「保証があってよかった」と熱く語ってくれたのは今回、トヨタ ノア(初代)を購入した酒井孝和さん。それには理由がある。これまで中古車は3台ほど乗り継いできたが、その故障に泣かされてきたからだ。

中でも「大変だった」というのは、初めて買った中古車だった日産 セドリック。納車直後からパワーウインドウが下がったままになり、直すのに8万円もかかった。その後、さらにミッションにもトラブルが発生し、今度は修理費に30万円オーバー。仕方なく愛車を手放すことになったという。

以来、中古車を買う時はそれまで以上に気を配るようになった。それもあってか、今回の車探しは難航した。

予算は100万円。車種はノアに決めていたが、家族を乗せるため、両側電動スライドドアとWエアコンにこだわった。この条件で状態が良い物件となるとなかなか見つからず、納得できる物件と出会うまでに半年もかかった。

「でも、せっかく良い車を見つけたのに販売店が遠くて実車を見にいくことができず、どうしようかと悩みました。そのことをスタッフに相談すると、気になる箇所の写真を撮ってメールで送ってくれたり、バッテリーなどのトラブルが多い箇所もきちんと交換してくれると約束してくれて。このお店は信頼できると思いましたね」

その販売店の対応によって購入へ前向きになったが、中古車に対する不安は払拭しきれなかったという酒井さん。そんな彼の背中を押したのがカーセンサーアフター保証だった。

「保証範囲は新車のディーラー保証と同じくらい広いし、全国どこでも無料で修理してくれる。今までは実費で直していたし、車が壊れたら買ったお店に持っていっていたので、その内容に驚かされました」とアフター保証が決め手となり購入することにしたという。

そして、購入から3ヵ月が経ったある日。ブレーキランプが点かないという不具合に見舞われた。しかし、保証に加入していたので酒井さんはさほど焦らずに対応できたという。

「販売店に電話を一本入れるだけで、すぐに対応してくれました。買うときに受けた説明どおりだなって感心しましたよ(笑)」

実際に販売店に連絡をしたところ、酒井さんの自宅から近い工場を紹介された。そこでの修理も迅速で、2~3日後には手元に戻ってきた。当然のように修理費は無料。保証の内容や販売店の対応もさることながら、電話から修理までのスピーディーさに驚いたという。

最後に酒井さんは「初めて保証付きの中古車を買いましたが、やっぱり気の持ちようが違いますよ。中古車のイメージが変わりました」と話してくれた。

「近くに住む両親を乗せることがあるから両側スライドドアのミニバンが条件でした」とデザインが気に入ったトヨタ ノアを購入

「近くに住む両親を乗せることがあるから両側スライドドアのミニバンが条件でした」とデザインが気に入ったトヨタ ノアを購入

故障したのはストップランプスイッチだった。「走行自体には問題ありませんでした。でも、このままでは道路は走れないので急いで直しましたよ」

故障したのはストップランプスイッチだった。「走行自体には問題ありませんでした。でも、このままでは道路は走れないので急いで直しましたよ」

子どもや両親が夜中でも乗りやすいようにステップをラインストーンでマーキング。「…というのは建前で、自分好みにカスタムしただけです(笑)」

子どもや両親が夜中でも乗りやすいようにステップをラインストーンでマーキング。「…というのは建前で、自分好みにカスタムしただけです(笑)」