サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報日産情報

日産画像

日産情報 - NISSAN

1933(S8)年に日本産業と戸畑鋳物の共同出資により自動車製造?が設立され、翌年には社名を「日産自動車」に改称。これが現在の日産の基礎となる。66(S41)年にはプリンス自動車を合併して規模を拡大した。ブルーバードとコロナの競合など、つねにトヨタとトップシェア争いを繰り広げてきたが、90年代に入ると経営状態は徐々に悪化。99(H11)年にはルノーと資本提携し、C・ゴーンCEOの指揮のもとにリバイバルプランを実施した。黒字経営となった現在は、「技術の日産」の復活が期待されている。

日産の人気車種ランキング 日産の中古車情報

日産 エルグランド

駆動方式を前輪駆動に変更

駆動方式を従来のFRからFFに変更。低床化を実現し、走りの性能を向上、さらに燃費性能の向上が図られた。エンジンは旧型と同様の3.5LのV6とティアナなどに搭載される2.5Lの直4の2種類を用意。ミッションは6速マニュアルモード付きのエクストロニックCVT-M6を採用。広いギアレンジと低速域からのロックアップを可能にすることで、優れた燃費性能を実現している。エクステリアは、従来型の押し出しの強さに加え、ロー&ワイドなプロポーションが強調された。インテリアは、Bose社との共同開発によるエルグランド専用の5.1chサラウンドシステム+高精細11インチワイドモニターが用意されるなど、充実の装備が施されている。(2010.8)

日産 エルグランド

日産 エルグランドのフルモデルチェンジ一覧

日産 マーチ

環境性能を大幅に引き上げた4代目

4代目マーチは、丸いヘッドランプやアーチを描くサイドウインドウなどのエクステリアデザイン、多彩なボディカラー、小回り性能、運転のしやすさなど、従来モデルで人気の部分はそのままに、新開発のエンジンとトランスミッションの組み合わせにより、燃費性能が大幅に引き上げられた。全モデル共通となる新たな1.2Lの直列3気筒エンジンは、FF車の上級モデルではアイドリングストップ機構を備え、10・15モード燃費26.0km/Lを達成している。加えてワイドな変速比幅をもつ、副変速機付きの新型エクストロニックCVTが組み合わされたことにより、4WDモデルやアイドリングストップが装備されないモデルも含めて、全車75%のエコカー減税対象となっている。(2010.7)

日産 マーチ

日産 マーチのフルモデルチェンジ一覧

日産 NV350キャラバン

新たにNV350となったキャラバンは高い環境性能を獲得

日産のフラッグシップバンモデルであるキャラバンが、新たにNV350の別名を掲げ11年ぶりに5代目へと進化。NVとは日産のバンであることを、350は3.5トンクラスであることを表現したものとのこと。フラッグシップならではの「堂々として存在感のあるデザイン」に加えて4ナンバー小型商用車でクラストップの荷室長による「広くて使い勝手の良い荷室空間」が実現された。エンジンはクリーンディーゼルテクノロジーが盛り込まれた新開発の2.5Lのディーゼルユニットと2L/2.5Lのガソリンユニットで、組み合わされるミッションはいずれも5速ATとなる。高い環境性能を実現したことで全モデルがエコカー減税の対象となった(2012.6)

日産 NV350キャラバン

日産 NV350キャラバンのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ