Car sensor IN MY LIFE 送りたい毎日から考える、クルマ選び。

クルマ好き俳優・吉沢悠は愛車選びに「今の暮らし」を反映する?

クルマ好き俳優・吉沢悠は愛車選びに「今の暮らし」を反映する?|Carsensor IN MY LIFE

俳優・吉沢悠さんの趣味はサーフィン、ゴルフ、そしてサバイバルゲーム。家族は奥様とフレンチブルドッグの小春ちゃん。仕事に、趣味に、忙しい毎日の中でクルマは寄り添うように、吉沢さんの側にある。波に乗るためにサーフボードを積んで海へ出かけることもあれば、小春ちゃんを乗せて地方までクルマを走らせることも。そんな吉沢さんのカーライフとクルマ選びに迫った。

仕事とプライベートで異なる、クルマとの付き合い方

クルマ好き俳優・吉沢悠は愛車選びに「今の暮らし」を反映する?|Carsensor IN MY LIFE

吉沢さんが免許を取得したのは20歳のとき。クルマに乗る役を演じるために、どうしても必要だった。しかし、最近では撮影時に役者がクルマを運転することも少なくなったという。

「危険だからか、最近は牽引しているクルマの中で撮影することが多いですね。実際、運転しながらセリフを言うのって大変なんです。役を演じながら運転をする“ながら運転”になってしまうので」

ただ、どうしてもけん引で難しいシーンは運転をすることもある。例えば、引きの画。顔も含めた全体の画を要求されたときは、吉沢さん自らがハンドルを握る。乗るのは、初めてのクルマがほとんど。しかし、不安を抱えた慣れないクルマでのシーンでも、動揺した表情を浮かべることは一切ない。

クルマ好き俳優・吉沢悠は愛車選びに「今の暮らし」を反映する?|Carsensor IN MY LIFE

さらに仕事で現場に行くときも、なるべく自分では運転しないようにしている。事故を起こしたら、撮影が止まる。万が一でも可能性があるなら、危険を避けるべきだというプロ意識。屈託のない笑顔の向こう側に、研ぎ澄まされた役者の表情が垣間見える。

ただし、休日は別。愛車に乗って、縦横無尽にプライベートを謳歌する。

趣味のサーフィンでは湘南や千葉まで、サバイバルゲームではフィールドのある八王子まで、クルマを運転。ドライブ中はオルタナティブ系やサーフミュージック系の音楽を気分でセレクトする。時にはあらかじめ覚えておいたドラマや映画のセリフをそらんじることもあるそうだ。

クルマ好き俳優・吉沢悠は愛車選びに「今の暮らし」を反映する?|Carsensor IN MY LIFE

もちろん、家族とロングドライブすることも。小春ちゃんは2歳半。クルマでは、落ち着いているときもあれば、興奮してしまっているときも。運転するときは、後部座席のベッドが小春ちゃんの定位置だ。

多趣味で家族想いの吉沢さんは、様々な場所に出かける。運転するのは好きで、長距離運転も苦にならない。走りを楽しむというより、目的地までの移動を楽しむ。アクティブに多様な楽しさを知っているからこそ、クルマでの時間を楽しめるのだろう。

自分らしく変わりゆく、クルマ選び

クルマ好き俳優・吉沢悠は愛車選びに「今の暮らし」を反映する?|Carsensor IN MY LIFE

その人柄どおりの、クルマを楽しんでいる吉沢さん。そんな彼のクルマ選びについても訊ねた。

最初の愛車はトヨタ エスティマだった。そこからジープ チェロキーやBMW 1シリーズなど輸入車を乗り継いだ。そして、現在は国産のハイブリッドカーに乗っている。

クルマの好みを聞くと、少し考えた後に吉沢さんは「四角いカタチのクルマが好きですね」と明かした。役者仲間の中にはポルシェなどのスポーツカーに乗っていた人もいた。しかし、彼の心を弾ませたのは、無骨さを漂わせる四角いクルマだ。ただ、今は、まったく違う観点でクルマを選んでいるという。

「家族のことを考えるようになって、自分の好みよりも今は乗り心地や燃費を意識しています。家族を喜ばすのが大前提。その中で、自分なりのクルマ選びを楽しみたいと思っています」

クルマ好き俳優・吉沢悠は愛車選びに「今の暮らし」を反映する?|Carsensor IN MY LIFE

クルマ選びに葛藤はつきもの。100%好みで選ぶか、それとも実用性を選ぶか……。それは年を重ね、ライフスタイルの変化に合わせて変わる。「たぶん僕がこの取材を20代の頃に受けていたら、違うインタビューになったと思いますよ」と吉沢さんは笑う。

「もし次に買い替えるとしたら、少し大きめのSUVが良いですね。例えばレクサス RXとか。撮影の待ち時間とかに、ときどきクルマの話をしますが、クーペにしろSUVにしろ『レクサスもいいよね』って話を聞くので、ちょっと気になっています(笑)。燃費と乗り心地、国産の安心感を備えていて、僕の周りでも好評ですね」

自分にとって最も大切なものを見極め、それを愛車に反映する。クルマ選びのスタイルも、“吉沢さんらしさ”に溢れていた。

PROFILE
吉沢悠:俳優。1998年に俳優デビュー。以降、映画やテレビ、舞台などで幅広く活躍している。近年では、映画『ちょき』『アイアムアヒーロー』、『エキストランド』、連続ドラマ『特命刑事 カクホの女』など、役者の幅を広げ、人間味あふれる演技で幅広い層から支持される。2018年9月下旬より舞台「KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『華氏451度』」で主演。不朽の名作に挑戦する。2019年春には主演映画『ライフオンザロングボード2』が公開予定。

STAFF
写真:鈴木克典、スタイリスト:柴山陽平、ヘアメイク:朝日智仁、文:山口智弘

Recommend

今クルマを選ぶなら同乗者が楽かどうかが基準だけど……

運転している人は天井が低くてもいいが、助手席の人はしんどい。だから、空間は広い方が良いな。もちろん、乗り心地や燃費も良いに越したことはないけど、カタチはやっぱり四角い方が好き。あと、トヨタのメガクルーザーもカッコイイと思う。高速で走っているのを見かけて、気になった(笑)。サバゲーもするから、ミリタリーチックなものが好みかも
SUVの本場も唸らせた実力派
レクサス RX(2代目)

レクサス RX(2代目)

平均価格帯:500万~650万円

SUV発祥の大陸、アメリカで大絶賛されたSUVとはどれほどのものなのか? RXに乗れば、それがわかる。大きなタイヤがスルスルと回る。重々しい外見のボディが動き出すと、訪れるのは滑るような走行感覚! いつも走っている道でさえトリップ気分に浸れてしまう。これが本場のテイストだ!

ジープと言えばやっぱコレ
ジープ ラングラー(6代目)

ジープ ラングラー(6代目)

平均価格帯:280万~380万円

シャープペンシル、ホッチキス、そしてジープ…。商品名が頑張って、一般の名称になろうとしてもそうそうなれるものでもない。四輪駆動車を一括りにジープと呼んでしまう世代ならずとも、ジープはいつの時代もワンアンドオンリー! 骨の髄まで悪路走行用のガチ四駆だ。

高機動車の民生版!
トヨタ メガクルーザー(初代)

トヨタ メガクルーザー(初代)

平均価格帯:900万円~応談

自衛隊に高機動車を納めるために作ったのがメガクルーザー? 今となってはその真偽を確かめようもないが、高機動車とシャシーが共通というのは事実。新車時の約1000万円という価格ですら「バーゲンプライスだ」と大絶賛する人もいる。燃費や運転のしやすさ度外視の、骨太の1台だ。

RELATED ARTICLES

自宅はハイエース!? 野外選曲家・河合桂馬は日本中を駆け巡る|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
WANIMAがドライブプランを妄想!?みんなで「さすらう旅」がしたい|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
WANIMAがドライブプランを妄想!?3人が乗りたいクルマを描く|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
親子で熱中するストライダーとは?クルマが支えるスポーツと子育て|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
初めてのスーパーカーはフェラーリ!失敗しない選び方と買うべき車種
READ MORE
バイクトライアル元世界王者・有薗啓剛は自転車教育で交通社会を変える|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE

LATEST ARTICLES

今こそ検討したいキャンピングカーのススメ!メリットと魅力を解説
READ MORE
自宅はハイエース!? 野外選曲家・河合桂馬は日本中を駆け巡る|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
WANIMAがドライブプランを妄想!?みんなで「さすらう旅」がしたい|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
WANIMAがドライブプランを妄想!?3人が乗りたいクルマを描く|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
親子で熱中するストライダーとは?クルマが支えるスポーツと子育て|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE
玄人キャンパーに学ぶ、キャンプ道具をクルマに無駄なく積む方法|Carsensor IN MY LIFE
READ MORE