スクラムトラック(マツダ)の車カタログ(新車・新車情報)

マツダ スクラムトラック

2013年9月~生産中

最新モデルのクチコミの総合評価

4.5

クチコミ件数 2件 | トラックランキング8

  • デザイン:3.0
  • 走行性:4.0
  • 居住性:2.5
  • 運転しやすさ:3.0
  • 積載性:4.5
  • 維持費:1.0

新車時価格78.4〜122.1万円

中古車平均価格66万円

クラス最大の荷室容量はそのままに、居住性を向上

OEM元のスズキ キャリイのフルモデルチェンジを受けて14年ぶりに登場した4代目。扱いやすいエンジン、広い荷台、頑丈な車体や使いやすさはそのままに、車体のレイアウトが見直され、居住空間が拡大されている。また、悪路走破性に優れたショートホイールベース仕様となり、小回り性能も向上。さらにR06A型エンジンの採用と50kgの軽量化により、2WD・5MT車の「KCエアコン・パワステ」はJC08モード燃費18.6km/Lを達成している。徹底したサビ対策による長期サビ保証や、新たな貨物車の安全基準である「50km/hオフセット衝突法規」に対応するなど、耐久性能や安全性能も高められている(2013.9)

基本スペック

全長
3.4m

ホイールベース
1.91m

全高
1.77m

全幅
1.48m

最高出力 50ps
燃費(10.15モード) -km/L
燃費(JC08モード) 16.6~19.8km/L
燃費(WLTCモード) -km/L
駆動方式 4WD/FR
排気量 658cc
乗車定員 2名

グレードごとに違いのある項目(◯:標準装備 △:オプション装備 -:選択不可、またはディーラーオプション)

 
新車時価格
車両重量
JC08モード燃費
性能 燃費基準達成
区分
駆動方式
トランスミッション
安全性能 助手席エアバッグ
84.5万円(税込) 92.7万円(税込) 99.4万円(税込) 107.6万円(税込) 102.1万円(税込) 113.9万円(税込) 122.1万円(税込)
690kg 700kg 730kg 740kg 740kg 740kg 740kg
19.8km/L 17.2km/L 19.6km/L 17.0km/L 19.6km/L 19.6km/L 17.0km/L
H27年度燃費基準
+5%達成車
H27年度燃費基準
達成車
H27年度燃費基準
+5%達成車
H27年度燃費基準
達成車
H27年度燃費基準
+5%達成車
H27年度燃費基準
+5%達成車
H27年度燃費基準
達成車
FR FR 4WD 4WD 4WD 4WD 4WD
5MT 3AT 5MT 3AT 5MT 5MT 3AT
-

クチコミ評価

総合評価

4.5

クチコミ件数 2

デザイン

3.0

走行性

4.0

居住性

2.5

運転のしやすさ

3.0

積載性

4.5

維持費

1.0

スクラムトラックの評価平均
現行のトラックの評価平均

評価の高いレビュー

バイクより天候を気にしなくて良いので便利です。

総合評価

5

コストパフォーマンスに優れている。

投稿日: 2017/09/06

投稿者: くろつーさん

よく比較される車種

閲覧しているクルマから
おすすめのクルマとの
比較ができます。

マツダ

スクラムトラック

2013年9月~生産中

トヨタ

ハイエースバン

2004年8月~生産中

スズキ

エブリイ

2015年2月~生産中

スズキ

キャリイ

2013年9月~生産中

ダイハツ

ハイゼットカーゴ

2004年12月~生産中

ダイハツ

ハイゼットトラック

2014年9月~生産中

基本情報

新車価格
中古車平均価格
クチコミ総合評価
ナンバーサイズ
ドア数
シート列数
乗車定員
78.4〜122.1万円 170.6~519.9万円 92.3~142.7万円 66.6~222.4万円 88.2~224.1万円 59.9~235.4万円
66万円 229.4万円 98.7万円 85.8万円 61万円 93万円

4.5

3.9

3.8

4.5

3.6

3.7

- - - - - -
2ドア 4~5ドア 5ドア 2ドア 5ドア 2ドア
- - - - - -
2人 3~10人 4人 2人 2~4人 2人

このモデルの中古車

モデル一覧

2013年9月~生産中

クラス最大の荷室容量はそのままに、居住性を向上

中古平均価格66万円

1999年1月~2013年8月生産モデル

中古平均価格38.8万円

1991年10月~1998年12月生産モデル

中古平均価格16.9万円

このモデルの関連記事

新車時価格はメーカー発表当時の価格です。また基本情報など、その他の項目についてもメーカー発表時の情報に基いています。