中古車トップ > 日刊カーセンサー > タグ一覧 > EDGEが効いている

EDGEが効いている

«新しい記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 || 古い記事へ»
▲ガレージが中心で遊び心を取り入れたい……というのが第一の希望だったとのこと。この家には、忍者屋敷のような「なにコレ?」という仕掛けがたくさんあり、それも施主お父様と一緒にアイディアを出し合ったそう。また、住空間とガレージをあまり離したくなかったので、いろんな場所からガレージ内の車が見えるような工夫も。イメージとしては、ガレージ付きの家というよりも「ガレージに家がある」というような感じにした

スーパースポーツが収まる遊び心満載の家

一見すると、ありがちなマニアックでレーシ・・・ (2015/06/10)

▲2014年2月から同社の新世代エンジン「Drive-E」を搭載したボルボ XC60。この2L直4ターボは燃費が従来の23%も良くなり(JC08モードで13.6km/L)、さらにパワー&トルクもアップ。実際、走らせてみると併せて搭載された8速ATとの組み合わせにより、街中でも高速でもたいてい2000rpm以下で済むので本当に燃費がよかったし、かつ静かでした

日本で初めて完全停止する自動ブレーキを搭載したボルボ XC6・・・

先日、AT車にも関わらず渋滞中に足がつり・・・ (2015/06/09)

▲三度のごはんと同じくらいV8エンジンとスーパーなカーが大好き、V8たろう、輸入車のお祭りに突撃してまいりました!

まさかこんなお宝カーに出逢えるとは!? 今日から「S.I.S・・・

スーパーなカーがもちろん大好物の私、落ち・・・ (2015/06/05)

▲フィアット 500S/ツインエアとよばれる2気筒875ccエンジンターボに5MTを組み合わせた500Sが登場したのは2013年。ツインエアが導入された2011年当初からこのエンジンにMT車を組み合わせたモデルを望む声が多かったそうです。専用のフロントバンパーや15インチアルミホイールを履くなど、見た目もスポーティ

1000cc以下のMT車を味わいつくす歓び

MT車で坂道に停まった際、後ろの車がやけ・・・ (2015/06/05)

▲筆者が過日試乗したBMW M6カブリオレ。オプション込みで2000万円超だけに大変素晴らしかったが……

2000万円のM6より、男は黙って200万円台のプジョーRC・・・

株や為替などのデイトレードを行っている者・・・ (2015/06/04)

▲大変ステキなモーリス ミニ トラベラー。ステキだが、こういった車の自動車税は15%の重課が……

古めの車への課税強化に関する個人的対抗策

過日、神奈川県藤沢市の湘南T-SITE(・・・ (2015/06/02)

▲中古車であれば現実的な価格であるはずのポルシェ 911に対し、必要以上にビビってませんか?

変に「身の丈」など考えず、ポルシェ 911が欲しいなら買えば・・・

少し前の当欄でも触れたが、BD-1という・・・ (2015/05/28)

▲スポーツカーやスポーティカーが「若いモンのための車」だと思ったら大間違いですよ!

人生に「スポーツカーの旬」は二度やってくる? ミドル&シニア・・・

いわゆるゴールデンウイークに突入する寸前・・・ (2015/05/26)

▲航空機のキャノピー(風防)を思わせるフロントガラスなど、独特なデザインとたたずまいで人気を集めたサーブ 900ターボ。現在40代の方はこれに憧れた時期もあったのでは?

今はなき「サーブ」にあえて乗るという風流

カーセンサー.netではなくこちら「カー・・・ (2015/05/20)

▲ピニンファリーナとスカリエッティの共同デザインによるボディをまとった2シータークーペ。1976~1981年にかけて929台が生産された。最高出力360psを発生するドライサンプ方式の縦置き水平対向12気筒DOHCエンジンをミッドシップに搭載。4個のトリプル・チョーク・ウェーバー・キャブレターによる燃料供給で最高速度は302km/hに達する。1981年に排ガス対策として「Kジェトロニックインジェクション」を搭載する「512BBi」にバトンタッチしたが、こちらは最高出力:340ps/6000rpm、最高速度:280km/hにとどまる。1984年、テスタロッサの登場により生産を終了した

5L 12気筒エンジンを搭載した 現行当時のフラッグシップモ・・・

ピニンファリーナとスカリエッティの共同デ・・・ (2015/05/18)

▲メンテナンス用、日常使い用、ライフスタイル用と、3タイプのガレージを備えるガレージハウスは湘南方面でカーフリークから高い支持を集める建築家の自邸であった

カーフリークの理想を実現した家

EDGE読者諸兄のような車好きならば、自・・・ (2015/05/13)

▲85年から93年まで販売されたメルセデス・ベンツ 190E。当時のSクラスに乗るユーザーのための「小さな、しかしSクラス同等の品質を備えたセカンドカー」という立ち位置の小型サルーンだった

世の中がひと回りして「メルセデス・ベンツ 190E」がまた輝・・・

ここ最近、メルセデス・ベンツ 190Eが・・・ (2015/05/12)

▲ランチアのフラッグシップモデル「フラミニア」にクーペが加えられたのは1958年のこと。中でもザガートの架装する専用ボディを与えられた「スポルト・ザガート」は特別な存在であった。ダブル・バブルのルーフやカバー付きのヘッドライトで特別な雰囲気を漂わせた同車は2.5L V6エンジンを搭載し、流麗かつ軽量なチューブラーフレームボディにより190km/hの最高速度を誇る。また後に追加される最強のフラミニア「スーパー・スポルト・ザガート」は2.8L V6エンジンを搭載し、最高速度は200km/hに達した

ザガート製ボディをまとった特別なフラミニア ランチア フラミ・・・

ランチアのフラッグシップモデル「フラミニ・・・ (2015/05/11)

▲筆者が過日購入した折りたたみ自転車。約15万円でも「激安だ!」という筆者だが、そのココロは?

現行BMW 3シリーズはある意味「激安」だ!

「BD-1」というドイツ製の折りたたみ自・・・ (2015/05/08)

▲3台の車を横に並べられること。そしてガレージに柱がないことにこだわったという。さらに、約10台のオートバイが保管できることと、趣味の作業場を確保することが最大の希望とのこと。加えて、当時はお母さまと同居していたため二世帯住宅であることと、奥さまの希望で十分な収納スペースを確保することも久間さんにお願いしたという。もっと細かい点では、外観はできるだけモノトーンにしたいということと、作り付けの家具にこだわりを持ったそう

自宅内に夢の工房をもつ家

自宅の半分近いスペースを、自分の趣味に使・・・ (2015/05/08)

▲つい最近まで筆者が所有していた11年式ルノー メガーヌR.S.モナコGP。箱根にて

「たいせつなものをなくうし~たぁよおおお……」失くしてみて改・・・

ここ最近ハマっている釣りに専念するため、・・・ (2015/04/28)

▲ナローポルシェと呼ばれるポルシェ911は356の後継機として1963年にフランクフルトモーターショーで発表。356の水平対向4気筒エンジンに代わり、水平対向6気筒エンジンを搭載した。また車体も4人乗りの大型なボディに変更され、ナローポルシェは実用性と走行性を大幅に向上させたスポーツカーとなる。バリエーションも豊富で、初期型の901から始まり1969年にはエンジン出力を向上させた911S、そして911T、911Eなどが追加。また1973年には現在まで語り継がれる名車、カレラRSが追加された

誕生からまもなく半世紀 量産型スポーツカーの最高傑作 ポルシ・・・

ナローポルシェと呼ばれるポルシェ911は・・・ (2015/04/27)

▲ディーラーの認定中古車ばかりが中古車ではないが、やはりビギナーにも勧めやすい手堅い選択肢ではある(写真はイメージです)

「輸入車デビューの1台」をどうしても決めきれないなら、まずは・・・

筆者のような馬の骨が言っても何ら説得力は・・・ (2015/04/23)

▲2003年から2008年の間に発売された初代Z4。現行Z4はメタル製ルーフを採用しているので、軽快なソフトトップを望む方は断然コチラがオススメです

2シーターで心とルーフを解き放て

マツダ ロードスターやホンダ S660な・・・ (2015/04/22)

▲数年前と比べて1.5倍ほどの相場になったポルシェ 911のタイプ964。……どうすりゃいいんでしょ?

相場高騰がまったく止まらない空冷911(特にタイプ964)、・・・

空冷ポルシェ 911、特にタイプ964の・・・ (2015/04/21)

▲1999年10月から2006年9月まで販売された初代アウディ TT。クーペの他にロードスターも存在した

5年後、10年後の名車候補、初代アウディ TTを今のうちに!

なぜそうなるのか、そのメカニズムは不詳だ・・・ (2015/04/16)

▲1998年から2007年まで発売されたE46。写真は2002年以降の後期セダン。ヘッドライト下部が流線形になっており簡単に判別可能。トランクも実用的で最もバランスがとれています

コンパクトカーじゃないコンパクトな輸入車が欲しい! そんなア・・・

先日、車選びについてこんな相談をいただき・・・ (2015/04/15)

▲2003年9月から2006年3月までの2年半だけ販売された希少名車(あるいは珍車?)、スマート ロードスター

ホンダ S660登場の裏でスマート ロードスターが絶滅間近に・・・

ホンダ S660の登場に世界中のマイクロ・・・ (2015/04/14)

▲1954年のニューヨークショーにデビューしたメルセデス・ベンツ 300SL。精悍なフロントマスクに銀色のボディ。上方に大きく跳ね上がるガルウイング式ドア、ホイールアーチ上のフィンなどその流麗なスタイリングのすべてが人々の目を奪うものだった。エンジンも量産車としては世界初のガソリン燃料噴射を装着し、215psという当時の3L級としては驚くべきパワーを発揮。最速ファイナルギア装着車では最高速265km/hに達した。同モデルのレース仕様車300SLRは、1955年のミッレ・ミリアでモス/ジェンキンソン組が優勝。シルバーアローの栄光を確固たるものとした

レースでの輝かしい実績とともに ステイタスシンボルとして世界・・・

1954年のニューヨークショーにデビュー・・・ (2015/04/13)

▲日本で一番売れているドイツ車とはまた違う魅力があるのがイタリア車。写真がアルファロメオ 147GTA

ドイツ車乗りの皆さん、新年度はイタリア車への「クラス替え」を・・・

いよいよ新年度である。思えば小学校から高・・・ (2015/04/10)

▲ポルシェ 911として初めて水冷エンジンを搭載した旧々型ポルシェ 911(右)と、ほぼ同時期に販売された2シーターオープンカー初代ボクスター(左)。今やどちらもかなりのお手頃相場だが?

250万円以下でポルシェ 911、150万円以下でボクスター・・・

人間は、こと自分がそれについてかなり詳し・・・ (2015/04/02)

▲まるで映画のスクリーンから飛び出してきたような5代目カマロ。今にもトランスフォームしそうなキャラクターで新しいファン層を獲得。モデル末期なのに人気に衰えが見えない

アメリカンマッスルカーのサクセスストーリーにあやかってみませ・・・

奇跡の復活を果たしたアメリカンマッスルカ・・・ (2015/04/01)

▲「カーセンサーEDGE電子版 4月号」は3月27日より無料配信

カーセンサーEDGE電子版 4月号「今、絶対買いのクルマ」無・・・

2015年3月27日(金)より「カーセン・・・ (2015/03/27)

▲フィアット傘下となり車台はFFになったが、往年のアルファ純血V6エンジンも搭載していた時代のアルファロメオ各車が今回のお題。写真は3.2Lのスペシャルエンジンを積んだ「アルファ156GTA」

絶滅してしまう前に保護せよ!「純血V6アルファ保管計画」

過日、自家用車をルノー メガーヌRSモナ・・・ (2015/03/27)

▲72年にアストンマーティンの経営権がデヴィッド・ブラウンから、カンパニー・ディベロップメンツに移った直後に発表された改良型V8。ノーズやフロントフェンダーに付くエンブレムから“David Brown”の文字が消えたのもこのモデルから。エンジンは、ル・マン用ユニットから発展したV8DOHC。ギアボックスはZFの5速MTが標準で、クライスラーのトークフライト3速ATも選べた。その後77年には高性能版のヴァンテージを復活させ、78年夏にはオープンのボランテも加わり、V8は89年までに2000台以上、ボランテは800台以上生産された

アストンマーティン激動の時代を 生き抜いた名車 Aston ・・・

72年にアストンマーティンの経営権がデヴ・・・ (2015/03/25)

▲先日登場した現行ミニの5ドア仕様。乗ってみると高級感あふれる素晴らしい車だったが

小型車にとって大切な物、それはTシャツ+短パンっぽさ

過日、F55こと現行ミニの5ドア仕様に試・・・ (2015/03/20)

▲エンツォ・フェラーリ最愛の息子の名を冠したディーノ 206GTは67年に発売を開始。V6、2Lとフェラーリとしては小排気量のエンジンを搭載した206GTは、246GTへその座を譲るまでわずか150台ほどしか生産されなかった。ピニンファリーナがデザインした美しいボディは、いまもなお史上最高のフェラーリと称賛する人も少なくない。206GTは246GTに比べホイールベース、全長ともに短く、よりコンパクトな印象。搭載される65度V6 DOHCエンジンは180psのパワーを発揮する。わずか900kgという車重に、ミッドシップというレイアウトは、当時のロードゴーイングカーの常識を覆す素晴らしいハンドリングを実現した

ロードゴーイングカーの常識を覆す運動性能を誇ったディーノ 2・・・

エンツォ・フェラーリ最愛の息子の名を冠し・・・ (2015/03/17)

▲アンリミテッドというのは、型式名「JK」となる現行ジープ ラングラーの5ドア仕様

ジーンズは多少くたびれていた方がいい。そしてジープ ラングラ・・・

過日、都内某所で「ランクル70」とすれ違・・・ (2015/03/16)

▲ガレージ回りの希望は、雨の日でもそのまま家の中に入れるようにということと、車が眺められる書斎を併設させたかったということです。それ以外の部分は、家の外観がありふれていないこと、全体的に生活感を出さないためにモノを見えるところに置きたくなかったので、収納を多くしてほしいとお願いしました。また、家内は料理教室を主宰しているので、たくさんの人が過ごせるキッチン&ダイニングルームを希望しました

夫妻の趣味をバランスさせたガレージライフ

夫妻がお互いのライフスタイルを尊重して家・・・ (2015/03/13)

▲高齢の女性が信号機のない横断歩道を渡ろうとしているのに、一向に止まろうとする気配がない通行車両。大変残念なことではあるが、日本各地で日常的に見られる光景だ

横断歩道で英国製高級車に轢かれそうになったから、わたしはメル・・・

自宅近くに「信号機のない交差点」がある。・・・ (2015/03/13)

▲1965年のトリノショーに、ボディのないシャシーだけのプロトタイプ“P400”を出品。翌66年のジュネーブショーで、ベルトーネデザインの精悍なボディを纏い、スペインで最も勇敢な闘牛の名を冠した“ミウラ”は発表された。発表当初は数台の限定生産を考えていたランボルギーニだが、各方面からの多数のオーダーは、このスーパースポーツの量産を決断させるには充分な数であった。最終的にミウラは66年から73年までの間に約750台が生産された。ミウラに触発されたフェラーリは365GTB/4デイトナを、マセラティはギブリを発表。これによってスーパースポーツの全盛時代に突入したことを付け加えておこう

誰もが憧れたスーパーカーの代名詞 ランボルギーニ ミウラP4・・・

1965年のトリノショーに、ボディのない・・・ (2015/03/10)

▲ファンの間では「R56」という型式名で呼ばれることが多い旧型ミニ。写真はクーパー

先代ミニと矢野顕子さんのビミョーな関係

テレビの画面から矢野顕子さんが唄う某社の・・・ (2015/03/09)

▲筆者が購入したダイキャスト製の戦闘機模型3点。手前からF-15J、F-2B、零式艦上戦闘機

フェラーリ F355には「零戦」あるいは「F-15」のような・・・

過日、1/72スケールの戦闘機ダイキャス・・・ (2015/03/06)

▲敬遠されがちな「旗竿地」の形状を生かし、家族や仲間が趣味を満喫できるガレージハウスを実現

家族との共有を意識したガレージハウス

今回お邪魔したのは、建築家・新沼伸介さん・・・ (2015/03/05)

▲ポルシェの最新SUVである「マカン」の最上級グレードとなる「ターボ」。大変素晴らしい車だったが?

輸入プレミアムSUVと「軍事プレゼンス」の微妙な関係

過日、Dr.Ing.h.c.F.ポルシェ・・・ (2015/03/02)

▲「カーセンサーEDGE電子版 3月号」は2月27日より無料配信

カーセンサーEDGE電子版 3月号「大人のSUV選び」無料配・・・

2015年2月27日(金)より「カーセン・・・ (2015/02/27)

▲過日筆者が取材した1990年式メルセデス・ベンツ 420SELのインパネ周辺。今見ると非常にシブい

メルセデス・ベンツ Sクラス W126型とBMW 3シリーズ・・・

世の中には「最初の全盛期」のようなものを・・・ (2015/02/27)

▲「入れたい」「遊びたい」「休みたい」「眺めたい」が、施主の希望。愛車をいじりたかったので、車の周囲はできるだけ広いスペースをとっている。一度ガレージに入ると滞在時間が長いので、居心地がよい空間という点も意識した。玄関からも眺められるようにしてほしいとお願いをして、仕事が休みの日は、酒を飲みながらずっと愛車を眺めているという。奥さんの生活スペースを2階にしたいという点と、リビング&ダイニングルームは和風テイストにしたいという希望も実現した

趣味のガレージを備える桜の家

今回訪れたM邸には、今までM家を守ってき・・・ (2015/02/26)

▲オフロードタイプの4WDは作業車だった時代に、プレミアムなフルタイム4WD車として誕生した初代レンジローバー

王室にも愛された「砂漠のロールスロイス」

「砂漠のロールスロイス」とはレンジローバ・・・ (2015/02/25)

▲1969年から1984年まで製造されたベータに1973年から追加されたクーペモデル。ランチアがフィアット傘下に入って最初のモデルであり、様々なフィアット社の技術が使用されている。前身のフルヴィアから受け継いだ前輪駆動に組み合わせるエンジンはフィアット124も積んでいた直列4気筒ユニット。サスペンションも128と同じ4独立サスペンションが採用されている。設計チームは旧ランチア時代のスタッフで揃えられていた、非常に珍しいポジションの車。

ランチアの精神が強く残る希少車 ’78 LANCIA BET・・・

1969年から1984年まで製造されたベ・・・ (2015/02/24)

▲こういったビニールパック製品は手で開封するよりハサミで開封した方が美しいと思った筆者だが…

「ふぞろいの車たち」が与えてくれる歓び

「血液型に基づく性格判断」のようなものに・・・ (2015/02/23)

▲もともとAさんはモノを作るのが好きで、じつは板金もできるという。実際に911は現在ボディをレストア中だ。そこで、Aさんの希望はシャッター付きであること、将来的に車幅のある車を入れたときに、車の左右ドアが開けられるスペースがあること、ミニカーを収納する造作をした壁にすることなどが挙げられた。奥様はキッチンを中心とした間取りで、とくにリビングルームとバルコニーを楽しいものにしたいと希望した

夫婦の希望をバランスさせた家

スペースを気にせず、自宅で思い切り洗車や・・・ (2015/02/20)

▲「切手の博物館」で筆者が購入した郵便切手。一部のものは額面より高い金額で販売されている

割高な切手に学ぶ「黄色い車」のプライスレスな価値

過日、東京都豊島区にある「切手の博物館」・・・ (2015/02/20)

▲国産新車の販売では一般的な「値引き」。しかし輸入車の場合は?

登録済み未使用車ならではの「価格的ダイナミズム」を200%味・・・

国産新車の販売および購買活動はある意味「・・・ (2015/02/18)

«新しい記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 || 古い記事へ»