サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報フォルクスワーゲン情報

フォルクスワーゲン画像

フォルクスワーゲン情報 - Volkswagen

VWの歴史は、一人のエンジニアの夢から始まった。その名はフェルディナント・ポルシェ博士。ポルシェ博士は1934(S9)年に新しい小型車の構想を完成させ、国民車=フォルクスワーゲンの開発にこぎつける。そのための工場も立ち上がったが、やがて戦火が拡大し、工場は軍用車の生産に追われることになった。真の国民車は戦後になって初めて本格的に生産され、タイプ?(ビートル)の名で世界中にリリースされる。現在のVWもメインは大衆車の生産。その姿勢を保ちつつ、"プレミアム"という新たな価値を創出している。

フォルクスワーゲンの人気車種ランキング フォルクスワーゲンの中古車情報

フォルクスワーゲン ゴルフ

新たなモジュール戦略のもと開発された7代目

1974年の初代発売以来、38年間6世代で2900万台以上が生産されたフォルクスワーゲンの基幹モデル、ゴルフの7代目。同社の新しいモジュール戦略「MQB(フロント部のシステムのいくつかの寸法を決め、ホイールベースやトレッド、ホイールサイズなどをフレキシブルに変更できるプラットフォーム戦略)」を採用した初のモデルとなる。エンジン、サスペンション、高剛性ボディなどをモジュールとして開発することで、機能と性能を格段に向上させながら大幅な軽量化も実現している。エンジンは、1.2Lと1.4Lの直4直噴ターボ。組み合わされるミッションは、いずれもツインクラッチの7速DSGとなる(2013.4)

フォルクスワーゲン ゴルフ

フォルクスワーゲン ゴルフのフルモデルチェンジ一覧

フォルクスワーゲン パサート

輸入車クラストップの低燃費を実現

フォルクスワーゲンの日本におけるフラッグシップモデル。同社が推進するモジュラー戦略「MQB」に基づいて、シャシーやボディ骨格はもちろんエンジンも設計されている。搭載するエンジンは1.4LのTSIユニットで、最高出力は150ps、最大トルクは250N・mを発生。ツインクラッチ式の7速DSGや気筒休止システムの組み合わせなどによって、JC08モード燃費は輸入車ではクラストップとなる20.4km/Lを実現している。また、レーダーとカメラを併用したプリクラッシュブレーキシステムの「フロントアシスト」や、安全な車線移行を助ける「サイドアシストプラス」などの運転支援システムも採用されている(2015.7)

フォルクスワーゲン パサート

フォルクスワーゲン パサートのフルモデルチェンジ一覧

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント

高い環境性能と安全性能を両立させたワゴン

フォルクスワーゲンの代表モデルであるゴルフのステーションワゴンモデル。ABSやESP(横滑り防止装置)、9つのエアバッグなどはもちろん、時速30km未満で作動する緊急ブレーキを含むプリクラッシュブレーキシステム「フロントアシストプラス」が標準装備されている。ワゴンとしての機能も充実しており、ラゲージスペースは標準で650L、後席を畳めば1620Lという荷室容量を確保。エンジンは1.2Lと1.4Lの直噴シングルターボで、ツインクラッチ式の7速DSGが組み合わされる。アイドリングストップ機能のStart/Stopシステムとブレーキエネルギー回生システムが採用され、高い環境性能も実現している。全車がエコカー減税100%の対象となっている(2014.1)

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ