テーマ(ランチア)の中古車・中古車情報

簡単お得なネット注文 そのまま自宅に届く!

ランチア テーマ(全国)の中古車

メーカー
車名

モデル・
グレード

年式

地域

市区町村

走行距離

価格
下限なし 上限なし
 

本体色

内装色

※本機能はβ版です

ミッション


1

1

新着順

本体価格

支払総額

年式

走行距離

排気量

車検

修復歴

ランチア テーマ 8・32 

ランチア

テーマ 8・32 

 

セダン

フロア5MT

法定整備付

複数画像2 複数画像3 複数画像4

車両本体価格

応談

支払総額

---万円

保証の種類を表示しています

年式

1993

(H5)

走行距離

4.2

万km

排気量

2920

CC

車検有無

2019(H31)

年06月

修復歴

なし

後で「お気に入り画面」
じっくり比較検討できます!

兵庫県

兵庫東部

Classic Car.Jp

海外のレース経験を活かし、クラシックカーの楽しみ方…

クチコミ評価:-

カーセンサーアフター保証取扱店


最初 1 最後
簡単なネット注文で中古車が自宅に届く!期間限定のクルマを探してみよう!

最新情報をお届け!メールマガジン登録

新着中古車やお得な情報をお届けします。今すぐ登録しよう!

テーマの関連情報

テーマの新着クチコミ

クチコミ件数4

エレガントという言葉がぴったりのイタリア車

総合評価

3

官能的なアルファ製V6エンジンの素晴らしさと直進安定性の良さは秀逸です。生産は古い車なのですが2013年現在でも飽きの来ない(古く感じない)デザインというのはすごいことだと思います。

玄人好みの車

総合評価

3

全体的に見ると電装系の弱さや、オーバーヒートの心配がありますあ、国産車では味わえないフィーリングの良さがあります。

走りやすいよ

総合評価

4

走りやすさは普通にいいです 昔のですが大丈夫ですよ

テーマの最新モデル情報

フェラーリエンジン搭載のモデルも設定

サーブとフィアット系3ブランドが共同開発したいわゆるティーポ4計画の一台。1984(S59)年に登場した。エクステリアのデザインはジウジアーロが担当し、直線形状の端正なスタイリングは高級車ランチアの復活を印象づけた。シンプルで上品なインテリアも魅力の一つである。日本へ輸入されたのは2Lの直4DOHCのi.e.、同ターボのターボi.e.、そして2.8LのV6だ。1986(S61)年にはピニンファリーナがワゴン化デザインを担当したステーションワゴンと、かの有名な“テーマ・フェラーリ”が発表された。テーマ・フェラーリは正式名をテーマ8.32と呼び、フェラーリ308クワトロバルボーレ用のV8ユニットをカム角度の変更などのモディファイを施してエンジンルームに押し込んだ、スーパーFFセダンだ。ポルトラナフラウ社製の専用インテリアはマセラティも顔負けの豪華さ。テーマシリーズ自体は1988(S63)年と1993(H5)年にマイナーチェンジを受けており、1988(S63)年は2Lエンジンの16バルブ化、1993(H5)年はアルファ製の3LのV6搭載がニュースであった。(1990.2)