サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

キャデラック セビルの燃費 | 中古車・中古車情報ならカーセンサーnet

キャデラック セビルの燃費・総合情報(歴代のモデル別燃費情報)

JC08モード、10・15モードとは

97年(H9)12月、FMC時のSTSのフロント

10・156.17.1km/L

価格 772万円
排気量 4467~4892cc

総合評価:3.9 クチコミ数:15

※ 燃費情報は定められた試験条件の下での数値のため、走行条件等により実際の燃料消費率は異なります。

セビル (97年12月~04年10月)の燃費 3代目

キャデラック セビル(97年12月~04年10月)

10・156.57.1km/L

世界を意識した高級パーソナルセダン

日本でも人気の高かったセビルが6年ぶりにモデルチェンジ。米国製高級乗用車としては初の右ハンドル車が設定され、日本をはじめとした世界市場を意識したクルマである。注目すべきは、開発当初からアメリカ市場以外でも販売することを念頭においたスタイリング。全体のイメージは先代を踏襲するが、角の取れたスタイリングは洗練さを増している。また、日本においては先代の5mオーバーという全長が物理的心理的障壁となって購入をあきらめるケースが多かったが、このモデルでは日本向け専用設計のバンパーを採用することで競争力のあるサイズを手に入れた。ワイドトレッド化やリアマルチリンクサスなどの採用で運転して楽しい高級FFセダンという評価が与えられている。(1997.12)

ボディタイプ セダン 最高出力(馬力) 279~305
全長x全幅x全高(mm) 4995x1905x1420 駆動方式 FF
排気量(cc) 4564 乗車定員 5名

※ 燃費情報は定められた試験条件の下での数値のため、走行条件等により実際の燃料消費率は異なります。

セビルの燃費・トップヘ

セビル (92年01月~97年11月)の燃費 2代目

キャデラック セビル(92年01月~97年11月)

10・156.17.1km/L

堂々とした風格が魅力の豪華パーソナル

FF(前輪駆動)となったセビルがフルモデルチェンジ。ホイールベースの延長に伴い一回り大きくなったが、従来モデルとは違ったモダンなスタイルが受けて、当初は生産が追いつかないほどの大ヒットとなった。全長5mを超えるボディサイズで比較検討すると、ヨーロッパ車ではメルセデス・ベンツSクラス、BMW7シリーズ、日本車ではトヨタセルシオあたりがライバルとなるが、しなやかな乗り心地を犠牲にすることなくドライバーズキャデラックとしての資質を高め、大柄なセダンながらハンドリングも従来のアメリカ車にはない機敏さを備えていた。(1992.01)

ボディタイプ セダン 最高出力(馬力) 200~304
全長x全幅x全高(mm) 5210x1895x1395 駆動方式 FF
排気量(cc) 4564~4892 乗車定員 5名

※ 燃費情報は定められた試験条件の下での数値のため、走行条件等により実際の燃料消費率は異なります。

セビルの燃費・トップヘ

セビル (89年10月~91年12月)の燃費 初代

キャデラック セビル(89年10月~91年12月)

JC08-km/L

ステータスとなったパーソナルセダン

キャデラックは長年フルサイズの高級セダン&パーソナルクーペを作るメーカーとして名を馳せたが、1970年代前半のオイルショック以降はそういった超大型車の需要が低迷した。その対策として企画されたのがインターミディエートサイズと呼ばれる小型のセダン&クーペであった。GMで言うところのEボディに属するセビル&エルドラドは1986(S61)年から横置きFF(前輪駆動)となり、ボディサイズを抑えながらも室内の広さだけは確保している。ただし、搭載されるエンジンは相変わらずV8OHVで、排気量は4.5Lであった。トランスミッションは4速オーバードライブ付きATのみ。1989(H1)年以降のモデルには可変フロントサスペンションが装備された。(1989.10 )

ボディタイプ セダン 最高出力(馬力) 180
全長x全幅x全高(mm) 4845x1830x1370 駆動方式 FF
排気量(cc) 4467 乗車定員 5名

※ 燃費情報は定められた試験条件の下での数値のため、走行条件等により実際の燃料消費率は異なります。

セビル (89年10月~91年12月)のマイナーチェンジ一覧

セビルの燃費・トップヘ