サイトマップ

prouduced by recruit

総額表示No.1 お得・納得!中古車探し

ログイン  閲覧履歴

カーセンサートップメーカー情報スバル情報

スバル画像

スバル情報 - SUBARU

富士重工業の前身は戦前の「中島飛行機」。戦後はGHQの指令による財閥解体で分離されたが、1953(S28)年には旧中島グループ5社が再び結集して「富士重工業」を設立する。58(S33)年にデビューしたスバル360の大ヒットを皮切りに4輪車の生産を本格化させ、65(S40)年には小型乗用車のスバル1000、72(S47)年には初の量産4WD車となるレオーネ4WDバンをリリースした。独自の地位を築いてきた同社だが、2006(H18)年に資本提携先がGMからトヨタに移行。トヨタグループ内での今後の位置づけに注目が集まる。

スバルの人気車種ランキング スバルの中古車情報

スバル フォレスター

走行・安全・環境性能を高めたミドルサイズSUV

世界で高い評価を得ているミドルサイズSUVの4代目。独創的なシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といった車の基本性能を進化させている。エンジンは、新世代2LボクサーでNAとターボの2種類が用意されている。NAはレスポンスの良さと優れた燃費性能を実現。ターボは直噴技術とツインスクロールターボの採用により、高い動力性能と燃費性能を両立。路面状況に合わせた走行モードを選べる「SI-DRIVE」や、エンジン、ミッション、VDC(横滑り防止装置の一種)などを制御し悪路走破性を高めるAWDシステム「X-MODE」など、安定した運転をサポートする装備も採用されている(2012.11)

スバル フォレスター

スバル フォレスターのフルモデルチェンジ一覧

スバル インプレッサスポーツ

スバルの新デザインフィロソフィーを採用した5代目

スバルの新世代プラットフォーム、「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を投入し、安全性と質感が向上された5代目。ひと目みただけで、スバル車だと理解できる形の新デザインフィロソフィー、ダイナミック×ソリッドが採用されている。スバルらしく安全性能も充実しており、国産車では初となる歩行者保護エアバッグと、おなじみの予防安全パッケージアイサイト(ver.3)を全車に標準装備。エンジンは、最高出力115ps/最大トルク148N・mを発生する1.6L水平対向4気筒と、同154ps/196N・mを発生する2Lの水平対向4気筒の2種類で、いずれもリニアトロニックCVTが組み合わされる(2016.10)

スバル インプレッサスポーツ

スバル インプレッサスポーツのフルモデルチェンジ一覧

スバル レガシィB4

6代目となるレガシィのセダン

スバルのフラッグシップセダン。優れた走行性能や安全性能、快適性能がデザイン面でも表現され、質感が高められている。エクステリアでは、ヘキサゴングリルとホークアイヘッドランプによってスバルのファミリーフェースが構築されている。また、フラッグシップセダンらしい、スポーティかつ高品位なスタイリングとなっている。装備面では、スバル独自の安全システム、EyeSight(ver.3)が採用され、安全機能も高められている。パワートレインは、2.5Lの水平対向4気筒エンジンとリニアトロニックCVTとの組み合わせ。駆動方式は独自のシンメトリカルAWDとなる(2014.10)

スバル レガシィB4

スバル レガシィB4のフルモデルチェンジ一覧

ページトップへ