サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報マツダ情報

マツダ画像

マツダ情報 - MAZDA

マツダの前身は1920(T9)年に設立された「東洋コルク工業」で、27(S2)年には「東洋工業」に改称して機械工業へと進出する。31(S6)年には3輪トラックの生産を開始。戦後は3輪トラックの復活に加えて、小型トラックのロンパーや4輪乗用車のR360をリリースした。61(S36)年からロータリーエンジンの本格的な開発を手がけ、67(S42)年には同社初のロータリー車となるコスモスポーツに昇華する。79(S54)年からフォードと資本提携。幾多の経営危機を乗り越え、現在はフォードグループの技術の中枢に位置づけられている。

マツダの人気車種ランキング マツダの中古車情報

マツダ ロードスターRF

ファストバックの美しさとオープンエアの楽しさを両立

マツダ ロードスターをベースに、電動格納式ルーフを採用したリトラクタブルハードトップモデル。RFとは、リトラクタブルファストバックを意味する。ルーフからボディ後端までなだらかに傾斜するラインが特徴的なファストバックスタイルを採りながら、ルーフの展開/格納に応じて開閉するリアウインドウが新しいオープンエア感覚を実現。ファストバックを印象づけるCピラーはオープン時もそのままで、タルガトップのような形状となる。スイッチ操作により約13秒で開閉が可能。エンジンは、ベースモデルの1.5Lより強力な最高出力158ps/最大トルク200N・mを発生する2L直4のスカイアクティブ-G 2.0が搭載される(2016.12)

マツダ ロードスターRF

マツダ ロードスターRFのフルモデルチェンジ一覧

マツダ ロードスター

「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目

世界中でムーブメントを起こしたライトウェイトオープンスポーツの4代目。マツダ独自の「スカイアクティブ技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)」が採用されている。前後50:50の重量配分や重心高の低減によって、軽快なドライブフィールを追求。低く短いフロントオーバーハングと人を中心に配置したコンパクトなキャビンによって、乗る人の姿が引き立つ美しいプロポーションが目指されている。搭載するのは、最高出力131ps/最大トルク150N・mを発生する、新開発の直噴1.5Lガソリン「スカイアクティブ-G 1.5」。エントリーグレードは6MT、上級グレードは6MTと6ATが選択できる。座ったまま片手でも開閉しやすいソフトトップが採用されるなど、オープンカーとしての利便性も向上している(2015.5)

マツダ ロードスター

マツダ ロードスターのフルモデルチェンジ一覧

マツダ スクラム

クラス最大の荷室容量をほこる、仕事に役立つ軽商用車

スズキ エブリイのOEMモデル。軽キャブバンクラストップの荷室サイズ、豊富な収納スペースと高い積載性、優れた燃費性能を特徴とする軽商用車。荷室スペースは、荷室長1910mm(PC、PAグレード、2名乗車時)×荷室幅1385mm(4名乗車時)×荷室高1240mmとなっている。バックドアの開口部も広く、開口部高1165mm×開口部幅1340mmとクラストップとなっている。搭載するエンジンは660ccのNA。ミッションは、5MTとシングルクラッチ式の2ペダルMTである5AGSが用意される。両ミッションとも燃費性能が優れており、前者は減税対象、後者は免税対象となる(2015.3)

マツダ スクラム

マツダ スクラムのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ