中古車トップ > 日刊カーセンサー > タグ一覧 > EDGEが効いている

EDGEが効いている

«新しい記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 || 古い記事へ»
▲いっさいの妥協をせず「最善か無か」を地で行っていた時代のメルセデス・ベンツ Sクラス

何事も「中途半端」が一番ダメ。ということで、乗るべきはやっぱ・・・

過日、いわゆる中二病に罹患していた10代・・・ (2016/09/08)

▲グループ5と呼ばれるレースでポルシェに対抗すべく生み出されたM1。ミッドシップレイアウトの知識がなかったBMWはランボルギーニと共同で開発を進めていたが、ランボルギーニ側の開発が大幅に遅れたために、途中でその関係を解消。最終的には組み立てをバウア社、調整はBMW側という複雑な工程で作る決断をした。結果、それが販売価格を上げてしまい、性能は高いものの販売台数は伸びず、不遇の一台となってしまった

BMW M1【EDGE/~名車への道~】

▲グループ5と呼ばれるレースでポルシェに・・・ (2016/09/06)

▲値が張る新車に長く乗るのもステキだが、100万円ぐらいで買える輸入中古車を次々と捕獲し、記憶のなかにコレクションしていくのも、まるでポケモンGOをやっているかのようで結構ステキなんですよ!

「100万円級の輸入中古車=ポケモンGO」説

輸入中古車評論家を自称するわたしだが、周・・・ (2016/09/04)

▲建築家の自邸兼オフィス。読者諸兄ならば興味津々なのではないだろうか。業界屈指のカーガイである建築家と陶芸家である夫人とのコラボレーションで生まれた狭小ガレージハウスをご紹介する

未来を見据えて可変するガレージハウス&アトリエ【edge H・・・

建築家に車好きは多いが、中村高淑さんは別・・・ (2016/09/01)

▲微妙なデザインの差やエンジンの違いなどにより、かなり幅広いグレード展開になっている現行BMW 3シリーズ。中古車の場合、結局どれを買えばいちばん満足できるのか? 検討してみました

やたらバリエーション豊富な現行BMW 3シリーズ、結局どれを・・・

つくづく思うのは「中古の現行BMW 3シ・・・ (2016/08/28)

▲写真は3.2LのV6エンジンをフロントに積むアルファロメオ 147GTA。素晴らしい動力性能だが、極度のフロントヘビーでもある。そこを「欠点」ととらえるのか、それとも「愛すべき個性」と見るか?

自家用車にとって重要なのは性能ではなく「可愛げ」だ!?

批判をしたいわけではないため車名は伏せる・・・ (2016/08/26)

▲「中古のアルファロメオを買うということは、夏の甲子園にピッチャーとして出場することに似てる!」という筆者ですが、それってどういうこと?

「中古のアルファロメオ」とかけて「夏の甲子園のマウンド」と解・・・

「夏の甲子園」こと全国高校野球選手権大会・・・ (2016/08/13)

▲まるで一流アスリートの肉体のように美しすぎるフェラーリのV8ユニット。普通に考えてフェラーリを買えるのは富裕層やプロスポーツ選手などですが、庶民でも無理なく買う方法があるとかないとか?

神宮球場で考える「庶民が無理なく(?)フェラーリ F355を・・・

過日、生まれて初めて東京ヤクルトスワロー・・・ (2016/08/11)

▲「水冷ポルシェ 911」とひと口に言っても、今や年代もグレードも多岐にわたる。そのなかから今、筆者のようなパンピーはどの年式・どのグレードを狙うべきなのか? 頼まれてもないのに真剣に考えてみました!

「今買うべき水冷911」を勝手に本気で検討してみた

数年前に私物のポルシェ 911(タイプ9・・・ (2016/08/10)

▲ごく一部の時代を除き、いわゆるハズレなモデルは作らず、そして今も「自己ベスト」を更新し続けているポルシェという老舗。だからこそユーザーはその「ブランド」に絶大なる信頼を置く

いつだってユーザーの期待を裏切らない。だからポルシェは素晴ら・・・

筆者は顔に似合わず漫画「スヌーピー」の熱・・・ (2016/07/27)

▲「最近の車が凄いのはわかるけど、オレ電子制御満載な車ってあんまり好きじゃないから……」と言ってるそこのアナタ! 時代はもうずいぶん変わっているのかもしれませんぞ!

桑田佳祐「ヨシ子さん」に学ぶ電子仕掛けの魅力、そしてBMW ・・・

歌手・桑田佳祐さんのニューシングル「ヨシ・・・ (2016/07/23)

▲DSエンブレムを配したフロントグリルや、バイキセノンランプとLEDポジションランプを組み合わせたDS LED VISIONなども特徴的なスタイル

DS4 クロスバックはDSブランドの本懐を遂げている

リアのドアハンドルを上手に隠し4ドアクー・・・ (2016/07/19)

▲たとえ安価な中古車であっても、乗っているだけでなぜかセレブか芸能人に見える……。それが、輸入4座オープンカーの隠れた魅力なんです!

「なんちゃってセレブ」への道は輸入4座オープン購入から始まる・・・

過日の夕刻。自宅近くの目黒区碑文谷を走行・・・ (2016/07/18)

▲フロントスペース(150L)だけでなく、リアガラスハッチからアクセス可能なレザー張りのツーリング・デッキ(220L)を採用。ハッチは右ハンドルでは左側、左ハンドルでは右側から開く

マクラーレン 570GTはしなやかな乗り心地を持つ

乗り心地が驚くほどよくて視界も良好なマク・・・ (2016/07/12)

▲プレミアムコンパクトの世界ではトップクラスのおしゃれっぷりを誇るシトロエン DS3。しかし今、車両価格99万円以下でも狙える状況になってきました!

フランスのおしゃれ番長シトロエン DS3、ついに“フタケタ万・・・

輸入中古車評論家を自称するわたしだが、自・・・ (2016/07/09)

▲800万円を切る価格設定もあり、すでに予約が殺到しているという。また今はDCTのみの設定だがMTの導入も検討されているようだ。車好き、BMW好きのためのモデルと思われそうだが、予算が許すならここからBMWを始めてみるのもいいかもしれない

BMW M2クーペはBMW好き以外にもオススメしたい車だ

2年ほど前からニュルブルクリンクのレース・・・ (2016/07/07)

▲後輪それぞれのトルク配分を制御するトルクベクタリングや、ダウンフォースを制御するアクティブエアロスプリッターなどを採用。後ろに並ぶのは初代ジュリア

アルファロメオ ジュリアはDセグメントでの最高性能をうたう1・・・

ちょうど1年前に発表された新型ジュリア。・・・ (2016/07/05)

▲現代の車では味わうことのできないシンプルなデザインと乗り味が魅力となる、主に80年代以前の輸入旧車。もちろん維持するにはある程度の手間ヒマはかかりますが、そこが逆に面白いんです!

梅酒作りも輸入旧車も「あえての手間ヒマ」に価値がある

過日、生まれて初めて「梅酒」を自宅で仕込・・・ (2016/07/01)

▲ワゴンのようなクーペのような、もしくはおダンゴのような(?)造形で、いわゆる「わかりやすい美しさ」とは無縁にも思えるシトロエン DS5。しかしそこが逆にこの車の魅力の源泉でもあるのです

荒井由実「卒業写真」から知る、シトロエン DS5があなたにオ・・・

人の心に深く刺さる何かとは、それがモノで・・・ (2016/06/27)

▲「ゴツくていかついメルセデス・ベンツGクラスで紳士的な運転をすれば、それだけでモテる!」という筆者ですが、そのココロは?

「Gクラス×安全運転」こそ勝利のモテ方程式と見つけたり?

「人生の3分の2はいやらしいことを考えて・・・ (2016/06/24)

▲とってもいい車だけど、街で見かける回数が多すぎるのがややネックな現行BMW 3シリーズ。しかしその派生モデルを選べば「ありがち感」はグッと薄まるはず。写真は4シリーズ グランクーペ

フツーの現行BMW 3シリーズじゃ物足りないあなたに贈る「3・・・

ちょっと前に当欄にて述べたことではあるが・・・ (2016/06/20)

▲街中で見かけたEタイプを追いかけ、オーナーを口説いて入手。今回ご紹介するのは、そんなドラマティックなエピソードをもつ愛車を格納するガレージ。その設計にあたり、カーガイ松永基(建築家)は、施主の思いにどのように応えたのか

レトロとモダン、2種類の愛車たちが向かい合うガレージハウス【・・・

久し振りにカーガイ・松永基さんの登場だ。・・・ (2016/06/17)

▲昔のオープンカーはこのとおり頭上に広~い青空が広がっていたものですが、最近のオープンはどれもAピラーが非常に寝ているため、青空も拝みにくい状況に……

Aピラーの角度だけで考える(?)炎のオープンカー選び!

我が東京ヤクルトスワローズを応援するため・・・ (2016/06/17)

▲現行ゴルフをベースとする、ある意味ごく普通な感じこそが魅力の現行フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント。しかしそこにはデッカイ魅力が詰まっているという説が浮上?

レスター・シティ岡崎慎司選手に学ぶ(?)小さな体の普通のワゴ・・・

近頃、若いときはそれなりにあった洋服や髪・・・ (2016/06/13)

▲この「絶世の美女」というか天使が、いよいよ地上に降りてきましたよ!

オープンカー界の北川景子こと最終型アルファロメオ スパイダー・・・

不幸にしてというのか幸いにしてというべき・・・ (2016/06/09)

▲SUPERを意味する「S」を車名につけたシリーズとしては4作目にあたるのが1972年から生産されたタイプ116シリーズである。4960mmの標準ボディの他に、5060mmのロングボディも用意された。エンジンは6気筒の2.8L、3.5LのV8、225psの4.5Lなどをラインナップ。有名な300SEL 6.3の後継となる6.9Lエンジンの450SEL6.9など、1980年までの間に多数の名モデルを生み出している

MERCEDES-BENZ 280SE【EDGE/~名車への・・・

SUPERを意味する「S」を車名につけた・・・ (2016/06/07)

▲どこからどう見ても「セレブの乗り物」な現行BMW Z4ですが、実際の中古車相場は……

現行BMW Z4と旧型アウディ TTで年収偽装計画!?

今の時代、SNSを通じて「キラキラな生活・・・ (2016/06/03)

▲新型フロントグリルやマットブラックのリアディフューザーとテールパイプなど、よりスポーティな外観に仕立てられた

フェラーリ カリフォルニアT ハンドリング・スペチアーレはそ・・・

まずは一般道の感想から。コンフォートモー・・・ (2016/06/03)

▲走行状況によりダンパー減衰力や車高を自動調整するアダプティブエアサスペンションや、オールホイールステアリングをオプション採用する

アウディ Q7は今後のアウディをけん引する存在だ

新型Q7を知ると、SUVに対する考えが大・・・ (2016/06/02)

▲外観はよりワイドで力強いデザインに。立体構造のLEDを用いたテールライトを結ぶ、ロゴ入りのアクセントストリップも特徴的

ポルシェ 718ボクスターは見事な調律がなされた1台だ

初代ボクスター登場から20年の節目で行な・・・ (2016/06/01)

▲歩行者・サイクリスト検知機能付きフルオートブレーキなど安全装備も充実。右折時に直進車との接触を回避・軽減するインターセクション・サポートも備わる

ボルボ XC90 T8 ツインエンジンAWDインスクリプショ・・・

これまでやりたくてもできなかったこと。新・・・ (2016/05/31)

▲高値相場が続いた時期もあったが、最近は100万円台半ばぐらいの車両価格でも十分狙えるようになってきたアルファロメオ ジュリエッタ(前)。ちなみに後ろの車は往年の初代ジュリエッタ

大切なのは「適材適所」。だからわたしはジュリアではなく100・・・

私事で恐縮だが、このたび草野球用のグロー・・・ (2016/05/30)

▲リアシート後方に配されたロールオーバー・プロテクション・システムは、先代よりコンパクトになり、さりげないデザインに

ミニ コンバーチブルは最も贅沢なミニと言える

日本の初夏にタイミングを合わせるように、・・・ (2016/05/30)

▲ドコドコドコッ、ビイイイイイ~! という何やら生き物のような鼓動が魅力の0.9L 2気筒エンジンを積むフィアット 500ツインエア。人気のため高値相場が続いてましたが、ついにキましたよ!

ついにキタ! フィアット 500ツインエアの買いタイミング

「待てば海路の日和あり」ではないが、ここ・・・ (2016/05/27)

▲CFRP製の角度調整式ウイングなど多くの専用装備を装着。リアランプには平面で均一に発光するOLEDを採用した

BMW M4GTSは自在に操れる公道のレーシングカーだ

世界限定、たったの700台。だから、およ・・・ (2016/05/27)

▲写真は1970年代製の英国製ライトウェイトスポーツ「MGB」。このシブさを96年式のマツダ ロードスターで凌駕してみようと考えた筆者だったが……

マツダ ロードスターによる「打倒英国旧車」への挑戦!

いきなり私事で恐縮だが、筆者は今年2月に・・・ (2016/05/23)

▲モデル全体の相場は約190万~約650万円と幅広いが、12~14年式の320iおよび320d系は車両価格250万円付近で狙えるようになってきた現行BMW 3シリーズ。その「お買い得度」を考えてみます

早くも200万円台となった現行BMW 3シリーズ。…それって・・・

現行BMW 3シリーズおよび3シリーズツ・・・ (2016/05/20)

▲街道沿いに建つK邸は、周囲の雰囲気とはかけ離れた異彩を放つ存在。まるで童話の世界から飛び出してきたかのような建物は、内部までこだわり抜いた造形をもっていた

石造り風のガレージハウスは南仏のリゾート地をイメージ【~ed・・・

子供の頃、童話に出てくるような家に住みた・・・ (2016/05/19)

▲1983年から92年まで発売された2代目のゴルフ。初代からデザインやコンセプト、基本性能を受け継ぎ、さらに進化させたその実力は世界中から実用車のベンチマークと絶賛された。故徳大寺氏が当時の日本車と比べて、その質感、走りを絶賛したことでも広く知られている。その実力は現代でも十分通じ、今なお国内外に多くのファンを抱えている。カントリーやジェッタ、シロッコといった派生モデルも多数用意されていた

’91 VOLKSWAGEN GOLF GLi【~名車への道・・・

1983年から92年まで発売された2代目・・・ (2016/05/17)

▲程良く新しく、でも汚れや小キズが過剰に気になるほど新しくはない。そして使い勝手も走りもともに上々ということで、中古のミニ クロスオーバーは今、道具グルマとして最高にオススメなんです!

「使えて、おしゃれ」な道具グルマが欲しい? ならばオススメは・・・

以前、釣り車評論家(?)として活動してい・・・ (2016/05/16)

▲Gクラス、190E2.5 16EVOⅠ/Ⅱ、E500、AMGなどの特別なモデルは要望に応じて検討するとのこと。また並行輸入車、改造車は対象外となる

飾るものではなく使うもの。メルセデス・ベンツ“ヤング・クラシ・・・

“ヤング・クラシック”。クラシックと呼ぶ・・・ (2016/05/13)

▲トゥインゴ初の5ドアモデル。ルノー5や初代などから影響を受けた個性的スタイルに。大きなガラスハッチも特徴的

ルノー トゥインゴはコンパクトカーの魅力があふれている

スマート・フォーフォーと同時並行的に開発・・・ (2016/04/29)

▲基本性能の面でも、自動運転技術の面でも、新型Eクラスは、間違いなくこれからの車のベンチマークとなる。試乗していて、その凄まじい完成度に、「欲しい、乗りたい」というより「コレは乗っておかなきゃいけないかも……」と思わされてしまったのだ

メルセデス・ベンツ Eクラスは圧倒されるほどの自動運転技術を・・・

見た目は、これじゃSクラスやCクラスと見・・・ (2016/04/29)

▲3LV6ターボを積むSL400(写真)、4.7LV8ターボのSL500、ハイパフォーマンスモデルAMGの5.5LV8ターボのSL63と6LV12ターボのSL65をラインナップ

メルセデス・ベンツ SLクラスは快適性とスポーツ性を両立させ・・・

この価格帯のラグジュアリースポーツカーと・・・ (2016/04/28)

▲最逆ヒンジのコーチドアなど伝統のデザインを踏襲。ボディパネルの80%をオリジナルとし美しいドロップヘッド・クーペに仕立てられた

ロールス・ロイス ドーンは正統派の美人である

もはやロールス・ロイスは、後席にちーんと・・・ (2016/04/28)

▲94年1月から99年9月まで販売されたV8ミッドシップフェラーリ、F355。往年のフェラーリに通じる可憐なフォルムと官能的なエキゾーストノートにより、販売終了から17年がたった今もなお高い人気を誇っている

信号待ちで最新モデルが隣に来ても、フェラーリ F355オーナ・・・

過日。愛車の1台である96年式マツダ(ユ・・・ (2016/04/28)

▲この価格にしてこのパフォーマンスはお値打ちである。高いシャシー剛性、ニュートラルよりオーバーぎみのハンドリング。細かな凹凸を瞬時に捉えるサスペンション。ジャーマンスリーでは到底味わえないジャガー特有の軽快で一体感のあるハンドリングが最高だ

ジャガー XFはスポーツセダンとして熟した1台である

天孫降臨の舞台で知られる伊勢志摩で、新型・・・ (2016/04/27)

▲SUVモデルだけにオフロード走行も可能。渡河能力も水深500mmまで対応している

レンジローバーイヴォーク・コンバーチブルはこれまでのコンバー・・・

イヴォークには5ドアと3ドアの2種類があ・・・ (2016/04/27)

▲バリュープランニングが手がける賃貸ガレージハウスの一例。1階がガレージ、2階が1DKまたは1R。各戸でガレージの大きさは異なるが、車を1~2台置けるスペースがある

憧れのガレージハウス生活を賃貸でかなえる!

Aくんに連れてこられたのが、首都圏を中心・・・ (2016/04/26)

«新しい記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 || 古い記事へ»