サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

日産 シルビアの燃費 | 中古車・中古車情報ならカーセンサーnet

日産 シルビアの燃費・総合情報(歴代のモデル別燃費情報)

JC08モード、10・15モードとは

99年(H11)1月、FMC時の2.0 スペックRのフロント

10・158.812km/L

価格 153万円~285万円
排気量 1809~1998cc

総合評価:3.9 クチコミ数:397

※ 燃費情報は定められた試験条件の下での数値のため、走行条件等により実際の燃料消費率は異なります。

シルビア (99年01月~02年08月)の燃費 3代目

日産 シルビア(99年01月~02年08月)

10・158.812km/L

5ナンバーサイズへダウンサイジング

先代の大型化による不評の反省から、7代目となるシルビアは5ナンバーサイズへ回帰。コンパクトでスタイリッシュなクーペ、というキャラクターを打ち出した。搭載されるエンジンは165ps(AT車は160ps)の2Lの直4DOHC。こちらには5MTと4ATが、また250ps(AT車は225ps)のインタークーラー付きターボには6MTと4ATが用意される。足回りは基本的に先代のS14と同形式ではあるが、ボディ剛性の大幅な向上に加えブレーキシステムの強化、一部にスポーツチューンドサスペンションやヘリカルLSDを採用するなど、FRとしての走りの良さに一層の磨きがかけられた。(1999.1)

ボディタイプ クーペ 最高出力(馬力) 160~250
全長x全幅x全高(mm) 4445x1695x1285 駆動方式 FR
排気量(cc) 1998 乗車定員 4名

※ 燃費情報は定められた試験条件の下での数値のため、走行条件等により実際の燃料消費率は異なります。

シルビア (99年01月~02年08月)のマイナーチェンジ一覧

シルビアの燃費・トップヘ

シルビア (93年10月~98年12月)の燃費 2代目

日産 シルビア(93年10月~98年12月)

10・158.812km/L

性能向上を目指し3ナンバーサイズに移行

大ヒットした先代S13シルビアのコンセプトを受け継ぎ、さらにパフォーマンスの向上を目指して開発されたS14型シルビア。ボディは全幅を拡大して3ナンバーサイズとすると同時に、曲げ方向&ねじり方向の剛性が大幅に高められている。スーパーハイキャスの電動化、ブレーキキャパシティの向上、足回りの最適化などが行われた。また、エンジンは先代と同じ2L直4を搭載するが、最高出力はターボが220ps、自然吸気は160psと出力の向上が図られている。ミッションは5MTと電子制御タイプの4AT。運転席&助手席SRSエアバッグなど安全装備も採用された。(1993.10)

ボディタイプ クーペ 最高出力(馬力) 160~250
全長x全幅x全高(mm) 4500x1730x1290/他 駆動方式 FR
排気量(cc) 1998 乗車定員 4名

※ 燃費情報は定められた試験条件の下での数値のため、走行条件等により実際の燃料消費率は異なります。

シルビアの燃費・トップヘ

シルビア (88年05月~93年09月)の燃費 初代

日産 シルビア(88年05月~93年09月)

JC08-km/L

美しさだけじゃなく走りも楽しいスペシャリティクーペ

先代のS12はアメリカンな雰囲気を感じさせるマッチョなスタイルだったが、5代目となるS13は一転して曲面を重視したスタイリッシュなスタイルとなった。また、小型軽量かつコンパクトなボディ、FRレイアウト、新開発のマルチリンクサスペンションを採用するなど、走りの面でも高いポテンシャルをもつ。グレードは全部で3タイプ。1.8Lの直4ターボエンジンを搭載するK’s、1.8Lの直4を搭載するQ’s、J’sという構成。4輪操舵システム“ハイキャスII ”、リアビスカスLSD、“4WAS”など、走りを重視するユーザー向け装備も充実している。(1988.5)

ボディタイプ クーペ 最高出力(馬力) 135~205
全長x全幅x全高(mm) 4470x1690x1290 駆動方式 FR
排気量(cc) 1809~1998 乗車定員 4名

※ 燃費情報は定められた試験条件の下での数値のため、走行条件等により実際の燃料消費率は異なります。

シルビア (88年05月~93年09月)のマイナーチェンジ一覧

シルビアの燃費・トップヘ