ロードスター(山形県)の中古車・中古車情報

簡単お得なネット注文 そのまま自宅に届く!

マツダ ロードスター(山形県)の中古車

メーカー
車名

モデル・
グレード

年式

地域

市区町村

走行距離

価格
下限なし 上限なし
 

本体色

内装色

※本機能はβ版です

ミッション


5

5

新着順

本体価格

支払総額

年式

走行距離

排気量

車検

修復歴

マツダ ロードスター S SPECIAL PKG 

マツダ

ロードスター S SPECIAL PKG 

オープン

その他MT

法定整備付

保証付

本体価格

219.0 万円

支払総額

233.6 万円

Aプラン

236.3万円

Bプラン

237.6万円

保証の種類を表示しています

ディーラー保証

年式

2015

(H27)

走行距離

2.3

万km

排気量

1500

CC

車検有無

2018(H30)

年06月

修復歴

なし

後で「お気に入り画面」
じっくり比較検討できます!

マツダ ロードスター 1.8 VS 本革シート BOSE DVDナビ

マツダ

ロードスター 1.8 VS 本革シート BOSE DVDナビ

おかげさまで23周年!!大創業祭開催中です!!是非この機会にご…

オープン

フロア4AT

青M

複数画像2 複数画像3 複数画像4

本体価格

39.8 万円

支払総額

54.8 万円

Aプラン

59.3万円

Bプラン

59.6万円

[ ホンネ予算相談可 ]

保証の種類を表示しています

年式

2001

(H13)

走行距離

5.6

万km

排気量

1800

CC

車検有無

2018(H30)

年05月

修復歴

なし

後で「お気に入り画面」
じっくり比較検討できます!

マツダ ロードスター 2.0 RS 

マツダ

ロードスター 2.0 RS 

オープン

フロア6MT

保証付

本体価格

108.0 万円

支払総額

---万円

保証の種類を表示しています

販売店保証

年式

2005

(H17)

走行距離

4.6

万km

排気量

2000

CC

車検有無

車検整備別

修復歴

なし

後で「お気に入り画面」
じっくり比較検討できます!

マツダ ロードスター 1.8 VS 

マツダ

ロードスター 1.8 VS 

オープン

フロア4AT

法定整備付

保証付

本体価格

49.6 万円

支払総額

69.7 万円

保証の種類を表示しています

販売店保証

年式

2002

(H14)

走行距離

11.9

万km

排気量

1800

CC

車検有無

車検整備付

修復歴

なし

後で「お気に入り画面」
じっくり比較検討できます!

山形県

クチコミ評価:5点(3件)

カーセンサーアフター保証取扱店

NEW 9/20

本体価格

32.0 万円

支払総額

---万円

保証の種類を表示しています

年式

2000

(H12)

走行距離

13.7

万km

排気量

1600

CC

車検有無

車検整備別

修復歴

なし

後で「お気に入り画面」
じっくり比較検討できます!


最初 1 最後
簡単なネット注文で中古車が自宅に届く!期間限定のクルマを探してみよう!

最新情報をお届け!メールマガジン登録

新着中古車やお得な情報をお届けします。今すぐ登録しよう!

ロードスターの関連情報

ロードスターの新着クチコミ

クチコミ件数350

日本が誇るネオヒストリック

日本が誇るネオヒストリック
総合評価

3

色褪せないスタイル。オープンカーであること。FRで運転が楽しい。開閉式のヘッドライトも味があり気に入っていた。荷重移動がわかりやすく車の挙動をつかみやすく、電子制御もないので運転を覚えるのに最適であ…

絶品オープン

絶品オープン
総合評価

5

オープンカーの魅力はこのロードスターが教えてくれました。後にいろいろなオープンカーにも試乗しましたが初代マツダロードスターに勝てるようなモデルは私には見つけることができませんでした。今でも程度の良い…

ライトウエイトスポーツカーの手本

ライトウエイトスポーツカーの手本
総合評価

4

フロントライトのリトラクタブルライトも含め、これから2度と作れないであろう唯一無二の存在。 マツダのこだわりをもった人達が作った魂の宿ったクルマ。 ずっと乗っていても飽きることのない稀有なクルマ。

ロードスターの最新モデル情報

「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目

世界中でムーブメントを起こしたライトウェイトオープンスポーツの4代目。マツダ独自の「スカイアクティブ技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)」が採用されている。前後50:50の重量配分や重心高の低減によって、軽快なドライブフィールを追求。低く短いフロントオーバーハングと人を中心に配置したコンパクトなキャビンによって、乗る人の姿が引き立つ美しいプロポーションが目指されている。搭載するのは、最高出力131ps/最大トルク150N・mを発生する、新開発の直噴1.5Lガソリン「スカイアクティブ-G 1.5」。エントリーグレードは6MT、上級グレードは6MTと6ATが選択できる。座ったまま片手でも開閉しやすいソフトトップが採用されるなど、オープンカーとしての利便性も向上している(2015.5)