▲購入したマツダ MPV(現行型)。2008年式、走行距離5万km台の物件で、購入金額は総額で146万円だったという ▲購入したマツダ MPV(現行型)。2008年式、走行距離5万km台の物件で、購入金額は総額で146万円だったという

保証期間が半年で、私にとってはちょうど良かった

今回、マツダ MPV(現行型)を購入したY.Hさん(30代)。当時の様子を、次のように語る。

「それまでは中古で買った三菱 リベロを10年以上乗っていたんです。ただ、子供が生まれて、チャイルドシートを付けるとどうしても2列目シートが手狭になる。車の調子自体はよかったですが、そろそろ買い替え時かなと」

車の買い替えは、およそ10年ぶりだった。条件は「両側電動スライドドア」と「4WD」の2つ。至ってシンプルなものだが、肝心の物件がなかなか見つからなかった。

「最初は総額350万円くらいの予算で新車を探していたんです。でも、これといった車がなかなかなくて……。それなら、中古車で買おうかなと思ったんです」

しかし、中古車に切り替えてもなかなか納得できる物件は見つからなかった。走行距離や年式といった条件もほとんど設けていなかったが、「自宅近く(東京都内)」の物件という条件がネックになったのだ。

「実際に車を見て買いたかったから、自宅から行ける距離にあるお店で探したんです。でも、それがあまり良くなかったようで……カーセンサーnetの新着お知らせメールにも登録しましたが、“お探しの物件は0件です”というメールがよく届きましたよ」

そうこうしている内に2年の歳月が経過。やがてリベロの車検も迫ってきた。

「車の条件は変えられなかったので、検索条件の“地域”を少し広げたんです。どちらかというと4WDは北の方に需要がありそうだから、北関東のお店なら良さそうな物件もあるかと思ったんです」

このYさんの“読み”は当たり、埼玉県の販売店でようやく現愛車を見つけた。内外装の状態は良く、試乗でもそのコンディションの良さを感じさせたという。これは逃す手はないとYさんはその場で購入の意志を固めた。そして商談の時にカーセンサーアフター保証の説明を受けたという。

「アフター保証の存在は車を探していた時に知りました。その時は“カーセンサーでも保証があるんだ”というくらいの印象でした。でも、商談の時に説明してもらった半年プランは良いなと思いました。というのも、今まで乗った車の故障って、どれも半年以内に起きていたんです。だから、この期間を保証してもらえるのは、ありだなって」

納車からまだ日も浅いこともあり、現在まで購入した車に不具合は見られない。だが、Yさんは「保証に入ってよかった」と感じているという。「やっぱり、保証があるのとないのとでは全然違いますからね……」。買ってから半年の間に愛車の故障に見舞われていただけに、その安心感が心強いのだろう。

▲「商談での説明を聞いて、とりあえず半年間だけ付けてみようという感じで加入しました」 ▲「商談での説明を聞いて、とりあえず半年間だけ付けてみようという感じで加入しました」
▲条件のひとつとして挙げていた両側電動スライドドア。「子供も乗り降りしやすそうだし、ある程度大きくなるまではこの車は手放せません」 ▲条件のひとつとして挙げていた両側電動スライドドア。「子供も乗り降りしやすそうだし、ある程度大きくなるまではこの車は手放せません」
▲Yさんが重宝しているというバックモニター。「買う時は意識していなかったんですけど、いざ使ってみると……ホントに便利です」 ▲Yさんが重宝しているというバックモニター。「買う時は意識していなかったんですけど、いざ使ってみると……ホントに便利です」
text&photo/福嶌弘(編集部)