407SW(プジョー)の車カタログ(新車・新車情報)

プジョー 407SW

2005年6月~2010年12月生産モデル

最新モデルのクチコミの総合評価

4.0

  • デザイン:4.2
  • 走行性:3.8
  • 居住性:3.6
  • 運転しやすさ:3.6
  • 積載性:3.8
  • 維持費:2.8

クチコミ件数 5件 | ステーションワゴンランキング62

新車時価格380〜486万円

中古車平均価格40.1万円

ネコ科のようなアグレッシブなマスクが特徴

日本では2005(H17)年5月から販売開始された最上級シリーズの407。外観はフロントに大きなラジエターグリルをもつアグレッシブなものになり、全高は低めながらボディサイズはひと回り大きい堂々としたステーションワゴンとなった。日本仕様車のインテリアは全車にHDDナビを標準装備したため、本国仕様とは異なる専用のインパネデザインを採用。エンジンは2.2Lの直4と3LのV6の2機種で、2.2L車はZF製の電子制御4速ATと、3L車はアイシン製の電子制御6速ATと組み合わされる。いずれもマニュアル操作が可能なシーケンシャルタイプだ。(2005.5)

基本スペック

全長
4.78m

全高
1.51m

全幅
1.84m

最高出力 158~210ps
燃費(10.15モード) 8.0~9.4km/L
燃費(WLTCモード) -km/L
駆動方式 FF
排気量 2230~2946cc
乗車定員 5名

グレードごとに違いのある項目

◯:標準装備 △:オプション装備 -:選択不可、またはディーラーオプション

 
新車時価格 総排気量 トランスミッション
434万円(税込) 2230cc 4AT
486万円(税込) 2946cc 6AT

クチコミ評価

総合評価

4.0

クチコミ件数5

デザイン

4.2

走行性

3.8

居住性

3.6

運転のしやすさ

3.6

積載性

3.8

維持費

2.8

407SWの評価平均
現行のステーションワゴンの評価平均

大きなライオン

総合評価

4

スタイル的にも若い夫婦や子供が小さい人にはいいと思う。パノラミックルーフは喜んでくれるでしょう。 V6の3.0ℓより、4気筒の2.2ℓの方が故障も少なく維持し易いと思いま…

投稿日:2017/09/09

投稿者:てんちゃんさん

猫にしては大きいので、やはりオスのライオンでしょうか。

総合評価

4

プジョー最後(でしょうか?)のV6ですので、大切に可愛がっていこうと思います。こんな乗り味は経験上かつて無く、「ほう、こういうアプローチもあるんだな。」と思わせられるサス…

投稿日:2014/11/03

投稿者:まささん

乗り心地がよい

総合評価

4

走行が荒く安定はしていない。その分使いこなせたらかなりいい車かと。運転しがいがある。

投稿日:2013/03/28

投稿者:fortuneさん

このモデルの中古車

モデル一覧

2005年6月~2010年12月生産モデル

ネコ科のようなアグレッシブなマスクが特徴

中古平均価格40.1万円

よく比較される車種

BMW

3シリーズツーリング

424〜872万円

総合評価

4.2

アウディ

A4アバント

387〜740万円

総合評価

4.3

フォルクスワーゲン

ゴルフ

240.5〜599.9万円

総合評価

4.1

メルセデス・ベンツ

Cクラスワゴン

419〜962万円

総合評価

4.2

BMW

3シリーズ

388.5〜879万円

総合評価

4.2

新車時価格はメーカー発表当時の価格です。また基本情報など、その他の項目についてもメーカー発表時の情報に基いています。