エグザンティア 1993年10月~2001年12月生産モデルのカタログ

生産終了モデル

シトロエン エグザンティア

1993年10月~2001年12月生産モデル

総合評価

3.9

  • デザイン:3.9
  • 走行性:3.5
  • 居住性:4.1
  • 運転しやすさ:3.4
  • 積載性:3.8
  • 維持費:2.2

クチコミ件数 8件 | ハッチバックランキング320

新車時価格264〜419万円

中古車平均価格54.7万円

グランドツーリングカー顔負けの高速安定性

ベルトーネ社による端正なエクステリアデザイン、伝統のロングホイールベースとハイドロニューマチックサス、そしてそこから生み出される秀逸な高速巡航性能など、エグザンティア(向こうではクサンティアと読む)には国際Dセグメントのライバルたちにはない魅力があふれている。1993年のジュネーブショーが正式デビューで、日本へは1994年から導入された。モデルラインナップは、これもシトロエンの伝統ともいえるハッチゲートの付いたセダンモデル(5ドア)に2Lの直4DOHCエンジンと3LのV6DOHCエンジンを搭載する。ワゴンモデルのブレークも後に追加された。サスペンションはハイドロニューマチックに加えて、より進化したハイドラクティブ2が初お目見え。より細やかな電子制御技術により路面状況や車両状態に応じた様々なサスセッティングを可能にしたのが特徴だ。エグザンティアの魅力は、グランドツーリングカー顔負けの高速安定性にある。あくまでフラットで心地よく、さらに直進性も抜群。長距離ドライブで最も疲れにくいクルマの一つと断言していい。(1993.10)

基本スペック

全長
4.45m~4.53m

全高
1.39m~1.4m

全幅
1.76m

最高出力 120~190ps
燃費(10.15モード) 8.5~9.0km/L
燃費(WLTCモード)
駆動方式 FF
排気量 1998~2946cc
乗車定員 5名

マイナーチェンジ一覧

  • 2000年10月~2001年12月生産モデル

    中古車平均価格49.4万円

    特別装備のリミテッド・エディションが登場

    50台限定の「リミテッド・エディション」が登場。グレーにダークブルーのパイピングを施した専用シート、専用ボディカラーのブルーレマンを含む6色のボディカラー、ボディ同色バンパーなどで化粧直しが行われた。こういった特別装備によるグレードアップを図りながらも、価格は据え置かれているのも特徴だった。(2000.10)

  • 1999年10月~2000年9月生産モデル

    中古車平均価格-万円

  • 1998年10月~1999年9月生産モデル

    中古車平均価格60万円

    内外装ともに大幅に変更

    3L V6エンジンを搭載した、V6エクスクルーシブが新たに登場。新フロントマスク、前後ボディ同色バンパー、クリスタルタイプのテールランプ、新ダッシュボード、ウッド調のトリムなど、内外装に大幅な変更が施された。10月には2リッターモデルもマイナーチェンジ。新開発直4DOHCエンジンを搭載、V6モデルと同様のフェイスリフトが行われ、サイドエアバッグなども追加された。(1998.6)

  • 1997年1月~1998年9月生産モデル

    中古車平均価格-万円

    助手席エアバッグを標準装備

    一部改良が行われ、リアガラス上部に装備されていたハッチバックのハイマウントストップランプは、ボディパネルに組み込まれた。運転席に加えて、助手席にもエアバッグを標準装備したことで、安全性能がさらに向上している。(1997.1)

  • 1995年10月~1996年12月生産モデル

    中古車平均価格-万円

    安全性の向上

    一部改良により、衝突時に燃料供給をカットするフューエルロッキングシステムを全グレードに採用した。これにより火災の危険性を最小限に抑えてくれる。「SX」、「V-SX」ともに、ホイール&タイヤサイズを14インチから15インチにインチアップしている。(1995.10)

    • SX

      新車時価格(税抜) 299万円

    • V-SX

      新車時価格(税抜) 339万円

  • 1994年10月~1995年9月生産モデル

    中古車平均価格-万円

    安全性を向上

    前方向からの衝突時に5G以上の力が加った場合、エアバッグが膨らむ前にシートベルトバックルを引き込むプリテンショナー機構付きフロントシートベルトを採用。さらに、4W-ABS(4輪アンチロックブレーキシステム)を装着するなど、全車に安全性の向上が図られた。また、エンジン停止後、一定時間車高が下がらないようにする、コンスタントハイトシステム(車高低下遅延装置)も装備された。外観では、ボンネットフード上にあったエンブレムを、フロントグリル中央に移動している。(1994.10)

    • V-SX

      新車時価格(税抜) 339万円

    • SX

      新車時価格 -万円

  • 1993年10月~1994年9月生産モデル

    中古車平均価格-万円

    グランドツーリングカー顔負けの高速安定性

    ベルトーネ社による端正なエクステリアデザイン、伝統のロングホイールベースとハイドロニューマチックサス、そしてそこから生み出される秀逸な高速巡航性能など、エグザンティア(向こうではクサンティアと読む)には国際Dセグメントのライバルたちにはない魅力があふれている。1993年のジュネーブショーが正式デビューで、日本へは1994年から導入された。モデルラインナップは、これもシトロエンの伝統ともいえるハッチゲートの付いたセダンモデル(5ドア)に2Lの直4DOHCエンジンと3LのV6DOHCエンジンを搭載する。ワゴンモデルのブレークも後に追加された。サスペンションはハイドロニューマチックに加えて、より進化したハイドラクティブ2が初お目見え。より細やかな電子制御技術により路面状況や車両状態に応じた様々なサスセッティングを可能にしたのが特徴だ。エグザンティアの魅力は、グランドツーリングカー顔負けの高速安定性にある。あくまでフラットで心地よく、さらに直進性も抜群。長距離ドライブで最も疲れにくいクルマの一つと断言していい。(1993.10)

    • SX

      新車時価格(税抜) 325万円

    • SX

      新車時価格(税抜) 325万円

    • V-SX

      新車時価格(税抜) 350万円

    • V-SX

      新車時価格(税抜) 350万円

クチコミ評価

総合評価

3.9

クチコミ件数8

デザイン

3.9

走行性

3.5

居住性

4.1

運転のしやすさ

3.4

積載性

3.8

維持費

2.2

エグザンティアの評価平均
現行のハッチバックの評価平均

魔法のじゅうたん

総合評価

4

高速を飛ばす人向け?でも市街地も特に問題はない。 大きすぎず小さすぎずジャストサイズ。 C5以降とは全く違うデザインで、個人的にはクラッシックで好きです。 故障が難点だが…

投稿日:2017/09/13

投稿者:ろくさん63さん

趣味の車です。

総合評価

3

車体が重いことも有り、平坦なところなら良いのだが、ちょっとでも勾配があると、とたんに加速が鈍る。乗り心地は良いのだが、遮音性能が低いため、高速道路で100キロ近くで巡航す…

投稿日:2014/02/06

投稿者:nasさん

乗り心地は良い

総合評価

4

多少の不満はありますが、全体的には良くできたクルマだと思います。

投稿日:2013/03/30

投稿者:ロンさん

このモデルの中古車

モデル一覧

1993年10月~2001年12月生産モデル
初代

1993年10月~2001年12月生産モデル

グランドツーリングカー顔負けの高速安定性

中古平均価格54.7万円

◆メーカーからカタログを探す

◆車種からカタログを探す

◆グレードからカタログを探す

◆車クチコミを見る

◆メーカーから中古車を探す

◆車種から中古車を探す

◆地域から中古車を探す

◆掲載物件の車種から中古車販売店を探す

新車時価格はメーカー発表当時の価格です。また基本情報など、その他の項目についてもメーカー発表時の情報に基いています。