カローラフィールダー 2000年8月~2006年9月生産モデルのカタログ

生産終了モデル

トヨタ カローラフィールダー

2000年8月~2006年9月生産モデル

総合評価

3.9

  • デザイン:3.5
  • 走行性:3.7
  • 居住性:3.6
  • 運転しやすさ:3.9
  • 積載性:3.9
  • 維持費:3.6

最新モデルの総合評価3.9

クチコミ件数 96件 | ステーションワゴンランキング3

新車時価格144.9〜218.4万円

中古車平均価格28.5万円

商用車イメージを払拭したスタイリッシュワゴン

カローラワゴンの後継車で商用車のイメージを完全に払拭するために、車高を高めたミニバン的なボディデザインを採用。背の高いスタイリングにしたことで、快適で実用性の高い室内空間を手に入れた。エンジンは1.8L、1.5L、1.3Lいずれも直4。なかでも1.8L直4DOHCのVVTL-i(可変バルブタイミング&リフト機構)は、190psを発生するスポーティなユニットだ。4ATに加えて6MTを設定している。 1.8Lと1.5L車には4WDも設定。2分割デッキボードの下にアンダートレイを装備するなど、ステーションワゴンらしさに配慮している。(2000.8)

基本スペック

全長
4.39m~4.41m

全高
1.48m~1.53m

全幅
1.7m

最高出力 79~190ps
燃費(10.15モード) 12.0~18.0km/L
燃費(WLTCモード)
駆動方式 FF/4WD
排気量 1496~2184cc
乗車定員 5名

マイナーチェンジ一覧

クチコミ評価

総合評価

3.9

クチコミ件数96

デザイン

3.5

走行性

3.7

居住性

3.6

運転のしやすさ

3.9

積載性

3.9

維持費

3.6

カローラフィールダーの評価平均
現行のステーションワゴンの評価平均

白物家電化前の車らしい車。

総合評価

4

ある意味実用性の非常に高いスポーツカー。(直線では) しっかり回すと2速で80㌔迄加速します。 中古パーツが豊富で維持がしやすいです。 家電化前の車。

投稿日:2019/12/17

投稿者:名無しさん

ワンボックスならではの使いやすさがいい

総合評価

3

7万5000キロ時に購入。1万キロ乗っています。 多走行なため、部品の劣化はあった上でレポートしました。 総評として 車を目的地までの移動手段や機能性で選ばれるなら、本…

投稿日:2017/09/13

投稿者:たいようさん

お世話になりました。

総合評価

4

約13年乗りました車ですが、様々な時に役に立ってくれたクルマでした。良い点でも書きましたが、荷室が広く荷物もたくさん積めるので引っ越し時に満杯で詰め込んだことや、お客さん…

投稿日:2017/09/13

投稿者:かいぼうさん

このモデルの中古車

モデル一覧

2012年5月~生産中

史上初となるダウンサイズを実施

中古平均価格110.9万円

2006年10月~2012年4月生産モデル

スポーティで使いやすいコンパクトワゴン

中古平均価格37.3万円

2000年8月~2006年9月生産モデル
初代

2000年8月~2006年9月生産モデル

商用車イメージを払拭したスタイリッシュワゴン

中古平均価格28.5万円

よく比較される車種

トヨタ

ウィッシュ

158.8〜285.4万円

総合評価

4.0

トヨタ

カローラアクシオ

131.1〜266.4万円

総合評価

3.8

トヨタ

プリウス

205〜404.4万円

総合評価

4.2

日産

ウイングロード

146.8〜254.6万円

総合評価

3.6

ホンダ

シャトル

169〜277.2万円

総合評価

4.2

◆メーカーからカタログを探す

◆車種からカタログを探す

◆グレードからカタログを探す

◆車クチコミを見る

◆メーカーから中古車を探す

◆車種から中古車を探す

◆地域から中古車を探す

◆掲載物件の車種から中古車販売店を探す

新車時価格はメーカー発表当時の価格です。また基本情報など、その他の項目についてもメーカー発表時の情報に基いています。