「カーセンサーアフター保証を知ったときは、本当にビックリしました」。今回、トヨタ ポルテ(初代)を購入した春名眞美さんは当時をこう振り返った。

当時、春名さんは自身の車を持っておらず、同居する父親のスバル ドミンゴを共有していた。あちこちに痛みや不具合が目立っていたが、父親がとても気に入っていたため、乗リ続けていたという。

「でも、昨年の夏ごろにセンターデフが故障して走れなくなったんです。修理費で30万円は掛かると言われました。以前のように父が運転することも減ったので、新しい車に買い替えることにしたんです」

春名さんにとって車は日々の移動手段で、絶対に必要なもの。そのため車探しは一刻を争い、とにかく焦ったという。

「新車中古車問わず、近くの販売店を車に詳しい友人とともに1日中、巡りました。そうして日が落ちたころに出会ったのが今回、買ったポルテ。高齢の両親が乗りやすく、家族5人が乗れる車を探していたので“ちょうど良い”と思いました」

すでに外は暗かったため、「物件の外装はよくわからなかったが室内のキレイさが印象的だった」という春名さん。翌日、両親とともに販売店を再び訪れ、物件をきちんとチェックし、その場で購入を決意した。

「アフター保証を知ったのは、この時でした。店員さんに説明してもらい、その充実した内容に驚きました。特にビックリしたのは、対象範囲の広さ。以前まで乗っていたドミンゴは故障が多く、クラッチの修理で20~30万円かかったこともあったんです。でも、アフター保証はいろんな部位をカバーしてくれるので、“この保証があれば安心だ”と感じました。それが加入の決め手ですね」

最後に、アフター保証の印象を春名さんに伺うと「私にとって、車は実用的なものなんです。だから1台に長く乗りたいし、そのためにはこういう保証が必要だと思いました」と答えてくれた。車の故障に悩まされた春名さんだからこそ、この言葉には重みがある。

春名さんが購入したトヨタ ポルテ(初代)は総額70万円。「カーセンサー認定で4点が付けられており、内装がキレイだったのがポイントでした」

春名さんが購入したトヨタ ポルテ(初代)は総額70万円。「カーセンサー認定で4点が付けられており、内装がキレイだったのがポイントでした」

選んだのは最長の3年間プラン。「この車には長く乗りたかったし、3年でも金額が6万円台とリーズナブルだったので迷わず加入しました」

選んだのは最長の3年間プラン。「この車には長く乗りたかったし、3年でも金額が6万円台とリーズナブルだったので迷わず加入しました」

納車から間もなく、純正ナビに不具合が発生。「タッチパネルが反応しなくなったんですが、保証ですぐに直してもらえたのでホッとしました」

納車から間もなく、純正ナビに不具合が発生。「タッチパネルが反応しなくなったんですが、保証ですぐに直してもらえたのでホッとしました」