フェアレディZ 2008年12月~2022年7月生産モデルのカタログ

生産終了モデル

日産 フェアレディZ

2008年12月~2022年7月生産モデル

総合評価

4.0

  • デザイン:4.4
  • 走行性:4.3
  • 居住性:3.2
  • 運転しやすさ:3.7
  • 積載性:2.6
  • 維持費:2.6

最新モデルの総合評価-

クチコミ件数 114件 | クーペランキング3

新車時価格362.3〜652万円

中古車平均価格-万円

“走りを極める”ためのパッケージングをふんだんに採用

6年ぶりのフルモデルチェンジが行われたフェアレディZ。“走りを極める”ためのパッケージングやメカニズムが採用されているのが特徴だ。先代に比べてホイールベースは100mm縮められ、実質100kgもの軽量化が施されている。エンジンはスカイラインクーペと同じVVEL付きの3.7L V6。 また、ミッションはマニュアルモードを備えた7速AT、MT車として世界初となるシンクロレブコントロール(シフトチェンジ時に回転数を制御するシステム)を備えた6MTの2種類となる。足回りも強化され、アルミパーツが多用されたサスペンションや曙ブレーキ社製大径ブレーキなどが装備されている。ラインナップは、スポーティなバージョンSやラグジュアリィなバージョンT、フル装備のバージョンSTなど全4グレード。(2008.12)

フォトギャラリー

基本スペック

全長
4.25m~4.41m

全高
1.32m

全幅
1.85m~1.87m

最高出力 336~355ps
燃費(JC08モード) 9.0~9.2km/L
燃費(WLTCモード) 8.4~8.8km/L
└市街地:5.4~5.7km/L
└郊外:8.9~9.4km/L
└高速:10.5~10.9km/L
駆動方式 FR
排気量 3696cc
乗車定員 2名

マイナーチェンジ一覧

  • 2020年10月~2022年7月生産モデル

    中古車平均価格502.1万円

    燃費・型式の変更を行った

    WTLCモード燃費対応に伴う型式の変更を反映した(2020.10)

  • 2019年10月~2020年9月生産モデル

    中古車平均価格428.1万円

    消費税の変更により価格を修正

    2019年10月1日以降の消費税率(10%)に基づき、価格を修正した(2019.10)

  • 2017年7月~2019年9月生産モデル

    中古車平均価格393.4万円

    エクステリアを一部変更、利便性の向上も図られた

    ヘッドランプやリアコンビランプの輪郭をブラックで強調するなど、より精悍な印象のエクステリアになった。また、MT車に高効率クラッチが採用されたことで、踏力が軽くなるとともに半クラッチの操作性も向上。遮音性の高いフロントガラスの採用により、静粛性も向上している(2017.7)

  • 2016年8月~2017年6月生産モデル

    中古車平均価格368.5万円

    一部グレードの仕様を向上

    Version・STおよびNISMOに、カーウイングスナビ、Boseサウンドシステム(8スピーカー)、アクティブサウンドコントロールなどが標準装備になった。また、Version・Sにはカーウイングスナビが標準装備された。復活を望む声が多かった人気色、プレミアムアルティメイトイエローが復刻設定されている(2016.8)

  • 2015年7月~2016年7月生産モデル

    中古車平均価格425万円

    一部グレードのエンジンサウンドが向上

    ボディカラーにGT-Rにも採用されるオーロラフレアブルーパールが採用されている。また、一部グレードにオプション設定されている「BOSEサウンドシステム」に、エンジンサウンドを向上させるアクティブ・サウンド・コントロールおよびアクティブ・ノイズ・コントロールが追加されている(2015.7)

  • 2014年7月~2015年6月生産モデル

    中古車平均価格352.2万円

    一部仕様が変更されている

    防音材の改良などによりロードノイズや加速時のノイズが軽減され、静粛性が向上している。また、ステアリング制御が変更され、取り回し性が良くなりハンドリングもより軽快になっている(2014.7)

  • 2014年4月~2014年6月生産モデル

    中古車平均価格310.8万円

    消費税の変更により価格を修正

    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)

  • 2012年7月~2014年3月生産モデル

    中古車平均価格327.1万円

    よりスポーティでスタイリッシュな意匠となった。

    LEDデイライトを装着し、低さとワイド感を強調した新形状のフロントバンパーや、新デザインの19インチアルミ、室内では車両情報ディスプレイのベース部カラー変更などにより、スポーティかつスタイリッシュになった。足回りは、ユーロチューンドのサスペンションに変更されている(2012.7)

  • 2009年10月~2012年6月生産モデル

    中古車平均価格252.4万円

    最新のカーナビシステムをオプション設定

    地デジ内蔵、HDD方式が採用された、最新のカーウィングスナビゲーションシステムがオプション設定された。また、ボディカラーに新色のプレミアムディープマルーンが追加されるなど一部変更が施されている。「Z」ロゴのメタルエンブレムが入った専用インテリジェントキーが採用された。(2009.10)

  • 2008年12月~2009年9月生産モデル

    中古車平均価格234.3万円

    “走りを極める”ためのパッケージングをふんだんに採用

    6年ぶりのフルモデルチェンジが行われたフェアレディZ。“走りを極める”ためのパッケージングやメカニズムが採用されているのが特徴だ。先代に比べてホイールベースは100mm縮められ、実質100kgもの軽量化が施されている。エンジンはスカイラインクーペと同じVVEL付きの3.7L V6。 また、ミッションはマニュアルモードを備えた7速AT、MT車として世界初となるシンクロレブコントロール(シフトチェンジ時に回転数を制御するシステム)を備えた6MTの2種類となる。足回りも強化され、アルミパーツが多用されたサスペンションや曙ブレーキ社製大径ブレーキなどが装備されている。ラインナップは、スポーティなバージョンSやラグジュアリィなバージョンT、フル装備のバージョンSTなど全4グレード。(2008.12)

クチコミ評価

総合評価

4.0

クチコミ件数114

デザイン

4.4

走行性

4.3

居住性

3.2

運転のしやすさ

3.7

積載性

2.6

維持費

2.6

フェアレディZの評価平均
現行のクーペの評価平均

男のロマン

総合評価

5

憧れていたZ34に乗る事ができアレスの藤中さんに感謝しています。

投稿日:2022/06/17

投稿者:宮ちゃんさん

男のロマン

総合評価

5

探し続けたいい車です。

投稿日:2022/06/15

投稿者:宮ちゃんさん

クーペ界No.1

総合評価

5

クーペの中で1番かっこいい!

投稿日:2021/04/16

投稿者:225さん

試乗レポート

このモデルの中古車

モデル一覧

2022年8月~生産中

歴代モデルのオマージュを感じさせながら先進技術も装備

中古平均価格-万円

2008年12月~2022年7月生産モデル
4代目

2008年12月~2022年7月生産モデル

“走りを極める”ためのパッケージングをふんだんに採用

中古平均価格-万円

2002年7月~2008年11月生産モデル

2シーターモデルとして復活

中古平均価格-万円

1989年7月~2000年8月生産モデル

日本初の280psエンジンを搭載

中古平均価格-万円

1983年9月~1989年6月生産モデル

中古平均価格-万円

◆メーカーからカタログを探す

◆車種からカタログを探す

◆グレードからカタログを探す

◆車クチコミを見る

◆メーカーから中古車を探す

◆車種から中古車を探す

◆地域から中古車を探す

◆掲載物件の車種から中古車販売店を探す

◆フェアレディZを売却する

新車時価格はメーカー発表当時の価格です。また基本情報など、その他の項目についてもメーカー発表時の情報に基いています。