サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報フォルクスワーゲン情報

フォルクスワーゲン画像

フォルクスワーゲン情報 - Volkswagen

VWの歴史は、一人のエンジニアの夢から始まった。その名はフェルディナント・ポルシェ博士。ポルシェ博士は1934(S9)年に新しい小型車の構想を完成させ、国民車=フォルクスワーゲンの開発にこぎつける。そのための工場も立ち上がったが、やがて戦火が拡大し、工場は軍用車の生産に追われることになった。真の国民車は戦後になって初めて本格的に生産され、タイプ?(ビートル)の名で世界中にリリースされる。現在のVWもメインは大衆車の生産。その姿勢を保ちつつ、"プレミアム"という新たな価値を創出している。

フォルクスワーゲンの人気車種ランキング フォルクスワーゲンの中古車情報

フォルクスワーゲン ゴルフ

新たなモジュール戦略のもと開発された7代目

1974年の初代発売以来、38年間6世代で2900万台以上が生産されたフォルクスワーゲンの基幹モデル、ゴルフの7代目。同社の新しいモジュール戦略「MQB(フロント部のシステムのいくつかの寸法を決め、ホイールベースやトレッド、ホイールサイズなどをフレキシブルに変更できるプラットフォーム戦略)」を採用した初のモデルとなる。エンジン、サスペンション、高剛性ボディなどをモジュールとして開発することで、機能と性能を格段に向上させながら大幅な軽量化も実現している。エンジンは、1.2Lと1.4Lの直4直噴ターボ。組み合わされるミッションは、いずれもツインクラッチの7速DSGとなる(2013.4)

フォルクスワーゲン ゴルフ

フォルクスワーゲン ゴルフのフルモデルチェンジ一覧

フォルクスワーゲン ザ・ビートル

初代のフォルムを再現した21世紀のビートル

1938年に生産が開始されたフォルクスワーゲンのタイプ1=初代「ビートル」を、最新の環境技術や安全装備など、現代の車に求められている性能をすべて満たした上で蘇らせたモデルがザ・ビートルである。エクステリアは、ボディ後端まで延長されたルーフラインなど、初代ビートルのサイドシルエットを再現。室内も初代ビートル同様のビートルボックスと呼ばれる収納スペースを再現するなど、初代が築き上げた伝統と文化に対する敬愛が込められている。パワートレインは、高効率なダウンサイジングユニットである1.2LのTSIエンジンとツインクラッチの7速DSGミッションを採用。爽快な走りと優れた燃費性能との両立が図られた。その結果、燃費性能はJC08モードで17.6km/Lを実現している(2012.04)

フォルクスワーゲン ザ・ビートル

フォルクスワーゲン ザ・ビートルのフルモデルチェンジ一覧

フォルクスワーゲン ポロ

クラス水準を超えるクオリティを実現

細部にまでこだわり、妥協を一切排した徹底的な作り込みが施されたエクステリア。インテリアも高い質感とソフトな感触を得たダッシュボードや各スイッチを押したときの節度感が追求された。内外装ともにクラス水準を大きく超える飛躍的進化を遂げている。安全装備は全車にESPが設置されるのをはじめ、ブレーキアシスト、6エアバッグなどが備わる。エンジンは1.4LのDOHCの1種類のみ。これにクラス初となる7速のDSGが組み合わされる。燃費性能の改善も図られ、10・15モードで17.0km/Lを達成。この結果、エコカー購入補助金の対象車となり、車齢13年超の経年車の廃車を伴う買い替えの場合、25万円の補助金を受けることが可能になった。(2009.10)

フォルクスワーゲン ポロ

フォルクスワーゲン ポロのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ