カマロ(中国)の中古車・中古車情報

簡単お得なネット注文 そのまま自宅に届く!

シボレー カマロ(中国)の中古車

メーカー
車名

モデル・
グレード

年式

地域

市区町村

走行距離

価格
下限なし 上限なし
 

本体色

内装色

※本機能はβ版です

ミッション


5

5

新着順

本体価格

支払総額

年式

走行距離

排気量

車検

修復歴

シボレー カマロ LT RS ワンオーナー インフォテイメント

シボレー

カマロ LT RS ワンオーナー インフォテイメント

クーペ

フロアMTモード付6AT

法定整備付

保証付

本体価格

398.0 万円

支払総額

418.5 万円

Aプラン

430.1万円

Bプラン

432.3万円

[ カーセンサーアフター保証がA/Bプランに付いています ]

保証の種類を表示しています

販売店保証

年式

2015

(H27)

走行距離

1.1

万km

排気量

3600

CC

車検有無

2018(H30)

年10月

修復歴

なし

後で「お気に入り画面」
じっくり比較検討できます!

岡山県

クチコミ評価:5点(3件)

カーセンサーアフター保証取扱店

シボレー カマロ Z28 新車並行 カーボンセラミックロータ

シボレー

カマロ Z28 新車並行 カーボンセラミックロータ

希少すぎる希少車です!サーキットで勝てるカマロを作れとの指令の…

クーペ

フロア6MT

法定整備付

保証付

複数画像2 複数画像3 複数画像4

本体価格

898.0 万円

支払総額

930 万円

Aプラン

960万円

Bプラン

935万円

保証の種類を表示しています

販売店保証

年式

2014

(H26)

走行距離

650

km

排気量

7000

CC

車検有無

2017(H29)

年09月

修復歴

なし

後で「お気に入り画面」
じっくり比較検討できます!

広島県

ボディーショップ カーボックス

CARBOXは実走行のみの販売店!真実・正直がモッ…

クチコミ評価:5点(15件)

カーセンサーアフター保証取扱店

シボレー カマロ Z28 LT-1黒革シート ショットガンマフラー

シボレー

カマロ Z28 LT-1黒革シート ショットガンマフラー

クーペ

フロア4AT

保証無(有償保証あり)

本体価格

199.9 万円

支払総額

---万円

保証の種類を表示しています

販売店保証

年式

1996

(H8)

走行距離

5

万km

排気量

5700

CC

車検有無

2019(H31)

年05月

修復歴

なし

後で「お気に入り画面」
じっくり比較検討できます!

岡山県

クチコミ評価:-

シボレー カマロ スポーツクーペ ハイドロ・ショーカー

シボレー

カマロ スポーツクーペ ハイドロ・ショーカー

クーペ

フロア4AT

緑青

法定整備付

本体価格

応談

支払総額

---万円

保証の種類を表示しています

年式

1995

(H7)

走行距離

8.4

万km

排気量

3400

CC

車検有無

車検整備付

修復歴

なし

後で「お気に入り画面」
じっくり比較検討できます!

広島県

クチコミ評価:-

シボレー カマロ Z28 69カマロ B&Mクイックシフト MSDIGN

シボレー

カマロ Z28 69カマロ B&Mクイックシフト MSDIGN

クーペ

フロア3AT

青黒

保証付

本体価格

応談

支払総額

---万円

保証の種類を表示しています

販売店保証

年式

1969

(S44)

走行距離

不明

排気量

5730

CC

車検有無

車検整備別

修復歴

なし

後で「お気に入り画面」
じっくり比較検討できます!

岡山県

クチコミ評価:-


最初 1 最後
簡単なネット注文で中古車が自宅に届く!期間限定のクルマを探してみよう!

最新情報をお届け!メールマガジン登録

新着中古車やお得な情報をお届けします。今すぐ登録しよう!

カマロの関連情報

カマロの新着クチコミ

クチコミ件数31

かっこよくなりました。 

かっこよくなりました。 
総合評価

4

モデルチェンジをしてかっこよくなったと思います。 乗り心地もよくなったと思います。

アメリカンデザイン

アメリカンデザイン
総合評価

3

この手のクルマは見た目が重視のひとにはおすすめ。実用性がない。

カッコイイ

総合評価

4

良いと思う。

カマロの歴代モデル情報

レースから学んだテクノロジーを投入

前後のデザインが一新されている。フロントバンパー下の開口部が大きくなり、エンジンの冷却性が向上。またボンネットにエアスクープが追加され、空力性能も改善されている。リアはエアロダイナミクスを考慮したスタイルに改められるなど、レースから学んだ技術が用いられている(2014.1)