中古車トップ > 日刊カーセンサー > タグ一覧 > FF

FF

«新しい記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 || 古い記事へ»
▲PSAグループが開発したディーゼル「BlueHDi」がついに日本にも登場、まずは308と308SW、508と508SWにラインナップされた。1.6Lターボと2Lターボを導入、508には180ps/400Nmを発生する2Lが搭載される

満を持して国内導入となったディーゼルモデル、プジョー 508・・・

508の国内導入が始まったのは2011年・・・ (2017/03/24)

▲ブランドのデザインアイコンが4年ぶりにマイナーチェンジ、内外装が小変更された。また、安全装備やインフォテイメントシステムを充実させたこともポイント

とっても真面目な“遊び”クルマ、フォルクスワーゲン ザ・ビー・・・

丸いヘッドライト、丸いルーフライン、タイ・・・ (2017/03/15)

▲いかにも「ハイソなファミリーの休日」といった感じの写真ですが、実はこのBMW 2シリーズグランツアラー、中古車であれば日産 セレナの新車と似たような予算でも狙えるのです

「BMWのミニバン」も今や国産ミニバン並みの予算でイケるんで・・・

「正直あまり好きではないのだけど、家庭の・・・ (2017/03/11)

▲ホンダは、より将来を見据えたEVの開発を進行中。2020年にリリースされる計画で、このタイミングでホンダは手持ちのシャーシを一新して、エンジン車とEVで共用する考えだ

ホンダの看板車種、アコードがお役御免!?

2015年、八郷体制になるや否や、将来に・・・ (2017/03/07)

▲インテリセーフと呼ばれる10種類以上の安全装備には、歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキシステムをはじめ、道路標識をメーターパネルに表示するRSIや、後向きで車を出す際に左右を監視してくれるCTAなどが備わる

ロングセラーにはワケがある、ボルボ XC60(試乗レポート)

いま世界で一番売れているボルボ、といえば・・・ (2017/03/06)

▲次期カローラのリアビューを予想してみた。ワイド感をもたらす横長コンビランプ、ボディ側面に刻まれる後ろ上がりのプレスラインが、ダイナミックな印象を後押しするに違いない

3ナンバー化へ向けて突き進む次期カローラ

プリウスが口火を切った、「もっといいクル・・・ (2017/02/28)

▲プリウスPHV「A」

TOYOTA、プリウスPHVをフルモデルチェンジ

TOYOTAは、プリウスPHVをフルモデ・・・ (2017/02/15)

▲「マツダ ファミリアバン VE(2WD車)」

マツダ、「ファミリアバン」を一部改良

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、多彩な・・・ (2017/02/09)

▲大ヒットモデルが生まれるとライバルモデルの中古車相場も大きく動きます。2016年末に登場したトヨタ C-HRも、日産 ジュークをはじめとするコンパクトSUVの相場に影響を与えていました!

C-HR登場の影で中古国産コンパクトSUVが買い時に。このチ・・・

新車と違い、中古車には“定価”がありませ・・・ (2017/01/31)

▲JPNタクシーは、法人だけでなく、個人事業者にも売り込まれるだろう。個人タクシーならではの白ボディと青ストライプの姿を、いち早く予想してみた

トヨタ コンフォートシリーズが生産終了? あわせて新型タクシ・・・

トヨタは、ユーザーである事業者に対して、・・・ (2017/01/16)

▲導入以来、国内のルノー車販売の半数を占める人気モデル。6MTと4ATに加え、新たにデュアルクラッチトランスミッション(EDC6速)搭載モデルが追加設定された

走り好きのお父さんがこれまでで最も満足できるルノー カングー・・・

ルノー・ジャポンの基幹モデル!? カング・・・ (2017/01/12)

▲HYBRID U<オプション装着車>

TOYOTA、ヴィッツにハイブリッドグレードを設定 -マイナ・・・

TOYOTAは、ヴィッツをマイナーチェン・・・ (2017/01/12)

▲四角いインテーク付きバンパーが採用されるGRMN。2度目の発売となる今回は、フランスの工場で組み立てられ、国内には200台だけが輸入される

次期ヴィッツGRMNは、ヨーロッパからの帰国子女?

英国ロータスの車にトヨタのエンジンが使わ・・・ (2016/12/18)

▲発電用のエンジンを搭載しているものの、駆動はモーターのみで行う新たなパワートレインを採用した日産 ノートe-POWER

日産 ノートe-POWERは新パワートレインで新時代の走りを・・・

新しいパワートレインを搭載した日産 ノー・・・ (2016/12/16)

▲HS250h特別仕様車“Harmonious Style Edition”<オプション装着車>

LEXUS、HSに特別仕様車“Harmonious Styl・・・

LEXUSは、HS250hに特別仕様車“・・・ (2016/12/15)

▲「マツダ CX-5 XD L Package」

新型「マツダ CX-5」を発表

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、新型『・・・ (2016/12/15)

▲N-WGN Custom 特別仕様車 「ターボ SS 2tone color styleパッケージ」

「N-WGN(エヌ ワゴン)/N-WGN Custom(エヌ・・・

「N-WGN(エヌ ワゴン)」にG特別仕・・・ (2016/12/08)

▲マイナーチェンジによりフロントマスクをはじめエクステリアを変更した、人気のコンパクトハッチバック。グレードも2つ増えて7モデルをラインナップ、さらに選択肢を広げている

マイナーチェンジとは思えないような新しい乗り味のボルボ V・・・

マイナーチェンジはそのモデルの真価が問わ・・・ (2016/11/26)

▲NX300h特別仕様車“Urban Style”

LEXUS、NXに特別仕様車“Urban Style”を設定

LEXUSは、NX300h/NX200t・・・ (2016/11/24)

▲プラットフォームはA3やTTにも用いられている横置きMQBを採用。日本にはFFの1.0TFSI(116ps)と1.4TFSI COD(150ps)を導入予定、7速SトロニックのみでMTは用意されないとのことだ

アウディで最もコンパクトでクーペライクな都会派SUV Q2(・・・

このところ、自動車業界を賑わせているSU・・・ (2016/11/17)

▲Premium Tourer・LOWDOWN特別仕様車 SSネオクラシックレーサーパッケージ(FF)

「N-ONE(エヌワン)」に特別仕様車「SSネオクラシックレ・・・

Hondaは、プレミアムな軽乗用車として・・・ (2016/11/10)

▲ルーミー カスタムG-T <オプション装着車>

TOYOTA、新型車ルーミーならびにタンクを発売 -ミニバン・・・

TOYOTAは、新型車ルーミーを全国のト・・・ (2016/11/09)

▲兄弟車であるジープ レネゲード(左)とフィアット 500X(右)。これまでは少なかった「中古車らしい中古車」が、やっと市場に出てきました!

人気の輸入クロスオーバー車、フィアット 500X & ジープ・・・

都会派の洒落たクロスオーバーSUVとして・・・ (2016/11/01)

▲次期シャトルは、2021年上半期のリリースをにらみ、まだコンセプトの検討が行われている段階だ。そこで浮上しているのが、ジェイドを吸収統合するプランで、低全高3列シート車需要を見切る可能性もある

ホンダ シャトルとジェイドが統合!?

ホンダには、新車で売っている間は不振で一・・・ (2016/10/31)

▲ボンネットフード先端が、低めに設定されてアグレッシブな印象が醸し出される、次期ヴィッツ。お馴染みのキーンルックが踏襲されて、大開口のバンパー内エアインテークが与えられる

次期ヴィッツのデザイン、まもなく決定か

1999年に登場した初代以来、ヴィッツは・・・ (2016/10/26)

▲2Lターボの追加設定と同時にマイナーチェンジが行われ、前後ランプ類やバンパーが新デザインに変わるとの情報あり。セーフティセンスPも新搭載されるだろう

ダウンサイジングターボ、今度はハリアーに搭載

国内ユーザーと営業部門の根強い要望を受け・・・ (2016/10/17)

▲「マツダ デミオ XD Tailored Brown」

「マツダ デミオ」の商品改良車を発表

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「マツ・・・ (2016/10/14)

▲「マツダ CX-3 XD Noble Brown」

「マツダ CX-3」の商品改良車を発表

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、コンパ・・・ (2016/10/14)

▲CX-5の後継モデルとして登場するCX-6には、3列シートが与えられ、ミニバン所有者がターゲットに据えられる。2017年の東京モーターショーで、正式発表される可能性が高い

3列シート需要に応えるCX-6発覚!

現在、マツダ系ディーラーが望んでいるのは・・・ (2016/10/12)

▲インパクトある台形エアインテークと、キーンルックの進化版ともいえそうな薄型ヘッドランプが備わる次期カローラのフロントマスク。3ナンバー化で堂々たる存在感を身につけるだろう

トヨタ カローラ、まさかの3ナンバー化を検討中

トヨタ カローラは、日本のモータリゼーシ・・・ (2016/10/05)

▲3代目となる現行型アクセラスポーツ。筆者が独断と偏見で「ホントは輸入スポーツハッチが欲しい人」にオススメします

ホントは輸入スポーツハッチが欲しいけど予算が追いつかない人へ・・・

▲3代目となる現行型アクセラスポーツ。筆・・・ (2016/09/20)

▲欧州的な落ち着いたテイストを好む大家族には素晴らしい選択肢。これでもまだ、ヴェルファイアやアルファードがいいという人は、そういう趣味ということで

実用性以上にエレガントさが重視された新型ボルボ S90/V9・・・

予想以上でしたわ、新型S90 & V90・・・ (2016/09/17)

▲新型フリード

新型コンパクトミニバン「FREED(フリード)/FREED+・・・

Hondaは、新型「FREED(フリード・・・ (2016/09/16)

▲N-BOX SLASH X・ターボパッケージ

「N-BOX SLASH(エヌボックス スラッシュ)」を一部・・・

Hondaは、個性的かつバリエーション豊・・・ (2016/09/15)

▲ダイハツ初のスペース系軽自動車として誕生したムーヴ。年齢性別を問わず多くの支持を集めています

自動ブレーキ搭載の軽ハイトワゴンを今買うなら、現行型ムーヴが・・・

▲ダイハツ初のスペース系軽自動車として誕・・・ (2016/09/12)

▲クロスオーバー&ペースマンに続き、3ドア/5ドアとクラブマンにディーゼルエンジンを搭載した6グレードを追加。1.5Lターボと2Lターボを用意している(写真はクーパーD クラブマン)

MINI 3ドア/MINI 5ドア/MINI クラブマンに燃・・・

▲クロスオーバー&ペースマンに続き、3ド・・・ (2016/09/09)

▲フィット 13G 特別仕様車 Fパッケージ ファインエディション

「FIT(フィット)」に特別仕様車「FINE EDITION・・・

Hondaは、多彩なシートアレンジによる・・・ (2016/09/08)

▲新開発プラットフォームを使用したホンダのプラグインハイブリッド車の予想イラスト。全長4500mm程度でプリウスと同クラスを想定か

ホンダよ、お前もか。新プラットフォーム2020年に採用

車の基本となるプラットフォームの考え方や・・・ (2016/09/07)

▲HYBRID EX 特別仕様車 STYLE EDITION

「GRACE(グレイス)」に特別仕様車「STYLE EDIT・・・

Hondaは、5ナンバーサイズの扱いやす・・・ (2016/09/01)

▲走りもビジュアルも使い勝手も良好なアルファロメオ アルファGT。その中古車相場はずいぶんお手頃になってきたが、購入前に考えておくべき問題が一つだけある

アルファGTもいよいよU-100万円の世界に突入。だが懸案の・・・

輸入中古車評論家を自称するわたしだが、自・・・ (2016/08/30)

▲プロボックス DX(1.3L・2WD)

TOYOTA、プロボックスならびにサクシードを一部改良 -先・・・

TOYOTAは、プロボックスならびにサク・・・ (2016/08/30)

▲CT200h特別仕様車“Cool Touring Style” <オプション装着車>

LEXUS、CTに特別仕様車“Cool Touring St・・・

LEXUSは、CT200hに特別仕様車“・・・ (2016/08/25)

▲「マツダ アテンザセダン XD L Package」

「マツダ アテンザ」を商品改良

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、デザイ・・・ (2016/08/25)

▲エクステリアはよりシャープさを増しワイド&ローなスタイルが際立つ。そして新たに1.5Lディーゼルターボがラインナップした。(写真右がセダンのアクセラ、左がハッチバックのアクセラスポーツでどちらも新色のマシーングレープレミアムメタリック)

マツダ アクセラ・アクセラスポーツが新技術てんこ盛りでマイナ・・・

現行型である3代目アクセラ(セダン)、ア・・・ (2016/08/24)

▲約1年後に登場する時期N-BOXのルックスを完全再現。キープコンセプトで成功を収めた、現行モデルのイメージが色濃く残される

現行モデルとは似て非なる2代目N-BOX

軽自動車業界に本腰を入れる決意表明のごと・・・ (2016/08/24)

▲ほぼ車両の全幅をカバーする超ワイドサイズヘッドランプを採用し、精悍で前を見据えるような鋭い目つきのデザインが特徴的なトヨタ SAI(現行・後期型)

「プリウスは見飽きた」方から「真木よう子に口説かれたい」方ま・・・

▲ほぼ車両の全幅をカバーする超ワイドサイ・・・ (2016/08/23)

▲2017年のマイナーチェンジで、バンパー内インテークの形状がいちだんとアグレッシブに変わるフィット。ヘッドランプは薄く見えるよう、ハウジング内のデザインが見直される

流し目マスクで精悍な印象となる2017年型フィット

▲2017年のマイナーチェンジで、バンパ・・・ (2016/08/17)

«新しい記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 || 古い記事へ»