サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報BMW情報

BMW画像

BMW情報 - BMW

BMWは第1次世界大戦前に生まれた航空機エンジンメーカーのバイエリッシュ・フルークツォイク・ヴェルケ(BFW)が母体となる。BFWは1922(T11)年からバイエリッシュ・モートレン・ヴェルケ(BMW)に改称され、オートバイの製造を皮切りにクルマの本格的な生産に踏み込んでいった。第2次世界大戦の敗戦で経営状態は一時ひっ迫するものの、62(S37)年に登場した1500シリーズの成功で自動車メーカーとしての地位を確固たるものとする。この頃に形成されたFRスポーツサルーンへのこだわりは、今もなお健在だ。

BMWの人気車種ランキング BMWの中古車情報

BMW 3シリーズ

7年ぶりにフルモデルチェンジされた看板車種

初代モデルから卓越した運動性能や高い安全性、快適な居住性能を追求し続け、プレミアムコンパクトスポーツセダンというジャンルを確立させたBMWの看板モデル。現行モデルのパワートレインは、最高出力245ps/最大トルク350N・mを発生する2Lのツインパワーターボエンジンと8速ATとの組み合わせ。またツインスクロールターボや高精度直噴技術、ダブルVANOS、バルブトロニックなど独自の環境技術を採用することで、スポーティなパワーフィールはそのままに、10・15モード燃費は15.6km/Lという優れた燃費性能を実現。全モデルがエコカー減税の対象となった。(2012.1)

BMW 3シリーズ

BMW 3シリーズのフルモデルチェンジ一覧

BMW 3シリーズツーリング

走行性能、スタイリング、機能性の完璧なバランス

3シリーズセダンの走行性能はそのままに利便性の高いカーゴルームを備えたステーションワゴン。ラゲージルームは、先代モデル比+35Lの495Lが確保されている。さらに、リアシートは40:20:40の3分割に倒すことが可能で、ラゲージルームは最大で1500Lとなっている。テールゲートの自動開閉機構であるオートマチックテールゲートオペレーションが採用されるなど、利便性も向上。エンジンは、2L直4直噴ターボのガソリンとディーゼルが用意されている。いずれにも、高効率な8速ATや、エンジンオートスタート/ストップ機能、ブレーキエネルギー回生システムなど優れた環境テクノロジーが採用されている(2012.9)

BMW 3シリーズツーリング

BMW 3シリーズツーリングのフルモデルチェンジ一覧

BMW 7シリーズ

カーボンファイバーの採用によって大幅な軽量化を実現

BMWのフラッグシップセダン。BMWがテーマとする「コンテンポラリー(現代の)ラグジュアリー」の要素である「技術的な革新」「細部に渡る高品質さ」「持続可能性」のすべてを高次元で兼ね備えている。カーボンファイバー強化樹脂を随所に採用したボディ構造「カーボンコア」によってボディ剛性を向上させながら、最大で先代モデル比で130kg軽量化されている。搭載するエンジンは3Lの直6ターボと4.4LのV8ターボ。組み合わされるのは8速ATとなる。また、LEDヘッドライトの2倍の照射距離を実現したBMWレーザー・ライト、ドライバーの手の動きを認識して車載コントロールシステムの操作が可能なジェスチャーコントロールなど、最新の装備が与えられている(2015.10)

BMW 7シリーズ

BMW 7シリーズのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ