サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報スバル情報

スバル画像

スバル情報 - SUBARU

富士重工業の前身は戦前の「中島飛行機」。戦後はGHQの指令による財閥解体で分離されたが、1953(S28)年には旧中島グループ5社が再び結集して「富士重工業」を設立する。58(S33)年にデビューしたスバル360の大ヒットを皮切りに4輪車の生産を本格化させ、65(S40)年には小型乗用車のスバル1000、72(S47)年には初の量産4WD車となるレオーネ4WDバンをリリースした。独自の地位を築いてきた同社だが、2006(H18)年に資本提携先がGMからトヨタに移行。トヨタグループ内での今後の位置づけに注目が集まる。

スバルの人気車種ランキング スバルの中古車情報

スバル フォレスター

走行・安全・環境性能を高めたミドルサイズSUV

世界で高い評価を得ているミドルサイズSUVの4代目。独創的なシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といった車の基本性能を進化させている。エンジンは、新世代2LボクサーでNAとターボの2種類が用意されている。NAはレスポンスの良さと優れた燃費性能を実現。ターボは直噴技術とツインスクロールターボの採用により、高い動力性能と燃費性能を両立。路面状況に合わせた走行モードを選べる「SI-DRIVE」や、エンジン、ミッション、VDC(横滑り防止装置の一種)などを制御し悪路走破性を高めるAWDシステム「X-MODE」など、安定した運転をサポートする装備も採用されている(2012.11)

スバル フォレスター

スバル フォレスターのフルモデルチェンジ一覧

スバル レガシィアウトバック

6代目レガシィのクロスオーバー

レガシィのクロスオーバーモデルの3代目。乗用車の快適性、SUVの走破性、ステーションワゴンの積載性を兼ね備えている。エクステリアは、アウトドアギアとしての機能性や無骨さを残しながら、上質さを感じさせるデザインとなっている。また、ボディ下部を取り巻くプロテクションパネルやフォグランプ、金属製ルーフレールなどによってアウトバック特有のスタイリングが強調されている。装備面では運転支援システムのアイサイト(ver.3)が採用され、安全性能が高められている。パワートレインは、2.5Lの水平対向4気筒エンジンとリニアトロニックCVTとの組み合わせ。駆動方式は独自のシンメトリカルAWDとなる(2014.10)

スバル レガシィアウトバック

スバル レガシィアウトバックのフルモデルチェンジ一覧

スバル プレオ

ハイト系ワゴンから一転、コンパクトハッチバックに変身

ダイハツ ミラのOEM車。従来型のハイト系ボディから一転、全高1530mmのハッチバックボディへと変貌を遂げた。ベース車同様に、親しみやすいデザインのプレーンなプレオと、クロームメッキのフロントグリルや、シャープなデザインの4灯ヘッドランプなどクールなプレオ カスタム、4ナンバーの商用仕様がラインナップされる。また、NA・2WD・CVT車は10・15モード燃費で、24.0km/Lという燃費性能を実現。CVT以外の4AT、5MTも合わせて、NA車全車がエコカー減税に適合、環境性能への配慮も施された。ミッションは、プレオが5MTもしくはCVT。商用モデルでは5MTもしくは4AT。カスタムはCVTのみとなる。カスタムの最上級車種RSには、ターボ仕様も用意される。(2010.4)

スバル プレオ

スバル プレオのフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ