サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報ベントレー情報

ベントレー画像

ベントレー情報 - Bentley

イギリス人のウォルター・オーウェン・ベントレーは第1次世界大戦中に航空機エンジンの設計で名を知られるようになり、大戦後には大陸横断用のクルマを設計する。1919(T8)年には自らの名を冠したベントレー・モーターズを設立し、ル・マン24時間レースで5勝するなどの偉業を成し遂げた。しかし経営状態はあまり良くなく、31(S6)年にはロールスロイスに吸収される。その後のベントレー車は、ロールスロイス車とメカを共用する兄弟車となった。98 (H10)年にはVWの傘下に入り、独自の高級化路線を歩んでいる。

ベントレーの人気車種ランキング ベントレーの中古車情報

ベントレー フライングスパー

コンチネンタルGTから独立

コンチネンタルGTをベースとする4ドアサルーンの2代目だが、車名からコンチネンタルが外され独立したモデルとなっている。エクステリアのコンセプトはキープされたが、外側が大きくなったデュアルヘッドライトなど独自性が強調されている。標準17色をはじめ、オプションで100色を超えるボディカラーや、レザーやウッドのインテリアカラーなど、膨大な組み合わせのカラーコンビネーションを選ぶことができる。エンジンは最高出力625ps/最大トルク800N・mを発生する6LのW12ツインターボ。トランスミッションは8速ATが組み合わされる。燃費性能は従来型より13%以上も向上している(2013.6)

ベントレー フライングスパー

ベントレー フライングスパーのフルモデルチェンジ一覧

ベントレー コンチネンタルGTコンバーチブル

コンバーチブルであることを強調

ベントレーを象徴するモデルであるGTCがフルモデルチェンジされると同時に「GTコンバーチブル」へと名前が変更された。従来モデルと同様に、エンジンは最高出力575ps/最大トルク700N・mを発生するW12型ツインターボと、同507ps/660N・mを発生するV8ツインターボの2種類が用意されている。いずれもフルタイム4WDで8速ATが組み合わされる(2013.4)

ベントレー コンチネンタルGTコンバーチブル

ベントレー コンチネンタルGTコンバーチブルのフルモデルチェンジ一覧

ベントレー コンチネンタルGTC

ゴージャスなコンバーチブルの2代目

ベントレーを象徴するコンバーチブルの2代目。3層のファブリックを7本の骨組みで支えるソフトトップが与えられ、高い静粛性を実現している。ルーフはスイッチ操作によって約25秒で開閉が可能。走行中でも時速32km以下ならば操作できる。インテリアのカラーは17種類ラインナップされ、木目パネルも7種類用意されている。エンジンは、最高出力575ps/最大トルク700N・mを発生するW12型ツインターボを採用。トランスミッションは6速ATが組み合わされる。強大なトルクに対応するため、駆動方式は4WDとなる(2011.12)

ベントレー コンチネンタルGTC

ベントレー コンチネンタルGTCのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ