今回、お話を伺ったのは、茨城県在住の村中達郎さん。これまで乗っていたトヨタ ヴィッツが購入12年目を迎え古くなったこともあって、車を買い替えることにした。

狙ったのは、スバル レガシィツーリングワゴン。一時期のステーションワゴンブームの火付け役だった人気車で、以前から乗ってみたかった村中さんはまっさきにこの車が脳裏に浮かんだという。

通勤用に使う車ということもあり、重視したのは「手ごろな値段であること」と「早く買えること」。予算は100万円で、近所の販売店の物件であることを条件にネットで物件を検索した。

そうして、いろんな物件をチェックするうち、気になる車両を発見。さっそく実車を見に販売店へと足を運んだ。

「実際に車を見てみると問題はなさそうだし、“多少不具合があっても安いからいいか”という気持ちだったので、購入することにしました。その商談の際、テーブルに置いてあった下敷きを見て、カーセンサーアフター保証を知ったんです!」

アフター保証に興味を持った村中さんは、その場で販売店のスタッフに保証の内容について質問した。

「詳しく聞くと、対象範囲が広くて、価格もリーズナブル。とても魅力を感じましたが、加入するかはけっこう迷いました(笑)。ただ、これまでの愛車はすべて新車で購入したり知人から譲り受けたりしたもので、中古車販売店で車を買うのは今回が初めて。少し不安を感じていました。だから、アフター保証を付けておこうと思ったんです」

せっかく保証を付けるならと、村中さんは最長の3年間加入。今回の買い物に満足しているという村中さんにアフター保証について伺うと「これまで中古車に保証があることを知りませんでしたが、入って良かったです。アフター保証の魅力は“安心して中古車を買える”こと、これに尽きると思います。次に中古車を買うときもアフター保証を付けたいです」と語ってくれた。

お話を伺った村中さん。「実は、買ってしばらくして不具合が起きたのですが、アフター保証ですぐに直してもらいました。入っていてよかった!」

お話を伺った村中さん。「実は、買ってしばらくして不具合が起きたのですが、アフター保証ですぐに直してもらいました。入っていてよかった!」

購入したレガシィツーリングワゴン。2003年式の旧型で走行距離は約4万7000km。アフター保証付きで総額70万円ていどだった

購入したレガシィツーリングワゴン。2003年式の旧型で走行距離は約4万7000km。アフター保証付きで総額70万円ていどだった