prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

閲覧履歴

日刊カーセンサー|新型車速報から特選車、ドライブスポットまで

中古車トップ > 日刊カーセンサー

注目記事

▲リッド状のボンネットフードと、ソリッドウイングフェイスが備わる次期フリードには、大きな三角窓と細いAピラーが与えられて、視界の良さと運転のしやすさが訴求ポイントに掲げられる

直3ターボもラインナップ? 次期ホンダ フリード

ニューモデルの投入が少ない、谷間の時期を迎えているホンダにとって、今年の国内販売を盛り上げる1台として期待されているのが、次期フリードだ。

新着記事

▲ドコドコドコッ、ビイイイイイ~! という何やら生き物のような鼓動が魅力の0.9L 2気筒エンジンを積むフィアット 500ツインエア。人気のため高値相場が続いてましたが、ついにキましたよ!

ついにキタ! フィアット 500ツインエアの買いタイミング

「待てば海路の日和あり」ではないが、ここまで超絶高値安定できたフィアット 500ツインエア系の中古車相場が、ついに下落方・・・ (2016/05/27)

▲CFRP製の角度調整式ウイングなど多くの専用装備を装着。リアランプには平面で均一に発光するOLEDを採用した

BMW M4GTSは自在に操れる公道のレーシングカーだ

世界限定、たったの700台。だから、およそ2000万円というハイプライスながらすでに完売御礼。日本へはそのうち30台がや・・・ (2016/05/27)

▲大人気のアルファロメオ ジュリエッタとフィアット 500に挟まれて、ある意味「真空地帯」になってしまっているアルファロメオ ミトですが、ちょっと見方を変えればかなり魅力的な選択肢かと!

おトクで甘美な真空地帯、アルファロメオ ミトを見逃すな!

輸入中古車評論家を自称するわたしだが、自慢じゃないがカネはない。いや日々の食事に困窮するほど貧乏しているわけではないが、・・・ (2016/05/27)

▲ファニーなルックスでありながら、ただ可愛いだけでは終わらない実力派でもある現行フィアット パンダ。その13年式に今、お手頃な物件が増えてます!

「初めてのヨーロッパ車」に150万円以下の現行フィアット パンダなんてどうでしょう?

今どき「ヨーロッパ車だからうんぬん」「国産車だからかんぬん」と車の国籍にこだわるのもナンセンスというものでしょう。しかし・・・ (2016/05/26)

▲しっかりとダウンフォースを得て高速走行時の安定感アップに貢献するウイングはタイプRのアイコンのような存在。リアビューを印象づける役割も果たす

新型ホンダ シビックタイプR、パリサロンでサプライズ発表!?

2015年3月のジュネーブショーでワールドプレミアされたシビックタイプR。日本には限定750台が英国から輸入され、同年3・・・ (2016/05/25)

▲ホンダが生み出したピュアスポーツモデルの新型「CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)」

今までのタイプRと一線を画す「シビック タイプR」。各所から感じた“大人の雰囲気”とは?

昨年12月に750台限定で販売されたホンダ シビック タイプR。私は、この車に乗るのがとても楽しみであった。というのも、・・・ (2016/05/24)

▲写真は1970年代製の英国製ライトウェイトスポーツ「MGB」。このシブさを96年式のマツダ ロードスターで凌駕してみようと考えた筆者だったが……

マツダ ロードスターによる「打倒英国旧車」への挑戦!

いきなり私事で恐縮だが、筆者は今年2月に初代マツダ(ユーノス)ロードスターを購入し、そのレストアというかカスタム作業に日・・・ (2016/05/23)

▲高級感を備えた5ドアハッチバックの新型バレーノ。写真は1.0LダウンサイジングターボのXTモデル

高級感を備えたスズキ バレーノは新プラットフォーム採用で乗り心地も抜群だ

スズキは欧州でテストを重ねて作られた2代目スイフト以来現在に至るまで、ハンドリングとシャシーの作り方が素晴らしく向上して・・・ (2016/05/22)

▲カーセンサー・エディターズ・レーシング・クラブ(CERC)としての初陣を飾ったメンバーは、左からカーセンサー本誌デスクの大脇、筆者、そして姉妹誌カーセンサーEDGE編集部員の安島

マツダファン・エンデュランス(マツ耐)第1戦参戦報告【CERC ~編集デスクのロードスター日記~ #07】

時は一月前の卯の花月。杜の都仙台にほど近い宮城県柴田郡村田町にある東北屈指の名門サーキット、スポーツランドSUGOは桜が・・・ (2016/05/21)

▲幼いときから身近にあったクラシックミニ、それは父の車だった。いつしか自分も大人になり、車選びを始めた。そして選んだのは、あのミニ。―父から息子へ、受け継がれる車の物語

父から息子へ、受け継がれたクラシックミニ【輸入車“若者”オーナー見聞録】

父親が長らく乗っていて、自分も幼い頃にその車内で長い時を過ごした思い出の車。それを、成長し運転免許を取ると同時に父から譲・・・ (2016/05/21)

▲今回お邪魔したガッティーナの酒井社長が若いときにやっていたお店のことも知っていたBoseさん。昔話に花が咲きます。それにしても……写真のルノー アヴァンタイムといい、変わった車がたくさんありました!

スチャダラパーBoseが粋なラテン車専門店で、熱い国産車を発見!

日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパーのMC、Boseが中古車情報誌『カーセンサ・・・ (2016/05/20)

▲モデル全体の相場は約190万~約650万円と幅広いが、12~14年式の320iおよび320d系は車両価格250万円付近で狙えるようになってきた現行BMW 3シリーズ。その「お買い得度」を考えてみます

早くも200万円台となった現行BMW 3シリーズ。…それって本当に「買い」ですか?

現行BMW 3シリーズおよび3シリーズツーリングの初期モデルが今、妙に安くなっている。具体的には車両価格で200万円台半・・・ (2016/05/20)

▲街道沿いに建つK邸は、周囲の雰囲気とはかけ離れた異彩を放つ存在。まるで童話の世界から飛び出してきたかのような建物は、内部までこだわり抜いた造形をもっていた

石造り風のガレージハウスは南仏のリゾート地をイメージ【~edge HOUSE~】

子供の頃、童話に出てくるような家に住みたいと思っていた。 (2016/05/19)

▲2015年の上海ショー同様、コンパニオンの禁止が打ち出された北京ショーを象徴する1枚。女性モデルの肌の露出は控えめ

北京国際モーターショーに登場した注目の日本車たち

2016年4月29日~5月4日にかけて、中国国際展覧センターで開催された北京国際モーターショー2016。公序良俗に反する・・・ (2016/05/19)

▲3年連続ミニバン販売台数1位を獲得した日産 セレナ! シンプルなデザインも魅力の一つ!

3年連続ミニバン販売台数No.1となった日産 セレナが今、圧倒的に買い!?

2011年~2013年まで3年連続でミニバンの販売台数1位となった現行型日産 セレナ(8人乗り、排気量2000㏄)の平均・・・ (2016/05/19)

▲リッド状のボンネットフードと、ソリッドウイングフェイスが備わる次期フリードには、大きな三角窓と細いAピラーが与えられて、視界の良さと運転のしやすさが訴求ポイントに掲げられる

直3ターボもラインナップ? 次期ホンダ フリード

ニューモデルの投入が少ない、谷間の時期を迎えているホンダにとって、今年の国内販売を盛り上げる1台として期待されているのが・・・ (2016/05/18)

▲1983年から92年まで発売された2代目のゴルフ。初代からデザインやコンセプト、基本性能を受け継ぎ、さらに進化させたその実力は世界中から実用車のベンチマークと絶賛された。故徳大寺氏が当時の日本車と比べて、その質感、走りを絶賛したことでも広く知られている。その実力は現代でも十分通じ、今なお国内外に多くのファンを抱えている。カントリーやジェッタ、シロッコといった派生モデルも多数用意されていた

’91 VOLKSWAGEN GOLF GLi【~名車への道~】

1983年から92年まで発売された2代目のゴルフ。初代からデザインやコンセプト、基本性能を受け継ぎ、さらに進化させたその・・・ (2016/05/17)

▲電気自動車の代表格、日産 リーフ。燃料費を安く抑えられるところが最大の魅力です!

燃費なんてどれがいいのかわからない! それならいっそ電気自動車、日産 リーフはいかが?

公共交通機関の発達した大都市圏に住んでいない限り、車は通勤や日々の買い物など、日常生活を送るのにかかせないもの。となると・・・ (2016/05/17)

▲程良く新しく、でも汚れや小キズが過剰に気になるほど新しくはない。そして使い勝手も走りもともに上々ということで、中古のミニ クロスオーバーは今、道具グルマとして最高にオススメなんです!

「使えて、おしゃれ」な道具グルマが欲しい? ならばオススメは中古のミニ クロスオーバー!

以前、釣り車評論家(?)として活動していた際にしばしば言っていたのが「釣り車には新車ではなく中古車を、それもさほど高額で・・・ (2016/05/16)

▲ホンダならではの技術が投入されたエコカー「インサイト」。5人乗り5ドアハッチバックのハイブリッド車です(写真は2009年のフルモデルチェンジ直後)

ハッチバック×ハイブリッド界の大穴!? ホンダ インサイト(2代目)が超安いのにカッコいい

ハッチバック×ハイブリッドの車を狙っている人は、多くいらっしゃると思います。軽自動車は小さすぎるけれど、ミニバンほど大き・・・ (2016/05/16)

購入サポート

失敗しない中古車購入の方法
購入前に必要な知識から、販売店に行く際や商談する時に役立つ情報まで完全網羅! 中古車購入のバイブルです。

中古車購入の流れを知ろう

中古車の購入は、事前に必要書類を集めておけば、とってもスムーズ。流れを知って、ダンドリよく購入しましょう。

困ったときの自動車Q&A
自動車、中古車の購入にまつわる疑問、質問から、カーセンサーネットの使い方まで、わかりやすく説明します。

自動車なんでも用語集

自動車の専門用語から、装備・機能・車の購入・カーセン サーnetの機能に関する用語まで、わかりやすく説明します。

渋滞ができる法律相談所
自動車購入にまつわるトラブルを法律的な観点から弁護士がアドバイス。契約時から購入後のカーライフ全般までQ&A形式でわかりやすく解説します。

カーセンサーアフター保証ガイド

万が一、車の調子が悪くなっても、保証範囲内なら修理費は0円!購入後の不安を安心に変えるカーセンサーアフター保証をわかりやすく説明します。