中古車トップ > 日刊カーセンサー > タグ一覧 > EDGEが効いている

EDGEが効いている

«新しい記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 || 古い記事へ»
▲まるで映画のスクリーンから飛び出してきたような5代目カマロ。今にもトランスフォームしそうなキャラクターで新しいファン層を獲得。モデル末期なのに人気に衰えが見えない

アメリカンマッスルカーのサクセスストーリーにあやかってみませ・・・

奇跡の復活を果たしたアメリカンマッスルカ・・・ (2015/04/01)

▲「カーセンサーEDGE電子版 4月号」は3月27日より無料配信

カーセンサーEDGE電子版 4月号「今、絶対買いのクルマ」無・・・

2015年3月27日(金)より「カーセン・・・ (2015/03/27)

▲フィアット傘下となり車台はFFになったが、往年のアルファ純血V6エンジンも搭載していた時代のアルファロメオ各車が今回のお題。写真は3.2Lのスペシャルエンジンを積んだ「アルファ156GTA」

絶滅してしまう前に保護せよ!「純血V6アルファ保管計画」

過日、自家用車をルノー メガーヌRSモナ・・・ (2015/03/27)

▲72年にアストンマーティンの経営権がデヴィッド・ブラウンから、カンパニー・ディベロップメンツに移った直後に発表された改良型V8。ノーズやフロントフェンダーに付くエンブレムから“David Brown”の文字が消えたのもこのモデルから。エンジンは、ル・マン用ユニットから発展したV8DOHC。ギアボックスはZFの5速MTが標準で、クライスラーのトークフライト3速ATも選べた。その後77年には高性能版のヴァンテージを復活させ、78年夏にはオープンのボランテも加わり、V8は89年までに2000台以上、ボランテは800台以上生産された

アストンマーティン激動の時代を 生き抜いた名車 Aston ・・・

72年にアストンマーティンの経営権がデヴ・・・ (2015/03/25)

▲先日登場した現行ミニの5ドア仕様。乗ってみると高級感あふれる素晴らしい車だったが

小型車にとって大切な物、それはTシャツ+短パンっぽさ

過日、F55こと現行ミニの5ドア仕様に試・・・ (2015/03/20)

▲エンツォ・フェラーリ最愛の息子の名を冠したディーノ 206GTは67年に発売を開始。V6、2Lとフェラーリとしては小排気量のエンジンを搭載した206GTは、246GTへその座を譲るまでわずか150台ほどしか生産されなかった。ピニンファリーナがデザインした美しいボディは、いまもなお史上最高のフェラーリと称賛する人も少なくない。206GTは246GTに比べホイールベース、全長ともに短く、よりコンパクトな印象。搭載される65度V6 DOHCエンジンは180psのパワーを発揮する。わずか900kgという車重に、ミッドシップというレイアウトは、当時のロードゴーイングカーの常識を覆す素晴らしいハンドリングを実現した

ロードゴーイングカーの常識を覆す運動性能を誇ったディーノ 2・・・

エンツォ・フェラーリ最愛の息子の名を冠し・・・ (2015/03/17)

▲アンリミテッドというのは、型式名「JK」となる現行ジープ ラングラーの5ドア仕様

ジーンズは多少くたびれていた方がいい。そしてジープ ラングラ・・・

過日、都内某所で「ランクル70」とすれ違・・・ (2015/03/16)

▲ガレージ回りの希望は、雨の日でもそのまま家の中に入れるようにということと、車が眺められる書斎を併設させたかったということです。それ以外の部分は、家の外観がありふれていないこと、全体的に生活感を出さないためにモノを見えるところに置きたくなかったので、収納を多くしてほしいとお願いしました。また、家内は料理教室を主宰しているので、たくさんの人が過ごせるキッチン&ダイニングルームを希望しました

夫妻の趣味をバランスさせたガレージライフ

夫妻がお互いのライフスタイルを尊重して家・・・ (2015/03/13)

▲高齢の女性が信号機のない横断歩道を渡ろうとしているのに、一向に止まろうとする気配がない通行車両。大変残念なことではあるが、日本各地で日常的に見られる光景だ

横断歩道で英国製高級車に轢かれそうになったから、わたしはメル・・・

自宅近くに「信号機のない交差点」がある。・・・ (2015/03/13)

▲1965年のトリノショーに、ボディのないシャシーだけのプロトタイプ“P400”を出品。翌66年のジュネーブショーで、ベルトーネデザインの精悍なボディを纏い、スペインで最も勇敢な闘牛の名を冠した“ミウラ”は発表された。発表当初は数台の限定生産を考えていたランボルギーニだが、各方面からの多数のオーダーは、このスーパースポーツの量産を決断させるには充分な数であった。最終的にミウラは66年から73年までの間に約750台が生産された。ミウラに触発されたフェラーリは365GTB/4デイトナを、マセラティはギブリを発表。これによってスーパースポーツの全盛時代に突入したことを付け加えておこう

誰もが憧れたスーパーカーの代名詞 ランボルギーニ ミウラP4・・・

1965年のトリノショーに、ボディのない・・・ (2015/03/10)

▲ファンの間では「R56」という型式名で呼ばれることが多い旧型ミニ。写真はクーパー

先代ミニと矢野顕子さんのビミョーな関係

テレビの画面から矢野顕子さんが唄う某社の・・・ (2015/03/09)

▲筆者が購入したダイキャスト製の戦闘機模型3点。手前からF-15J、F-2B、零式艦上戦闘機

フェラーリ F355には「零戦」あるいは「F-15」のような・・・

過日、1/72スケールの戦闘機ダイキャス・・・ (2015/03/06)

▲敬遠されがちな「旗竿地」の形状を生かし、家族や仲間が趣味を満喫できるガレージハウスを実現

家族との共有を意識したガレージハウス

今回お邪魔したのは、建築家・新沼伸介さん・・・ (2015/03/05)

▲ポルシェの最新SUVである「マカン」の最上級グレードとなる「ターボ」。大変素晴らしい車だったが?

輸入プレミアムSUVと「軍事プレゼンス」の微妙な関係

過日、Dr.Ing.h.c.F.ポルシェ・・・ (2015/03/02)

▲「カーセンサーEDGE電子版 3月号」は2月27日より無料配信

カーセンサーEDGE電子版 3月号「大人のSUV選び」無料配・・・

2015年2月27日(金)より「カーセン・・・ (2015/02/27)

▲過日筆者が取材した1990年式メルセデス・ベンツ 420SELのインパネ周辺。今見ると非常にシブい

メルセデス・ベンツ Sクラス W126型とBMW 3シリーズ・・・

世の中には「最初の全盛期」のようなものを・・・ (2015/02/27)

▲「入れたい」「遊びたい」「休みたい」「眺めたい」が、施主の希望。愛車をいじりたかったので、車の周囲はできるだけ広いスペースをとっている。一度ガレージに入ると滞在時間が長いので、居心地がよい空間という点も意識した。玄関からも眺められるようにしてほしいとお願いをして、仕事が休みの日は、酒を飲みながらずっと愛車を眺めているという。奥さんの生活スペースを2階にしたいという点と、リビング&ダイニングルームは和風テイストにしたいという希望も実現した

趣味のガレージを備える桜の家

今回訪れたM邸には、今までM家を守ってき・・・ (2015/02/26)

▲オフロードタイプの4WDは作業車だった時代に、プレミアムなフルタイム4WD車として誕生した初代レンジローバー

王室にも愛された「砂漠のロールスロイス」

「砂漠のロールスロイス」とはレンジローバ・・・ (2015/02/25)

▲1969年から1984年まで製造されたベータに1973年から追加されたクーペモデル。ランチアがフィアット傘下に入って最初のモデルであり、様々なフィアット社の技術が使用されている。前身のフルヴィアから受け継いだ前輪駆動に組み合わせるエンジンはフィアット124も積んでいた直列4気筒ユニット。サスペンションも128と同じ4独立サスペンションが採用されている。設計チームは旧ランチア時代のスタッフで揃えられていた、非常に珍しいポジションの車。

ランチアの精神が強く残る希少車 ’78 LANCIA BET・・・

1969年から1984年まで製造されたベ・・・ (2015/02/24)

▲こういったビニールパック製品は手で開封するよりハサミで開封した方が美しいと思った筆者だが…

「ふぞろいの車たち」が与えてくれる歓び

「血液型に基づく性格判断」のようなものに・・・ (2015/02/23)

▲もともとAさんはモノを作るのが好きで、じつは板金もできるという。実際に911は現在ボディをレストア中だ。そこで、Aさんの希望はシャッター付きであること、将来的に車幅のある車を入れたときに、車の左右ドアが開けられるスペースがあること、ミニカーを収納する造作をした壁にすることなどが挙げられた。奥様はキッチンを中心とした間取りで、とくにリビングルームとバルコニーを楽しいものにしたいと希望した

夫婦の希望をバランスさせた家

スペースを気にせず、自宅で思い切り洗車や・・・ (2015/02/20)

▲「切手の博物館」で筆者が購入した郵便切手。一部のものは額面より高い金額で販売されている

割高な切手に学ぶ「黄色い車」のプライスレスな価値

過日、東京都豊島区にある「切手の博物館」・・・ (2015/02/20)

▲国産新車の販売では一般的な「値引き」。しかし輸入車の場合は?

登録済み未使用車ならではの「価格的ダイナミズム」を200%味・・・

国産新車の販売および購買活動はある意味「・・・ (2015/02/18)

▲356は1948年から製造され、ポルシェの名前を受けて発売された最初のモデル。細かい仕様変更をしながら生産を続け、1955年からをA型、1959年からをB型、1963年からをC型と呼ぶ。A型以前のスピードスターは市場に流通する機会は少なく、見かけるのは約1700台が作られたA型のものとなる。簡素な幌を装備し、よりスパルタンに仕上げられた走りを支持する人は今も多く、中古車市場でも高値で取引されるケースが多い。撮影車両はアメリカにてレストアされた希少な良コンディション車

走る気持ち良さを追求した 世界的に人気のロードスター ’58・・・

356は1948年から製造され、ポルシェ・・・ (2015/02/17)

▲筆者がヤフオクで大人買いした漫画「パタリロ!」。昨年11月に第93巻も出たようですが

パタリロに学ぶ「人を魅了する何か」をもつ往年の名車選び

過日、漫画「パタリロ!」の単行本(1~9・・・ (2015/02/16)

▲1898年からイギリス、ベルギーにて自動車の製造を行ってきたヴァンデン・プラ(現在ブランドは南京汽車とフォードが所有)。同社は第二次世界大戦後に起きた大不況の影響でオースチンに吸収され、1952年にはそのオースチンも巨大自動車グループのBMCの一員に。当時、BMCの主力シリーズであったADO16の高級車バージョンを作る役割を与えられた。そうして1964年に生まれたのが、小さな高級車であるプリンセスだ。他のADO16とは違う高級な仕立てが高く評価され、人気を得る

家族のためのヴィンテージ 辿り着いたのは小さな英国車 ’72・・・

1898年からイギリス、ベルギーにて自動・・・ (2015/02/10)

▲旗状敷地。入口から建物までのアプローチが狭く、奥で広がっている土地。一般的には不便に感じるその土地に建築家が建てた自邸には、自然に囲まれた豊かな空間が広がっていた

人と車と自然が一体となれる家

カーガイの建築家は、どんな家に暮らしてい・・・ (2015/02/05)

▲シルバーシャドウに用意されたサルーンクーペとコンバーチブルモデルを改良し、1971年から発売されたのがこのコーニッシュである。写真のサルーンクーペは1981年、コンバーチブルは1995年まで製造され続けた。製造はマリナー/パークウォード、当時の価格は1万2900ポンド(日本円にして4000万円以上)。最高級のコノリーレザーを使ったシート、もはや芸術品とも呼べるウッドパネルや装飾パーツを多数採用し、購入する「特別な人々」を満足させる豪華な作りが最大の特徴である

マックィーンも愛した華麗なるサルーン ’71 ROLLS-R・・・

シルバーシャドウに用意されたサルーンクー・・・ (2015/02/03)

▲写真はクライスラー 300 SRT8。こういった大柄な車では「ドライビングプレジャー」は味わえないのか?

超絶スムーズドライブで目的地まで送り届ける歓び……艦長系ドラ・・・

過日、縁あってFCAジャパン(フィアット・・・ (2015/02/02)

▲筆者が最近ハマっている陸(おか)っぱりでの海釣り。最初はメガーヌRSでも「釣りグルマ」になると思ったが

最高の道具グルマとは「適度に使いこまれた車」と見つけたり

何事も畳水練(理屈ばかりで実地の訓練が欠・・・ (2015/01/30)

▲いるだけで楽しいと感じる空間を作りたい。とくにガレージを自分の遊び場にしたい……。そんなGさんの思いは、建物内外を彩るアメリカンテイストに表れている。具体的にはアメリカのショップもイメージしたという趣味の空間は、福島さんとともにジックリと時間をかけながら作り上げてきたもの。外壁やシャッターなどの配色へのこだわりや、様々な資料をもとに研究した結果を、福島さんに正確に伝えることで理想的な家が出来上がった

趣味を最優先したオモチャの家

目指すG邸は、東京都足立区の住宅街にあっ・・・ (2015/01/29)

▲「カーセンサーEDGE電子版 2月号」は1月27日より無料配信

カーセンサーEDGE電子版 2月号「EDGE OF THE ・・・

2015年1月27日(火)より「カーセン・・・ (2015/01/27)

▲1972年に発売され、大ヒットとなったルノーの大衆車。フランス語で「5」はサンクと読むため、日本ではそちらで呼ばれることも多い。左右で異なるホイールベース、エンジン縦置き配置のFF車など、特徴的な構造を持っていたが、その性能は世界中から高い評価を得た。また前後に樹脂製バンパーを採用したのもこの5が世界初である。派生モデルにはアルピーヌがプロデュースした93馬力を誇る「アルピーヌ」、WRCでも活躍したミッドシップ後輪駆動の5ターボなどがある

可愛らしいデザイン しかし中身は異端な大衆車 ’83 REN・・・

1972年に発売され、大ヒットとなったル・・・ (2015/01/27)

▲人間の脳が判断するその車の価格と実際の価格にはかなりの差があるかも。写真は旧型ポルシェ 911

ポルシェ 911(997型)が400万円台とは、お釈迦様でも・・・

過日、とある宴席でとある紳士と同席し、車・・・ (2015/01/26)

▲いきなり釣りにハマった筆者。で、まずは安価な初心者用セットをそろえてみたが?

「初心者に最適=安価で手頃なモノ」は本当か?

私事で大変恐縮だが、齢四十ウン歳にしてル・・・ (2015/01/23)

▲まず、ウッディなオーバースライダーを取り付けたいということと、車が2台とオートバイ3台が入る広いスパンの柱のないガレージにしたいということを希望した施主。そのためには、木造に鉄骨を入れて補強する必要があり、これに合わせる設計を松永さんへ依頼したとのこと。そのほか、ピアノを置く位置は決めていたので、それを考慮したプレイルームを作った。ピアノの重量があるので、床も補強も万全とした

空間も動線もストレスフリーの家

訪れたY邸は、東京都昭島市にあった。都心・・・ (2015/01/22)

▲35年の歴史をもつGクラスはメルセデス・ベンツの顔でもある。このフロントマスクも35年間、基本的に変わっていない

メルセデス・ベンツ Gクラス、変わらない価値に乗る

風が強くて強烈に冷え込みそうな冬の日は、・・・ (2015/01/21)

▲1950~60年代、英国で最大規模を誇った自動車メーカーBMCと、エンジニア兼デザイナーであったドナルド・ヒーレーが立ち上げたのがオースチンヒーレー社。活動期間は20年間と短いが100や3000といった軽量スポーツモデルを生産。全モデルともスポーツモデルに精通するヒーレー氏らしい、抜群の走行性能、走る楽しさが与えられ、多くのファンを獲得した。スプライトは1958年から製造され初代をマーク1と呼び、その後マーク5まで進化したオープン2シーターモデル。製造は1971年まで

シンプルだけど奥深い英国ライトスポーツ ’59 AUSTI・・・

1950~60年代、英国で最大規模を誇っ・・・ (2015/01/19)

▲物事には「適量」というものがあると気づくきっかけとなったコンビニで買ったレーズンバターロール

下町のレーズンパンに学ぶ「日本の道路に適切なエンジンパワー」・・・

上の写真のパンは不肖筆者が本日、取材の合・・・ (2015/01/19)

▲埼玉県の中古アルピナ専門店「アウトグランツ」が販売する95年式アルピナB3 3.0/1 EDITION 30。価格は「ASK」ですが、想定価格を聞いてみたら結構お手頃なプライスでありました

強烈なオーラをまとう、古いのにビカビカなスモール高級車のスス・・・

過日、埼玉県のアルピナ専門店「アウトグラ・・・ (2015/01/16)

▲家の外観は、できるだけシンプルなデザインを希望した施主。予算の都合上、内部面積は必要最小限に。そして3台の車を格納できるガレージとカーポート、さらに来客が多いので臨時駐車場としても使える中庭が必要。何しろ車が大好きなので、家のどこにいてもその存在を感じられ、とはいえ心地よい距離感を保てる生活の場というイメージに。設計時は夫婦二人だったので、今後変わっていく家族構成に応じられる自由度が欲しいと希望したそう

家族を繋ぐ空間を大切にする家

神奈川県藤沢市にあるK邸は、南欧のリゾー・・・ (2015/01/15)

▲「007」シリーズに登場が噂されているフィアット500。ジェームズ・ボンドがこれを痛快に乗り回す可能性がある?

007最新作「SPECTRE」に登場するかも? フィアット5・・・

「プロダクトプレイスメント」という言葉を・・・ (2015/01/14)

▲筆者のお気に入りである関越道上り三芳PAの「濃厚チーズソフト」だが、その上に新たなプレミアムソフトが…

走りやビジュアル、存在感的にもグッとくる「誇り高き格安」を選・・・

過日、関越自動車道上りの三芳PAにて「濃・・・ (2015/01/13)

▲エンツォ・フェラーリが強く望み、ベルトーネに在籍したジウジアーロがデザインを行ったスモールGT。小排気量車を作ることでフェラーリ社のイメージが悪くなることを避けるため、別会社に製造権利を譲渡。ASAブランドとして1961年のトリノショーにて発表された。その際のプレゼンはエンツォ自身が行ったという逸話を持つ。フェラーリが生産をした4気筒1032ccエンジンは97馬力。専門家からの評価は非常に高かったが、同カテゴリーのライバルと比較すると割高となったためセールスは不調に終わった

日本では滅多に見られない希少なフェラリーナ ’66 ASA ・・・

エンツォ・フェラーリが強く望み、ベルトー・・・ (2015/01/13)

▲今年1月8日発売のルノー ルーテシア ゼン(0.9Lターボ/5MT)。昨年末行われた試乗会にて

今や「ATだから退屈」という時代ではまったくありません

過日、1月8日(木)に発売となるルノー ・・・ (2015/01/09)

▲巨大な「巣箱」には、純白のアウディ A5クーペが格納されている。鷹の目のようなヘッドランプが、巣箱のイメージとリンクする

急峻な崖面に浮く、巨大な巣箱のようなガレージ付きツリーハウス

崖に建つ宙に浮いたような家がある。そんな・・・ (2015/01/08)

▲2009年にフランクフルト・モーターショーで発表された「ミニ・クーペ・コンセプト」。まさか、このままのスタイルで発売されるとは想像もしなかった

I LOVE MINI! 絶滅ミニ種を総額300万円でサルベ・・・

小さなものの魅力とは何だろう。大きな魅力・・・ (2015/01/07)

«新しい記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 || 古い記事へ»