中古車トップ > 日刊カーセンサー > タグ一覧 > ハッチバック

ハッチバック

«新しい記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 || 古い記事へ»
▲2年に一度、フランクフルトメッセで開催されるフランクフルトモーターショー。各メーカーが巨大なブースを設置していた

【フランクフルトモーターショー2017】注目の車を紹介

欧州三大自動車ショーのひとつであり、2年・・・ (2017/09/19)

▲検索したら、二度見しちゃうかも?

新型スイフトの中古車が買い得状況すぎて、実家の母に買わせよう・・・

▲検索したら、二度見しちゃうかも? 「走・・・ (2017/09/18)

▲2010年に登場したEyeSight(ver.2)は自動ブレーキ(当時は衝突被害軽減ブレーキと呼ばれていた)機能を装備。前方への誤発進抑制機能や、車間距離警報機能も備わっています

自動ブレーキ+4WD=高齢の両親に最適! スバル インプレッ・・・

やっぱり安全装備って重要だな、としみじみ・・・ (2017/09/16)

▲TNGA-Bプラットフォームが用いられて、低重心化が図られる次期ヤリス。国内向けと欧州仕様で、一部の外板パネルや足回りが差別化されて作り分けられる予定だ

次期ヤリス(トヨタ ヴィッツ)海外版は3ナンバーサイズ

▲TNGA-Bプラットフォームが用いられ・・・ (2017/09/13)

▲現行型のホンダフィットが2013年に登場してから4年が経過。今回のマイナーチェンジでは大幅なブラッシュアップが施されている

ホンダ フィットがマイナーチェンジ。見た目より、中身の進化が・・・

▲現行型のホンダフィットが2013年に登・・・ (2017/09/03)

▲インドネシアのジャカルタ・コンベンションセンターで、2017年8月10日から20日にかけて開催された、インドネシア国際モーターショーから、日本車の展示モデルを紹介する

【インドネシア国際モーターショー2017】注目の日本車紹介

日本車のシェアが99%にも達するインドネ・・・ (2017/08/21)

▲正直「売れ筋」というわけでもありませんが、その実力は多くの自動車ファンが認めるプジョーのコンパクトクロスオーバー「3008」。その中古車相場がこのところグッとお安くなってきました!

「あのプジョー 3008がついにフタケタ万円へ」という嬉しい・・・

▲正直「売れ筋」というわけでもありません・・・ (2017/08/06)

▲ボリュームゾーンはまだ100万円超ですが、一部の物件は70万円あたりから探せるようになってきたプジョー 208。お手頃価格の208を探す際のポイントを考えてみます

小粋なフレンチコンパクト、プジョー 208がすっかり100万・・・

ちょいと小じゃれたフレンチコンパクトであ・・・ (2017/08/04)

▲カローラの名が冠されることで、フロントマスクはセダンと同じデザインに仕立てられる模様だ。再現したスポーツグレードには、専用バンパーやエアロパーツが採用される

次期トヨタ オーリス、カローラハッチバックに名称変更

▲カローラの名が冠されることで、フロント・・・ (2017/07/26)

▲モデルライフの後半となったV40。今回は市街地での試乗を行った

廉価版こそ賢い選択になることも!? ボルボ V40 T2キネ・・・

▲モデルライフの後半となったV40。今回・・・ (2017/07/25)

▲MINI初となるプレミアム・コンパクト・SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)としてフルモデルチェンジ!

サイズとともに所有する喜びも拡大! 新型ミニクロスオーバー(・・・

▲MINI初となるプレミアム・コンパクト・・・ (2017/07/20)

▲一部の年式&グレードは「車両価格50万円以下」という超お手頃プライスでも狙えてしまう旧型BMW 1シリーズ。お安いのは結構だが、実際買うとなるとどうなのか? いろいろ検討してみましょう

アンダー100万円どころか「アンダー50万円」の旧型BMW ・・・

「人生には上り坂、下り坂、そして“まさか・・・ (2017/07/13)

▲トヨタ プリウスの資質である「圧倒的な燃費・環境性能」や「新技術がもたらす先進性」を継承しつつ、様々なシーンで活躍できるゆとりの室内空間を備えたプリウスα(アルファ)。誕生から6年が経ち、中古車も買い得な状況になってきました

コスパ上昇中! 3列シートの中古プリウスα(現行型)は、今こ・・・

▲トヨタ プリウスの資質である「圧倒的な・・・ (2017/06/30)

▲プレミアムコンパクトハッチバック&セダンがマイナーチェンジ。FFの1.4 TFSIと4WDの2.0 TFSI クワトロをラインナップ、今回から17インチホイールを装着し、車高を15mm下げたスポーツが両グレードに用意されている

Light(軽量)ではなくRight(適切)サイジングを目指・・・

▲プレミアムコンパクトハッチバック&セダ・・・ (2017/06/26)

▲ドアを少し開けただけで荷室にアクセスできる。ドアを閉めるのが楽。横開きバックドアには跳ね上げ式にはないメリットがあります!

女性やご年配の方でも開け閉めしやすい! 実は便利な横開きバッ・・・

1980年代まではセダンやクーペなど、キ・・・ (2017/06/24)

▲新型シビック セダン

新型「CIVIC」シリーズに関する情報をホームページで先行公・・・

Hondaは、7月下旬に発表を予定してい・・・ (2017/06/23)

▲ボディ剛性を高める補強パーツが採用されて、ハンドリング性能に磨きがかかりそうなセレナNISMO。ルーフはブラックアウト仕上げとなり、外観の個性にも磨きがかかるか

NISMOロードカー戦略に迫る!!

日産がとんでもない目標をぶち上げた。それ・・・ (2017/06/17)

▲CT200h(プロトタイプ)

LEXUS、新型「CT」を世界初公開 -予防安全パッケージ「・・・

LEXUSは、マイナーチェンジした新型コ・・・ (2017/06/15)

▲こちらがフィアット 500C。この写真の背景はたぶんイタリアとかモナコとかの海岸だと思いますが、500Cで乗り付ければ、近所のどうってことない海岸だっていきなりモナコっぽくなるものです(たぶん)

100万から100万円ちょいぐらいの予算で狙える最も(?)セ・・・

▲こちらがフィアット 500C。この写真・・・ (2017/06/04)

▲モーター走行のノートe-POWER。アクセルペダルだけでの運転は慣れると楽しい

日産 ノートe-POWERをクローズアップ!【後編】

この車に乗るなら……という視点で人気車が・・・ (2017/06/03)

▲ベースとなる初代コルトに1.5Lターボを搭載した「ラリーアートバージョンR」(2006年に登場)。レカロシートはオプションもしくは、それを標準装備するレカロエディションというグレードで装着されている。また2007年11月にはMT車の馬力が154psから163psに。2008年にはバージョンRスペシャルという台数限定モデルも登場している。今回試乗したのは、2009年(H21年)式のモデルで車体もシートもすべて純正だった

【あのモデルは今】三菱 コルト(初代)ラリーアートバージョン・・・

▲ベースとなる初代コルトに1.5Lターボ・・・ (2017/05/30)

▲2代目となる現行型ノートは2012年9月に登場した日産のコンパクトハッチバック。ノートe-POWERは、昨年11月に追加設定された新グレードだ。今回登場する「X」はe-POWERの中の標準的なグレードで、ノートの中でも最も人気がある(2017年4月末時点)。より安価な「S」や、上質な装備がプラスされた「メダリスト」も用意される

日産 ノートe-POWERをクローズアップ!【前編】

この車に乗るなら……という視点で人気車が・・・ (2017/05/29)

▲最近のファッション誌などでよく見る「抜け感」という、わかるようなわからないような言葉。それってそもそもどういう意味? そして車で言うとどんなモデルが相当するの? 勝手に考えてみました!

最近よく聞く「抜け感」って何? 車で考えてみた

▲最近のファッション誌などでよく見る「抜・・・ (2017/05/20)

▲RRレイアウトを採用、ベースをスマートと共有するコンパクトハッチのエントリーグレード。シンプルな装備で価格を抑えた、1Lエンジン×5速MTと0.9Lターボエンジン×EDC(デュアルクラッチ)の2モデルが追加設定された

5MT仕様がカタログモデルになった!ルノー トゥインゴ ゼン・・・

トゥインゴに「ゼン」というエントリーグレ・・・ (2017/05/07)

▲底堅い相場をキープしてきた現行アウディA3スポーツバックだが、その低走行物件もついに100万円台へ……!

欠点(ほぼ)皆無の現行アウディA3スポーツバックが100万円・・・

世の中には星の数ほどの「ナイスな車」があ・・・ (2017/05/04)

▲プラグインハイブリッドモデルが2世代目にも登場した。918スパイダーをベースとしたハイブリッドコンセプトが取り入れられ、燃費だけでなく俊敏な加速や最高速にもモーターが貢献。スタートからすぐに700N・mの最大トルクを発生、0-100km/h加速4.6秒を実現する

電動化がさらに“深化”した、ポルシェ パナメーラ 4 Eハイ・・・

▲プラグインハイブリッドモデルが2世代目・・・ (2017/05/02)

▲ボディサイズ以上の存在感を様々なところから感じるスズキ ソリオ。このたび追加された新しいハイブリッドグレードに試乗してきた

これほどの技術を踏襲した大衆車は他にない!? スズキ ソリオ・・・

▲ボディサイズ以上の存在感を様々なところ・・・ (2017/04/30)

▲新生活が始まる4月は中古車を買う絶好のタイミング。ゴールデンウイークは新しい車で遊びたい! という人は早めに買う車を探しましょう

4月は中古車をお得に買いたい人にとって、またとないチャンスっ・・・

春が訪れ、新生活が始まる4月。年度末の慌・・・ (2017/04/24)

▲30年以上続くマーチブランド。今回は超売れっ子だった3代目マーチをご紹介します

丸いボディの旧型マーチにいつか乗りたい! と思っているなら…・・・

▲30年以上続くマーチブランド。今回は超・・・ (2017/04/24)

▲筆者の個人的ツボにハマる3代目デミオのデザイン。同じ価値観の人がいらっしゃれば幸いです

清楚系も良いけど、可愛い系も捨てがたい! そんなマツダ 旧型・・・

▲筆者の個人的ツボにハマる3代目デミオの・・・ (2017/04/21)

▲その名のとおり、カクカクの見た目が印象的な日産 キューブ。男女を問わず人気の高いモデルです

日産 キューブ狙いの人が、中古車まで視野に入れた方が良い3つ・・・

▲その名のとおり、カクカクの見た目が印象・・・ (2017/04/15)

▲コンパクト×クロスオーバーという新しいジャンルに切り込んできたスズキ イグニス

運転のしやすさ・実用性・価格……すべて◎のコンパクトカーなら・・・

▲コンパクト×クロスオーバーという新しい・・・ (2017/04/11)

▲昨年11月、マイナーチェンジした日産 ノートが突如として販売台数ランキングのトップに躍り出た。記録的ヒットはどのようにして生まれたのか。日産の技術者へのヒアリングから、その理由を考えてみた

新車販売台数トップ争いに新たな刺客! マイナーチェンジした日・・・

▲昨年11月、マイナーチェンジした日産 ・・・ (2017/04/10)

▲2度目のマイナーチェンジを受けた3代目ヴィッツ。初めてハイブリッドモデルが投入された

2度目のマイナーチェンジで、さらなる質の高さを手に入れたトヨ・・・

▲2度目のマイナーチェンジを受けた3代目・・・ (2017/04/05)

▲ジュネーブモーターショーで公開されたシビック タイプRの量産仕様。大きな開口部が設けられたバンパーと、エアインテークを有するアルミフードは、いずれもタイプR専用だ

新型シビック タイプR、その真実に迫る

ホンダ シビック タイプRの量産モデルが・・・ (2017/04/03)

▲白いボディに赤と黒のカッティングシートが貼られ、WRCマシンと同じカラーリングが施されたヤリス(日本名ヴィッツ)の限定モデル。この仕様が販売されるのは欧州だけとのこと。なんとも残念だ

ヴィッツにハイパフォーマンスモデルが登場!?

2016年12月18日にお伝えしたヴィッ・・・ (2017/04/02)

▲おしゃれで、丸っこいフォルムが可愛らしいフォルクスワーゲン ニュービートル。これが100万円で買えるならアリじゃないですか?

おしゃれなのに100万円以下で選び放題!? デザイン重視なら・・・

▲おしゃれで、丸っこいフォルムが可愛らし・・・ (2017/04/01)

▲ターボエンジン搭載に合わせて、フロントバンパーやホイールに専用品が用いられるだろう。既存モデルとの差別化が図られるスイフトスポーツだが、やはりイメージカラーはレモンイエローか

次期スイフトスポーツ、1.4Lターボと軽量ボディに期待

新世代プラットフォームが採用されて、キビ・・・ (2017/03/31)

▲往年の名車5(サンク)や初代から多くの発想を得たという個性的なスタイルのスモール5ドアハッチバック。ルーフ全体が大きく開く、キャンバストップ仕様もラインナップ(199万円)する

パリの合理性が徹頭徹尾詰まっている、ルノー トゥインゴ(試乗・・・

言われなければRR(リアエンジン・リアド・・・ (2017/03/30)

▲ハイブリッド車が追加されたことで話題になっているヴィッツですが、あえて中古のガソリン車をお得に手に入れるのもいいんじゃないですか?

新型ヴィッツのハイブリッド車もいいけれど、お得度の高い中古ガ・・・

▲ハイブリッド車が追加されたことで話題に・・・ (2017/03/29)

▲EV専用コンポーネントが搭載されるトヨタのピュアEV。2017年の東京モーターショーで公開される予定だ。2020年のオリンピックで公道デビューするときは、イラストのような姿で登場するだろう

トヨタの電気自動車、2020年東京五輪でデビュー

現行プリウスの発売から1年が経過した20・・・ (2017/03/28)

▲運転免許を取得し車を手に入れてから、世界が大きく広がったはず。車とともにたくさん味わった大人の楽しさを娘さんにもプレゼントしてあげたいですね

お父さん、こんなのいかが? 娘に買ってあげたい中古車5選

卒業、そして4月からの新生活の準備が忙し・・・ (2017/03/28)

▲丸っこくて可愛らしいフォルムが特徴的なフォルクスワーゲン ザ・ビートル(現行型)。本記事では、よりお得に車を手に入れたい人向けに、オススメの中古車をご紹介しよう

フォルクスワーゲン ザ・ビートルをクローズアップ!【後編】

▲丸っこくて可愛らしいフォルムが特徴的な・・・ (2017/03/26)

▲2012年4月デビューのザ・ビートル。昨年9月のマイナーチェンジでボディカラーが増え、全8色に。今回登場するのは、デザイン(グレード名)のボトルグリーンメタリック

フォルクスワーゲン ザ・ビートルをクローズアップ!【前編】

この車に乗るなら……という視点で人気車が・・・ (2017/03/20)

▲脚光を浴びるe-POWERの陰で買い得度が増すベーシックなノート。e-POWER“じゃない方”ですが、選択の価値はあるのでしょうか?

e-POWERバカ売れの陰でひたすら美味しくなっている“じゃ・・・

▲脚光を浴びるe-POWERの陰で買い得・・・ (2017/03/19)

▲ブランドのデザインアイコンが4年ぶりにマイナーチェンジ、内外装が小変更された。また、安全装備やインフォテイメントシステムを充実させたこともポイント

とっても真面目な“遊び”クルマ、フォルクスワーゲン ザ・ビー・・・

丸いヘッドライト、丸いルーフライン、タイ・・・ (2017/03/15)

▲SUVのようなクーペのような5ドアクロスオーバーハッチバック、シトロエン DS4。微妙に人気薄のモデルではありますが、その分中古車相場は今かなりおトクな状況になっています!

欧州車界の隙間産業(?)シトロエン DS4は1万km台の物件・・・

車に詳しい人はよくご存じでしょうが、そう・・・ (2017/02/26)

▲歴代スイフトのDNAを継承しながらも、大胆にデザインが進化した新型スイフト。ボディ剛性を向上させながらも、徹底的に軽量化を追求した(写真はHYBRID RS、新色バーニングレッドパールメタリック)

日本で生まれ欧州で育ったスズキ 新型スイフトがさらに軽快な走・・・

▲歴代スイフトのDNAを継承しながらも、・・・ (2017/02/12)

«新しい記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 || 古い記事へ»