ロードスター(山形県)の中古車・中古車情報

マツダ ロードスター(山形県)の中古車

メーカー
車名

モデル・
グレード

年式

地域

市区町村

走行距離

価格
下限なし 上限なし
 

本体色

内装色

※本機能はβ版です

ミッション


4

4

新着順

本体価格

支払総額

年式

走行距離

排気量

車検

修復歴

マツダ ロードスター 1.5 S スペシャルパッケージ 

マツダ

ロードスター 1.5 S スペシャルパッケージ 

オープン

フロア6MT

法定整備付

保証付

本体価格

210.0 万円

支払総額

224.6 万円

Aプラン

225.2万円

Bプラン

225.7万円

保証の種類を表示しています

ディーラー保証

年式

2015

(H27)

走行距離

2.3

万km

排気量

1500

CC

車検有無

2018(H30)

年06月

修復歴

なし

後で「お気に入り画面」
じっくり比較検討できます!

山形県

クチコミ評価:-

マツダ ロードスター 2.0 VS RHT HDDナビ ETC スマートキー GPS

マツダ

ロードスター 2.0 VS RHT HDDナビ ETC スマートキー GPS

◇当店以外で購入される場合は陸送費等、別途費用が発生致します◇…

オープン

フロアMTモード付6AT

銀M

保証付

複数画像2 複数画像3 複数画像4

本体価格

169.8 万円

支払総額

184.8 万円

Aプラン

187.8万円

Bプラン

186.8万円

[ ホンネ予算相談可 ]

保証の種類を表示しています

販売店保証

年式

2009

(H21)

走行距離

2.7

万km

排気量

2000

CC

車検有無

2018(H30)

年01月

修復歴

なし

後で「お気に入り画面」
じっくり比較検討できます!

マツダ ロードスター 2.0 RS /柿本マフラー

マツダ

ロードスター 2.0 RS /柿本マフラー

オープン

フロア6MT

法定整備付

保証付

本体価格

90.0 万円

支払総額

107.5 万円

Aプラン

110.5万円

Bプラン

108.6万円

保証の種類を表示しています

ディーラー保証

年式

2006

(H18)

走行距離

7.2

万km

排気量

2000

CC

車検有無

車検整備付

修復歴

なし

後で「お気に入り画面」
じっくり比較検討できます!

マツダ ロードスター SP 

マツダ

ロードスター SP 

オープン

その他AT

法定整備付

保証付

本体価格

89.0 万円

支払総額

103.3 万円

Aプラン

103.9万円

Bプラン

104.4万円

保証の種類を表示しています

ディーラー保証

年式

2004

(H16)

走行距離

3.8

万km

排気量

1600

CC

車検有無

車検整備付

修復歴

なし

後で「お気に入り画面」
じっくり比較検討できます!


最初 1 最後
加入しておいてよかったー! カーセンサーアフター保証  加入者の声 詳しくはコチラ

最新情報をお届け!メールマガジン登録

新着中古車やお得な情報をお届けします。今すぐ登録しよう!

ロードスターの関連情報

ロードスターの新着クチコミ

クチコミ件数348

クルマってこんなに楽しかったんだ!

クルマってこんなに楽しかったんだ!
総合評価

5

世間一般的には2シーターオープンカーは敷居が高いと思われるかもしれませんが、この第二世代(NB型)ロードスターは、恐ろしく楽しめる趣味車の割には2017年現在が底値かもしれません。 一生乗るとまで…

車とはなんぞや?が学べます。 運転が上手くなりたい人に。

車とはなんぞや?が学べます。 運転が上手くなりたい人に。
総合評価

4

とてもプリミティブな車です。 機械自体の精度はそれほど高くないと感じます。 それ故に、乗り手の愛情が端的に現れます。 良く手入れしてやると答えてくれます。 油脂類は良い物を定期的に交換して下さい。 …

車好きにとっては100点の車

車好きにとっては100点の車
総合評価

5

ロードスターシリーズは2017年で誕生から26年目になり、世界で一番売れているツーシーターオープンとしてギネス記録を更新し続けています。 楽しさは言葉や数値で示すことはできませんが、ロードスターの…

ロードスターの最新モデル情報

「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目

世界中でムーブメントを起こしたライトウェイトオープンスポーツの4代目。マツダ独自の「スカイアクティブ技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)」が採用されている。前後50:50の重量配分や重心高の低減によって、軽快なドライブフィールを追求。低く短いフロントオーバーハングと人を中心に配置したコンパクトなキャビンによって、乗る人の姿が引き立つ美しいプロポーションが目指されている。搭載するのは、最高出力131ps/最大トルク150N・mを発生する、新開発の直噴1.5Lガソリン「スカイアクティブ-G 1.5」。エントリーグレードは6MT、上級グレードは6MTと6ATが選択できる。座ったまま片手でも開閉しやすいソフトトップが採用されるなど、オープンカーとしての利便性も向上している(2015.5)