サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴
トップ >> 人気車購入ガイドトップ >> マツダ ユーノス ロードスター バイヤーズガイド 06.01.26 UP DATE
人気車購入ガイド
海外メーカーにも影響を与えた「人馬一体」を具現化するオープン2シーター。軽快な走りこそ最大の魅力
マツダ ユーノス ロードスターのモデル概要 |  マツダ ユーノス ロードスターのバイヤーズガイド | マツダ ユーノス ロードスターのモデル変遷 |

マツダ ユーノス ロードスター バイヤーズガイド

日本 生産期間:1989(H1)~1997(H9)年
マツダ ユーノス ロードスターのカタログを見る マツダ ユーノス ロードスターを中古車で探す

マツダ ユーノス ロードスターの狙い目グレード

100万円でお釣りがくるオープン初心者にオススメ
 オープン2シーターとして記録的な販売台数を記録したロードスターだけに、現在の中古車市場における流通量も豊富。価格面では1.6Lエンジンの前期型が最も安く、1.8Lになると多少だが価格が上がる。とはいえ全体に低価格で流通しているのが現状だ。そのなかでも限定車が狙い目だ。R、S、VRの3リミテッドは高値だが、それ以外の限定車なら通常モデルと変わらない価格帯で購入できる。
マツダ ユーノス ロードスター フロントスタイル ←ロードスターを探すならます特別仕様車をチェック。本革シートのVスペシャルは流通量も多く、安い!

マツダ ユーノス ロードスターの購入時のチェックポイント

オープンカーの宿命、幌の状態をチェック
 オープンカーといえども雨の日でも快適に乗りたい。そこでロードスターの中古車を購入する際に、最も重要視しなくてはならないのが幌の劣化だ。幌を開閉するときに曲がるリアサイドの部分はヒビ割れする可能性が高い。またリアスクリーンはビニール製なのでキズがつきやすく、視界の妨げにもなる。ちなみに幌の耐久年数は5~6年で、交換には12万円程の費用がかかることを覚えておこう。

マツダ ユーノス ロードスター インプレッション

絶対的なパワーよりも軽快な走りが大きな魅力
 軽量なボディにレスポンスの良い自然吸気エンジンを搭載するロードスターの走りは痛快。腕に覚えのある人なら、それほど危険のない速度域でもドリフト走行を楽しむことが可能だ。
 軽量でオープンゆえに、ボディ剛性はあまり高くなく、ハイグリップタイヤを履かせると、内装の合わせ目からキシキシと悲鳴を上げはじめる。
 このクルマの楽しみ方は、ベタベタにグリップするタイヤで武装して速く走ることを目指すのではなく、ほどほどのタイヤを履いてクルマの挙動と対話しながらドライビングを組み立てていくのが正解であろう。オープンエアを楽しみながら。
マツダ ユーノス ロードスター 走り
マツダ ユーノス ロードスターのカタログを見る マツダ ユーノス ロードスターを中古車で探す
マツダ ユーノス ロードスターのモデル概要 |  マツダ ユーノス ロードスターのバイヤーズガイド | マツダ ユーノス ロードスターのモデル変遷 |
徹底研究-マツダ ユーノス ロードスター

人気車購入ガイド