サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報ポルシェ情報

ポルシェ画像

ポルシェ情報 - Porsche

ポルシェ社が現在の基礎を築いたのは1947(S22)年。フェルディナント・ポルシェの息子であるフェリーらが中心となってスポーツカーとレーシングカーの開発を手がける会社を興した。48(S23)年にはミッドシップエンジンの356が完成。50(S25))年にはリアエンジンの356の生産が本格的に始まる。その後も様々なスポーツカーをリリース。同時にレースの舞台でも大活躍し、ポルシェの名を世界にとどろかせた。近年では車種展開の拡大に積極的で、2009(H21)年にはポルシェ初の量産4ドア車となる「パナメーラ」がデビューする予定だ。

ポルシェの人気車種ランキング ポルシェの中古車情報

ポルシェ パナメーラ

ポルシェ パナメーラのコメント準備中

ポルシェ パナメーラ

ポルシェ パナメーラのフルモデルチェンジ一覧

ポルシェ 718ケイマン

水平対向4気筒ターボを採用

名前が718ケイマンと改められた2シーターミッドシップスポーツ。エンジンは、最高出力300ps/最大トルク380N・mを発生する2Lと同350ps/420N・mを発生する2.5Lの水平対向4気筒の2種を用意。いずれもターボが装着されたことで、先代モデルより25psの出力向上を果たした。シャシーは快適性の向上とダイナミックなコーナリングを目指し刷新された。ブレーキも強化されたうえ、衝突や追突の衝撃をエアバッグのセンサーが検知し自動ブレーキをかける、マルチコリジョンブレーキシステムが標準装備された。また独自のインフォテイメントシステム、ポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)も新たに採用されている(2016.4)

ポルシェ 718ケイマン

ポルシェ 718ケイマンのフルモデルチェンジ一覧

ポルシェ 718ボクスター

水平対向4気筒ターボを採用した新世代ボクスター

1950年代から60年代にかけて、タルガフローリオやルマンなど数々のレースで優勝を飾った、水平対向4気筒エンジンを搭載したポルシェ718の伝統を継承したモデル。最大の特徴は、水平対向4気筒ターボが採用されたこと。よりパワフルに、そして燃料効率も改善された。ボクスターには、最高出力300psを発生する2Lエンジンが、ボクスターSには、同350psを発生する2.5Lエンジンが採用された。それぞれ先代モデル比+35psのパワーアップを果たしている。トランスミッションは、いずれも6速MTと7速ツインクラッチ式のPDKを用意。大型エアインテークが備わるフロントフェイスなど、デザインも一新された(2016.2)

ポルシェ 718ボクスター

ポルシェ 718ボクスターのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ