェ 911(4代目)
  • 詳しくはこちら
  • ※上記の平均価格帯は2017年3月30日現在のものです

CREDIT
イラスト:遠藤イヅル
写真:ポルシェ
文:ブンタ

 

RELATED ARTICLES

ないと無理! 元なでしこジャパン・丸山桂里奈がクルマを愛する理由|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
クルマはアーチェリーの一部? 川中香緒里はカーライフも一流だった|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
俳優・中尾明慶は「その先のライフスタイル」を想像し、クルマを選ぶ|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
結論はポルシェ。高級車リサーチから見いだした最良の選択肢|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
人気インスタグラマーの生活秘話。双子ママの子育てにはクルマが必須|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
READ MORE

LATEST ARTICLES

ないと無理! 元なでしこジャパン・丸山桂里奈がクルマを愛する理由|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
クルマはアーチェリーの一部? 川中香緒里はカーライフも一流だった|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
俳優・中尾明慶は「その先のライフスタイル」を想像し、クルマを選ぶ|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
READ MORE
READ MORE
人気インスタグラマーの生活秘話。双子ママの子育てにはクルマが必須|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE