サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

マツダ AZ-ワゴンの燃費 | 中古車・中古車情報ならカーセンサーnet

マツダ AZ-ワゴンの燃費・総合情報(歴代のモデル別燃費情報)

JC08モード、10・15モードとは

08年(H20)9月、FMC時の660 XSのフロント

JC0818.422.4km/L ※10・15モード 15.4~23.5km/L

価格 81万円~169万円
排気量 657~658cc

総合評価:3.6 クチコミ数:265

※ 燃費情報は定められた試験条件の下での数値のため、走行条件等により実際の燃料消費率は異なります。

AZ-ワゴン (08年09月~12年10月)の燃費 4代目

マツダ AZ-ワゴン(08年09月~12年10月)

JC0818.422.4km/L ※10・15モード 20~23.5km/L

使い勝手はもちろん快適性もさらに向上

スズキの人気軽ハイトワゴン、ワゴンRのOEM供給を受けてマツダで販売されるのがAZ-ワゴン。中央にバーを配したグリルなどが異なるだけで、基本的な装備や仕様はワゴンRとほぼ同じ。スケルトンクローム仕様のグリルをもつ外観と、黒基調にシルバーやイルミネーションで演出された室内の、個性的なワゴンR スティングレーのOEMモデル、カスタムスタイルも用意される。新プラットフォームなどにより室内はさらに広くなり、室内長は旧型から105mm拡大。前後の乗員距離は140mm拡大している。静粛性も向上され、リアフロアをフラットでステップとフロアの段差をフラットとするなど、快適性も配慮。もちろん、シートアレンジや豊富な収納などの使い勝手もさらなる進化をとげた。(2008.9)

ボディタイプ ハッチバック 最高出力(馬力) 54~64
全長x全幅x全高(mm) 3395x1475x1660/他 駆動方式 FF、4WD
排気量(cc) 658 乗車定員 4、3名

※ 燃費情報は定められた試験条件の下での数値のため、走行条件等により実際の燃料消費率は異なります。

AZ-ワゴンの燃費・トップヘ

AZ-ワゴン (03年10月~08年08月)の燃費 3代目

マツダ AZ-ワゴン(03年10月~08年08月)

10・1517.423.5km/L

プラットフォームを一新し性能を向上

スズキワゴンRが3代目へとFMCしたのに伴って、そのOEM車であるAZ-ワゴンも進化した。プラットフォームを一新したことにより、走行性や乗り心地、静粛性などを向上。同時に室内空間も大幅に広がり、特にヘッドスペース周辺はクラス最大級を実現している。また、スライド量が増したリアシートはダブルフォールディング機能を備えるなど、シートアレンジのしやすさが光る。エンジンは新採用の直噴ターボエンジンを筆頭にNAなど全4タイプを用意。駆動方式はFFと4WD、ミッションはDOHCエンジン搭載モデルが4ATと5MT、ターボエンジン搭載モデルは4ATのみの設定だ。(2003.10)

ボディタイプ ハッチバック 最高出力(馬力) 54~64
全長x全幅x全高(mm) 3395x1475x1635/他 駆動方式 FF、4WD
排気量(cc) 658 乗車定員 4名

※ 燃費情報は定められた試験条件の下での数値のため、走行条件等により実際の燃料消費率は異なります。

AZ-ワゴンの燃費・トップヘ

AZ-ワゴン (98年10月~03年09月)の燃費 2代目

マツダ AZ-ワゴン(98年10月~03年09月)

10・1515.622.5km/L

ボディが拡大し快適さと使い勝手がアップ

人気の軽自動車スズキワゴンRのOEM供給モデル。新軽規格化にともなって全長100mm、全幅80mmボディを拡大し、大人4人が快適に過ごせる居住空間を確保。さらにダブルフォールディング機構のリアシートなどで多彩なシートアレンジが可能で、使い勝手が高められている。エンジンは直3SOHC、同ターボ、直3DOHC、同ターボの4種類。ミッションは5MTもしくは3ATで、RR-Fターボのみ4ATとなる。このRR-Fターボは10mm低い車高に専用バンパー、ボンネットエアスクープなどを装備したスポーティグレードとなる。駆動方式はFFと4WDが用意される。(1998.10)

ボディタイプ ハッチバック 最高出力(馬力) 52~64
全長x全幅x全高(mm) 3395x1475x1640/他 駆動方式 FF、4WD
排気量(cc) 657~658 乗車定員 4名

※ 燃費情報は定められた試験条件の下での数値のため、走行条件等により実際の燃料消費率は異なります。

AZ-ワゴンの燃費・トップヘ

AZ-ワゴン (94年09月~98年09月)の燃費 初代

マツダ AZ-ワゴン(94年09月~98年09月)

10・1515.421.5km/L

エンブレム以外はワゴンRのまま

マツダの多チャンネル化施策で1989(H1)年に誕生したオートザム。そのブランドネームを冠したAZ-ワゴンは大ヒットモデルとなったスズキワゴンRのOEM供給車だ。この両モデルの差はフロントのエンブレムとホイールの程度とごくわずかだ。エンジンはもちろんスズキ製で直3DOHCを全車に搭載。グレードはFFのZGとZX、それにフルタイム4WDのZG-4と計3グレードを設定。それぞれ5MTと3ATを選択することができる。全車にマニュアルエアコンが標準装備され、上級グレードとなるZXには、さらにパワーウインドウやカセットステレオが標準装備となる。(1994.9)

ボディタイプ ハッチバック 最高出力(馬力) 55~64
全長x全幅x全高(mm) 3295x1395x1640/他 駆動方式 FF、4WD
排気量(cc) 657~658 乗車定員 4名

※ 燃費情報は定められた試験条件の下での数値のため、走行条件等により実際の燃料消費率は異なります。

AZ-ワゴンの燃費・トップヘ