MIRAI 2014年12月~2020年11月生産モデルのカタログ

生産終了モデル

トヨタ MIRAI

2014年12月~2020年11月生産モデル

総合評価

-

  • デザイン:-
  • 走行性:-
  • 居住性:-
  • 運転しやすさ:-
  • 積載性:-
  • 維持費:-

最新モデルの総合評価-

クチコミ件数 -件 | セダンランキング51

新車時価格723.6〜741万円

中古車平均価格209.7万円

優れた環境性能と利便性を実現した世界初の市販型燃料電池車

世界初となる市販の燃料電池車。水素を空気中の酸素と化学反応させて自ら発電して走行する。自社開発の燃料電池(FCスタック)とハイブリッド技術を融合させた「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を搭載。内燃機関に比べて高いエネルギー効率や、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能が与えられている。さらに、3分程度の水素の充填でJC08モードで約650kmの走行距離を達成するなど、ガソリンエンジン車と同等の利便性も備えている。また、水滴型のサイドビューをはじめ、内外装は未来的なデザインが採用されている(2014.12)

基本スペック

全長
4.89m

全高
1.54m

全幅
1.82m

最高出力 154ps
燃費(10.15モード) -km/L
燃費(WLTCモード)
駆動方式 FF
排気量 -cc
乗車定員 4名

マイナーチェンジ一覧

  • 2019年10月~2020年11月生産モデル

    中古車平均価格282.2万円

    消費税の変更により価格を修正

    2019年10月1日以降の消費税率(10%)に基づき、価格を修正した(2019.10)

  • 2018年10月~2019年9月生産モデル

    中古車平均価格-万円

    トヨタセーフティセンスを標準装備

    安全運転支援システムのトヨタセーフティセンスを標準装備。歩行者(昼夜)や、自転車運転者を検知できるようになっている。また、道路標識を認識するロードサインアシスト機能、先行車発進告知機能を追加。インテリジェンスクリアランスソナーの標準装備など、安全機能が強化された。(2018.10)

  • 2014年12月~2018年9月生産モデル

    中古車平均価格184万円

    優れた環境性能と利便性を実現した世界初の市販型燃料電池車

    世界初となる市販の燃料電池車。水素を空気中の酸素と化学反応させて自ら発電して走行する。自社開発の燃料電池(FCスタック)とハイブリッド技術を融合させた「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を搭載。内燃機関に比べて高いエネルギー効率や、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能が与えられている。さらに、3分程度の水素の充填でJC08モードで約650kmの走行距離を達成するなど、ガソリンエンジン車と同等の利便性も備えている。また、水滴型のサイドビューをはじめ、内外装は未来的なデザインが採用されている(2014.12)

クチコミ評価

MIRAI

2014年12月~2020年11月生産モデル

のクチコミはまだ投稿されていません。
最初の投稿者になりませんか?

このモデルの中古車

モデル一覧

2020年12月~生産中

中古平均価格559.5万円

2014年12月~2020年11月生産モデル
初代

2014年12月~2020年11月生産モデル

優れた環境性能と利便性を実現した世界初の市販型燃料電池車

中古平均価格209.7万円

◆メーカーからカタログを探す

◆車種からカタログを探す

◆グレードからカタログを探す

◆車クチコミを見る

◆メーカーから中古車を探す

◆車種から中古車を探す

◆地域から中古車を探す

◆掲載物件の車種から中古車販売店を探す

◆MIRAIを売却する

新車時価格はメーカー発表当時の価格です。また基本情報など、その他の項目についてもメーカー発表時の情報に基いています。