サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報三菱情報

三菱画像

三菱情報 - MITSUBISHI

三菱造船が1917(T6)年に三菱A型を完成させたのが同社の4輪車生産の始まり。34(S9)年には「三菱重工業」を設立した。戦後は財閥解体で3社に分割されるが、それぞれで自動車の生産を継続。64(S39)年には3社が再び結集して「三菱重工」を発足し、70(S45)年には自動車部門を独立させて「三菱自動車工業」を設立した。その後はクライスラーやボルボ、ダイムラーなどと資本提携するが、2000年代にはリコール問題で経営危機に陥る。現在は三菱グループの援助を受けて再建中。アウトランダーやアイの開発で、明るい兆しが見えつつある。

三菱の人気車種ランキング 三菱の中古車情報

三菱 デリカD:2

三菱 デリカD:2のコメント準備中

三菱 デリカD:2

三菱 デリカD:2のフルモデルチェンジ一覧

三菱 ミニキャブバン

クラス最大の荷室容量をほこる、仕事に役立つ軽商用車

スズキ エブリイワゴンのOEMモデル。軽キャブバンクラストップの荷室サイズ、豊富な収納スペースと高い積載性、優れた燃費性能を特徴とする軽商用車。荷室スペースは、荷室床面長1910mm(M、Gグレード、2名乗車時)×荷室幅1385mm(4名乗車時)×荷室高1240mmとなっている。バックドアの開口部も広く、開口部高1165mm×開口部幅1340mmとクラストップとなっている。搭載するエンジンは660ccのNAとターボ。ミッションは、NAエンジン車には5MTとシングルクラッチ式の2ペダルMTである5AGS、ターボ車には4速ATが用意される。Mグレードの2WD車、5AGS仕様はJC08モード燃費20.2km/Lを達成している(2015.3)

三菱 ミニキャブバン

三菱 ミニキャブバンのフルモデルチェンジ一覧

三菱 タウンボックス

広さと使いやすさ、低燃費を追求した軽ワンボックス

スズキ エブリイワゴンのOEMモデル。軽乗用車トップとなる2240mmの室内長をはじめ、クラストップとなる室内高1420mm(ハイルーフ車)と室内幅1355mmを実現した軽ワンボックスワゴン。ロングホイールベース化とリアシートスライド量の拡大により、軽キャブワゴンクラストップの前後乗員間距離1080mmを獲得している。フロントシートはベンチシート、リアシートは左右分割式が採用。シートアレンジも多彩だ。搭載するエンジンは660ccターボ。エンジンにあわせ、トルクを最適化させた4ATが組み合わされ、JC08モード燃費はクラストップの16.2km/Lとなる。停車速域衝突被害軽減ブレーキなどを含む安全装備「e-Assist」が全車に標準装備されている(2015.3)

三菱 タウンボックス

三菱 タウンボックスのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ