サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報トヨタ情報

トヨタ画像

トヨタ情報 - TOYOTA

生産・販売台数や技術力など、いまや世界一の自動車メーカーに成長しつつあるトヨタ自動車は、1933(S8)年に豊田自動織機製作所内に設置された自動車部が37(S12)年に分離され、「トヨタ自動車工業」を設立したことに端を発する。63(S38)年から始まった「かんばん方式」、乗用車開発の際に掲げた「80点主義」など、つねにコスト削減や市場調査を重視してきたメーカーだ。近年では海外市場への積極的な展開や情報通信分野への進出など、事業の多角化も加速している。

トヨタの人気車種ランキング トヨタの中古車情報

トヨタ プリウス

走行性能が向上し、JC08モード燃費は40.8km/Lを達成

トヨタのハイブリッドモデルを代表するプリウスの4代目。優れた環境性能がさらに磨かれ、Eグレードにおいては、世界トップレベルのJC08モード燃費40.8km/Lが実現されている。他の2WD車でも37.2km/L、新たに投入された電気式4WDのE-Fourでも34.0km/Lを達成。全グレードがエコカー減税の免税対象となっている。さらに、トヨタの新たな自動車づくりの取り組みであるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の第1号車として、カッコよさを際立たせる「低重心スタイル」が採用され、「走りの楽しさ、乗り心地のよさ、静かさ」といった基本的な性能も底上げされている(2015.12)

トヨタ プリウス

トヨタ プリウスのフルモデルチェンジ一覧

トヨタ ハイエースバン

新しいボディを与えられたビジネスモデル

ビジネスカーとしての基準を見直し、広い室内空間と高い衝突安全性をもつボディが与えられた。4ナンバーサイズながら荷室長をクラストップレベルの3000mmで、広大な荷室空間を確保。その上、クラッシャブルゾーンであるフロントノーズの拡大、ボディ構造の見直し、新開発のステアリング&ブレーキーペダル後退低減機構など安全性も追求している。バリーションは豊富でロングとスーパーロング、さらに2/5人乗りのバン、10人乗りのワゴン、そして15人乗りのコミューターが設定されている。エンジンは2.7Lと2Lの直4ガソリン、2.5L直噴ディーゼルターボの3種類。(2004.8)

トヨタ ハイエースバン

トヨタ ハイエースバンのフルモデルチェンジ一覧

トヨタ エスティマ

室内空間の豪華さと使い勝手が向上

エスティマのDNAであるワンモーションフォルムを踏襲し、さらにシャープさを増したボディデザインとなった。インテリアは色と素材を重視することで、より開放的で快適な空間を実現している。乗車定員は7人乗りと8人乗りが選択でき、特に7人乗りのセカンドシートは最大800mmのロングスライドが可能。また、8人乗りにはチップアップ機構付きの6:4分割式セカンドシートを採用。サードシートは床下格納ができ、荷室も多彩なアレンジが楽しめる。グレードは3.5LのV6+6ATと、2.4Lの直4+CVTで、共にFFと4WDを設定。エアロ装着のアエラスもラインナップ。(2006.1)

トヨタ エスティマ

トヨタ エスティマのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ