中古車トップ > 日刊カーセンサー > タグ一覧 > EDGEが効いている

EDGEが効いている

«新しい記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 || 古い記事へ»
▲1948年から製造が開始されたスポーツモデルで初めてポルシェの名前で発売された名車。実用性の高さとスポーツ性能を併せ持ち、瞬く間に人気を得た。タイプ64の延長上として1955年まで作られたモデルが第1世代、56年から356Aとなり第2世代となる。356Aは56年から59年、356Bは59年から63年、356Cは63年から65年まで製造された。356SCは63年に登場し、エンジンも改良。最高出力やブレーキが改良され、当時から高い人気を誇った

17年間発売され続けた歴史に残る名車 ‘63 ポルシェ 35・・・

1948年から製造が開始されたスポーツモ・・・ (2015/09/28)

▲代表取締役の向井準児さん。ヤマハのサポートライダーとしてGP250クラスへの参戦を経て、父とともにショップを運営。今なお少年のように車もバイクも大好き

町の定食屋的スタンスで車の楽しさを伝える「クレージー モータ・・・

オートバイのレーサーであった父・大二さん・・・ (2015/09/28)

▲代表取締役の島澤俊文さん。父譲りのディープな車フリークが高じて、ショップを創業。車にまつわる話はもとより、話題が次々と飛び出す話上手でもある

フェラーリにランボにアストンに……最新モデルからヴィンテージ・・・

スーパースポーツだけを扱うショップとして・・・ (2015/09/28)

▲代表取締役の川上祐紀雄さん。この業界で半世紀オーバー。葉巻をくゆらせる姿も堂に入った重鎮級ながら、その実は「大阪のオモロい車屋のオヤジ」である

スーパーカーからクラシックカー、ドレスアップもお任せ! 大阪・・・

車業界で50年以上も生きてきて、今なお現・・・ (2015/09/28)

▲代表取締役の島澤典詳さん。自動車業界で経験を積んだのち03年にLUXZ開業。一番好きな車はダッジ チャレンジャー。自身でアメリカへ頻繁に飛び、車両やアイテムを直輸入する

プラスαの心づかいで成長を続けるアメ車専門店「ラグジ」の過去・・・

「この人なら、どんな商売を興したとしても・・・ (2015/09/28)

▲代表取締役の渋谷信介さん。メルセデス専門店をハンドリングするトップは爽やかなトークと礼節を重んじた所作からも“サンシン”を印象付ける代表

質も量も価格も魅力的! メルセデス・ベンツのプロショップ「サ・・・

人は車に魅せられ、車は文化の一端を担い、・・・ (2015/09/28)

▲写真に登場していただいたのは営業担当の佐野謙一さん。ショップナインプロダクションは、36年前にレストアをメインにスタートし、高い技術力で日本のポルシェ専門店でもメジャーな存在に。現在経営を行うのは2代目

ポルシェにとことん惚れ込んだ老舗のポルシェ専門店「ショップナ・・・

国外から多数のバイヤーが次々に押し寄せて・・・ (2015/09/28)

▲取締役統括本部長の加賀 亮さん。自動車輸入に関する豊富な経験を持つ超スペシャリスト。一般的な中古ポルシェの販売整備業にとどまらない新機軸を構築する

全国のポルシェフリークのために進化し続けるポルシェ専門店「テ・・・

来年3月に創業25年を迎えるテクニカルメ・・・ (2015/09/28)

▲代表の染谷 聡さん。車にもバイクにも精通し、愛車も多数。オン・オフ問わず好奇心と向学心に溢れる行動派。ゆえに、多彩な趣味を持ちトークは絶妙だ

レアモノなハイパフォーマンス・ポルシェを数多く取り揃える「エ・・・

グローバルで車の没個性化、画一化が進む昨・・・ (2015/09/28)

▲ロペライオの取締役社長 宮里泰光さんと取締役営業本部長 川久保 翼さん。ロペライオというのはイタリア語で「職人」「熟練工」という意味。「常にプロフェッショナルでありたい」という思いからこの屋号に

まさに職人。愛にあふれたホスピタリティを提供する「ロペライオ・・・

急成長を遂げた会社である。創業者の早水彰・・・ (2015/09/28)

▲店長の岩田弘昭さん。メルセデスとBMWを合わせると相当数のデータになるはずだが、聞けば瞬時に答えが返ってくる歩くデータベース。些細なことでも相談しない手はない!

グループ総在庫約300台! 嗜好に合わせた車選びが安心してで・・・

アドバンスインターナショナルの特色は、フ・・・ (2015/09/28)

▲代表取締役社長の加藤佳支信さん。自身もビッグヒーレーを所有する大の英国旧車好きだが、ヤングタイマーなドイツ車全般も昔から得意とする根っからのカーガイ

旧車のことは根っからの旧車好きにお任せ! 「ブレス」の過去・・・・

「好きを仕事にする」というのは大変な半面・・・ (2015/09/28)

▲お話を主にお聞きしたのは代表取締役の武藤文彦さんだが、写真は営業チームの高橋隼祐さん。自家用車はBMW M3というカーガイ

人と人とのつながりをいちばん大切にしてきたからこそ今があり未・・・

創業25年の「ワークス」は東京都杉並区と・・・ (2015/09/28)

▲店長の掛田啓一さん。本誌創刊と時を同じくする10年前にプレステージに入社。空冷911の相場動向に関しては人一倍詳しい、実践的なアドバイスをしてくれる達人だ

10年後も空冷ポルシェメインでやっていく! 創業30年のポル・・・

創業30年のポルシェ専門店「プレステージ・・・ (2015/09/28)

▲その気になればドアの数も乗員数も増やすことができるのに、あえてそうはしない大柄でプレミアムな2ドアクーペ。そればまるで余裕ある土地に建っている贅沢な平屋造りの家のようだ

大柄な2ドアクーペ=贅沢な平屋説

おぼろげながらだが東京から湘南戸建てへの・・・ (2015/09/15)

▲写真は型式名F31こと現行BMW 3シリーズツーリング。すっごくいい車です

モノを買うなら「すっごくいいやつ」か「超お手頃なやつ」のどち・・・

いきなり私事で恐縮だが、我が愛する東京ヤ・・・ (2015/09/03)

▲最優秀 ヤナセ100周年賞は、千葉大学大学院工学研究科製品デザイン研究室の大木佑太さん(写真左)の「GLACLASS+100km」が受賞。審査員特別賞は武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科インダストリアルデザイン専攻 S-designの佐々木翔平さん(写真右)の「学生最後の旅はヤンチャベンツと」が受賞した

世界に1台のスペシャルカー! ヤナセ100周年記念「こんなメ・・・

ヤナセ創立100周年を記念し、「こんなメ・・・ (2015/08/31)

▲威圧的な顔つきをした車ばかりになった昨今、フィアット 500のおとぼけフェイスは貴重な存在?

フィアット 500よ、今や貴重な君の「笑顔」が好きだ。

特に野球ファンということもないのだが(※・・・ (2015/08/27)

▲人間の暮らしに必要なもの、そして自動車にとって大切なものは、今も昔もそんなに大きくは変わらない? 写真はW124型メルセデス・ベンツ Eクラス

お天道様の下で干す布団とメルセデス・ベンツ Eクラス(W12・・・

東京近辺で単身者または2人暮らし向けの賃・・・ (2015/08/20)

▲最終型でも13年以上前に販売を終えたプジョー 306カブリオレ。様々な性能に関しては最新世代のオープンカーとは比べ物にならないが、「オープンエアを楽しむ」という意味ではこちらの方が断然上かも?

東京ドームより神宮球場、そして最新オープンよりちょい枯れオー・・・

あなたにもひいきにしている地元のプロ・ス・・・ (2015/08/19)

▲ベースとなる高級サルーンの300リムジーネが51年に登場し、その後王侯貴族たちが乗るさらに高級な車として生産されたのが300S。ボディタイプはカブリオレ、ロードスター、クーペの3種類が用意され、使われる素材、製法、そして性能と当時のメルセデス・ベンツの技術がすべて注ぎ込まれていた。そして55年に追加されたのが今回撮影している300Sc。出力は175psにまで高められ、その生産台数は世界98台と言われている、超希少車である

生産台数98台の超希少車 ’61 メルセデス・ベンツ 300・・・

ベースとなる高級サルーンの300リムジー・・・ (2015/08/07)

▲09年4月に発売され、13年3月まで現役を張った旧型フォルクスワーゲン ゴルフ、通称「ゴルフ6」

無理して買う高級輸入車より、余裕をもって乗る旧型ゴルフの方が・・・

過日、自家用車を止めるため都内某所のコイ・・・ (2015/07/31)

▲1984年から85年まで製造され、希少価値も非常に高いスペチアーレモデル。グループBのホモロゲーションに沿い、308をベースに開発された。デザインはピニンファリーナが担当し、400ps、50.6kg-mを生み出す2855ccのV8エンジンを搭載していた。競技車両として開発されたもののレースに参戦することはなかったが、のちに288GTO Evoluzioneという特別なレースモデルが開発され、その開発で培ったノウハウがF40へと継承されていった。総生産台数は272台、日本への正規輸入は1台だけだったといわれている

フェラーリだからこそ 世に送り出せた歴史的名車 ’85 フェ・・・

1984年から85年まで製造され、希少価・・・ (2015/07/31)

▲2001年10月から2011年3月までの長きにわたり販売されたアルファロメオ アルファ147

「セレスピード問題」は確かにあるが、アルファ147以上の車っ・・・

個人的な嗜好に基づく話で恐縮だが、最近と・・・ (2015/07/28)

▲20年以上前の空冷ポルシェ 911が世界的に人気を集めているが、こと「性能」に関してだけでいえば、新世代の水冷911のほうが明らかに上であることは間違いない

ひまわり8号が素晴らしいのと同様に、新世代のポルシェ 911・・・

当欄では空冷ポルシェ 911をはじめとす・・・ (2015/07/24)

▲「700万円以上は当たり前」まで高騰したポルシェ911のタイプ964。この騒ぎはいつまで続くのか?

古いロレックスの買取額が下がらないなら、空冷ポルシェ911も・・・

このところ空冷ポルシェ911、具体的には・・・ (2015/07/17)

▲1967年から69年のわずかな期間で発売された、シボレーのFRスポーツクーペ&オープンカー。マスタングが開拓したポニーカーの市場にシボレーが投入した意欲モデルでエンジンラインナップは直6とV8の2種類。グレードはZ28、RS、SSの3種類が用意されていた。また69年には425psのハイパワーエンジンを搭載したモデルが69台製作され、その年のSCCAトランスアメリカン・チャンピオンシップの2.5L以上のクラスでは優勝を飾っている。今回の撮影車両は走行距離4万km、498万円という個体

打倒マスタングを掲げて作られたカマロ ’69 CHEVROL・・・

1967年から69年のわずかな期間で発売・・・ (2015/07/17)

▲理想の家を立てるとなると1億円はかかりそうだが、「理想の車」ならさほどの大金はかからない?

「理想の住宅」と比べて「理想の車」は激安すぎる!

過日の当欄で少々お伝えしたが、生まれ育っ・・・ (2015/07/14)

▲筆者の自家用車である08年式ルノー カングー(5MT)。都内のとある下町にて

都会暮らしに疲れたら、初代ルノー カングーに乗る

過日、三陸沿岸のとある田舎町で2週間ほど・・・ (2015/07/09)

▲もしも平均的な年収である500万円から800万円ぐらいまでステップアップしたら、果たしてどんな輸入車が買えるのだろうか? ちなみに写真はBMWの6シリーズクーペ Mパフォーマンスエディション

年収800万円転職を成功させるための(?)輸入車購入研究

PCで調べ物などをしていると、しばしば「・・・ (2015/07/07)

▲スポーツカー/スポーティカーを日々の生活に取り入れてみることで、あなたの人生はたぶん大きく変わる

150万円級スポーツが与える人生のドラスティックな変化

まだどうなるかは未定だが、生まれ育った東・・・ (2015/07/02)

▲数年前、雑誌「カーセンサーEDGE」取材時に撮影したゴルフカブリオ クラシックライン。運転手は筆者

神宮球場建て替え計画から考える初代フォルクスワーゲン ゴルフ・・・

話の展開上必要なため、いきなりの私事三連・・・ (2015/06/26)

▲ミニのハイパフォーマンスサブブランドである「ジョン・クーパー・ワークス」。写真は旧型

爆笑(良い意味で)! ミニ ジョン・クーパー・ワークス!

友人であるフォトグラファー阿部昌也さんの・・・ (2015/06/23)

▲軽量スポーツばかりがもてはやされるが、世の中には「重量級の楽しみ」もある。写真は現行BMW X3

おっさんにも車にも「肉」はある程度あって構わない

過日、NHKの朝番組に俳優の渡辺徹さんが・・・ (2015/06/19)

▲61年から75年まで発売されたジャガーのスポーツカー。美しいデザイン、当時としては驚異的な最高速240km/hという性能、何よりその他のスポーツカーに比べ、価格を安く設定したため、アメリカを中心に大きな人気を得た。シリーズ1と呼ばれる最初のモデルが登場したのは61年。その後、2度のマイナーチェンジを行い、68年にアメリカ連邦安全基準に合わせ外装などを変更したシリーズ2へ移行。そのシリーズ2が発売終了し、少し時をおいてから71年にV12エンジンを搭載したシリーズ3が登場した

美しさと速さを併せ持った世界的な名車「ジャガー Eタイプ シ・・・

61年から75年まで発売されたジャガーの・・・ (2015/06/18)

▲やや精度には欠けたかもしれないが、独特な魅力があった往年のフランス車。写真はプジョー 405ブレーク

歌も車も「微妙に音痴」ぐらいがちょうどいい

過日、ラジオ番組内で某シンガーが小沢健二・・・ (2015/06/16)

▲赤エイを意味するスティングレイの別名を持つ、2代目のコルベット。63年に登場したが最初の1年間だけは「スプリット・ウインドウ」と呼ばれるリアウインドウを持ち、そちらはさらに希少価値が高い。ボディはラダーフレーム構造、C1から受け継いだV8 OHV 5358ccエンジンにチューニングを施し、300馬力、340馬力のキャブレター仕様と、インジェクションの360馬力が存在した。またこの後C5型まで継承されるリトラクタブルヘッドライトを採用したのもC2が最初。コンディションの良いモデルは非常に高値となる

本国はもちろん日本でも希少なモデル「CHEVROLET CO・・・

赤エイを意味するスティングレイの別名を持・・・ (2015/06/15)

▲「フミア系アルファ」とは何か? ちなみに写真はアルファロメオ GTV後期型

ホンダ S660に対する激賞ムードに乗りきれないあなたには「・・・

ホンダのスーパーカーならぬ「スーパー軽カ・・・ (2015/06/12)

▲フランスのシトロエンが70年から86年まで製造したシトロエン GS/GSA

日本でわざわざ輸入車に乗る意味は「ちょっと古いフランス車」に・・・

近頃の「コンビニスイーツ」は本当に凄い。・・・ (2015/06/11)

▲ロールス・ロイス伝統の優雅なスタイルをもった主力モデル「シルヴァークラウド」の三世代目として1962年から1966年まで4年間生産された。メカニカルな部分では真空進角ディストリビュータの採用や100オクタン燃料の使用を前提とした圧縮比9:1仕様の投入、キャブレターの口径拡大、パワーステアリングの改良が行われ、ボディ周りでは4灯ヘッドライトの採用やラジエターグリルの小型化、フロントフェンダーのデザイン変更を実施。その他、内装にも細かな変更が加えられた。コーチビルド・モデル375台を含む2297台を生産。

ロールス・ロイス伝統のスタイルを飾った最後の1台 ロールス・・・・

ロールス・ロイス伝統の優雅なスタイルをも・・・ (2015/06/10)

▲ガレージが中心で遊び心を取り入れたい……というのが第一の希望だったとのこと。この家には、忍者屋敷のような「なにコレ?」という仕掛けがたくさんあり、それも施主お父様と一緒にアイディアを出し合ったそう。また、住空間とガレージをあまり離したくなかったので、いろんな場所からガレージ内の車が見えるような工夫も。イメージとしては、ガレージ付きの家というよりも「ガレージに家がある」というような感じにした

スーパースポーツが収まる遊び心満載の家

一見すると、ありがちなマニアックでレーシ・・・ (2015/06/10)

▲2014年2月から同社の新世代エンジン「Drive-E」を搭載したボルボ XC60。この2L直4ターボは燃費が従来の23%も良くなり(JC08モードで13.6km/L)、さらにパワー&トルクもアップ。実際、走らせてみると併せて搭載された8速ATとの組み合わせにより、街中でも高速でもたいてい2000rpm以下で済むので本当に燃費がよかったし、かつ静かでした

日本で初めて完全停止する自動ブレーキを搭載したボルボ XC6・・・

先日、AT車にも関わらず渋滞中に足がつり・・・ (2015/06/09)

▲三度のごはんと同じくらいV8エンジンとスーパーなカーが大好き、V8たろう、輸入車のお祭りに突撃してまいりました!

まさかこんなお宝カーに出逢えるとは!? 今日から「S.I.S・・・

スーパーなカーがもちろん大好物の私、落ち・・・ (2015/06/05)

▲フィアット 500S/ツインエアとよばれる2気筒875ccエンジンターボに5MTを組み合わせた500Sが登場したのは2013年。ツインエアが導入された2011年当初からこのエンジンにMT車を組み合わせたモデルを望む声が多かったそうです。専用のフロントバンパーや15インチアルミホイールを履くなど、見た目もスポーティ

1000cc以下のMT車を味わいつくす歓び

MT車で坂道に停まった際、後ろの車がやけ・・・ (2015/06/05)

«新しい記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 || 古い記事へ»